こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

舞妓Haaaan!!!

ジャンル: コメディ , アクション
公開: 2007/06/16
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    舞妓Haaaan!!! の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 4.0 笑える

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「舞妓Haaaan!!!」は、コメディーでヒット作を連発する脚本家の宮藤官九郎が、男の夢「舞妓遊び」を素材に選んで、水田伸生監督が撮った痛快な作品だ。

      食品会社のサラリーマン鬼塚(阿部サダヲ)は、熱狂的な舞妓マニア。撮影した舞妓の写真をホームページに掲載しては、ひとり悦に入っている。ところがこの男、座敷に上がったことが一度もないのだ。

      東京から京都へ転勤した鬼塚は、金を握りしめてお茶屋の暖簾をくぐるも、「いちげんさんおことわり」の壁にあっさりとはね返される。そこで常連の社長(伊東四朗)に擦り寄るが、社長は「仕事で結果を出せば、連れて行ってやる」。

      開発したオリジナルのカップ麺が大ヒットし、お座敷遊びの夢は叶うが、店に居合わせた常連客のプロ野球選手の内藤(堤真一)の派手な遊びっぷりを見て、鬼塚の闘争心に火が付いてしまう。

      この鬼塚を見返そうと舞妓になった元カノ(柴咲コウ)らを巻き込んで、物語はスピード感を増しながら、予測不可能な展開になっていく----。

      前半は、なぜか、突然ミュージカルに転じて、お茶屋のおかみ役の真矢みきが、元宝塚のトップスターとしての本領を発揮する場面があったりして、笑わせてくれるし、阿部サダヲ演じる強引な主人公が、ぐいぐいと筋書きを進めていくあたりは、往年の植木等主演の「無責任」シリーズを彷彿とさせる。

      その「無責任」の植木等も老人役で出演していて、年季の入ったつやのある笑い声を残して立ち去る後ろ姿に、彼の遺作となった偶然が重なって印象的だ。

      そして、後半に入ると、宮藤官九郎が意図した"笑いの毒"が全身に回ったかのような演技を、堤真一が披露してくれる。

      奇想天外でスピード感のあるストーリー。観終わった後に残ったのは、風呂上りのような爽快感だった。
      >> 続きを読む

      2017/03/13 by dreamer

      「舞妓Haaaan!!!」のレビュー

    • 5.0 笑える

      面白すぎる!

      2016/07/16 by riho

      「舞妓Haaaan!!!」のレビュー

    • 評価なし

      1回目の鑑賞。鑑賞日不明
      2007年劇場鑑賞。NO.18

      2016/05/05 by oniken0930

      「舞妓Haaaan!!!」のレビュー

    • 3.0

      DVD

      2015/11/19 by NANA

      「舞妓Haaaan!!!」のレビュー

    • 3.0

      ちょっとふざけすぎ?だけどまあまあ楽しめた

      2015/11/01 by kaiteru

      「舞妓Haaaan!!!」のレビュー

    もっとみる

    舞妓Haaaan!!!
    マイコハーン

    映画 「舞妓Haaaan!!!」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画