こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

かぐや姫の物語

かぐや姫の物語
(C)2013 畑事務所・GNDHDDTK
11月23日(祝)より全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: キッズアニメ・映画
公開: 2013/11/23
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
スタジオジブリが描くかぐや姫
スタジオジブリ最新作が公開となる今年は、スタジオジブリ史上初めてとなる、1年に2本の長編映画が連続して公開される年となります。
7月20日(土)に公開され、日本映画では「崖の上のポニョ」以来5年振りとなる興行収入100億円の大台を突破してなお大ヒット公開中の宮崎駿監督による「風立ちぬ」。公開して約2か月、8週連続週末動員No.1を記録した「風立ちぬ」の大風を受け、11月23日(祝)に高畑勲監督作品「かぐや姫の物語」が公開となります。
50年来の友人であり、ライバルでもある2人が、1988年の「火垂るの墓」(高畑勲監督)と「となりのトトロ」(宮崎駿監督)の2本立て興行以来、25年振りに顔を揃えることになりました。

姫の犯した罪と罰。
高畑勲による14年ぶりの監督作品「かぐや姫の物語」。誰もが知っている“かぐや姫”を題材に、筋書きを変えることなく、誰も見たことのない“かぐや姫の日常や心情”を描くことで、かぐや姫を感情移入さえ可能な人物として人の心に残そうとします。
かぐや姫はなぜ地球に来たのか。この地で何を思い、なぜ月へ去らねばならなかったのか。姫が犯した罪とは、その罰とはいったい何だったのか――。日本最古の物語文学「竹取物語」に隠された人間・かぐや姫の真実の物語を、高畑勲による全く新しいアニメーション表現で描きます。
>> 続きを読む

    【キャスト・スタッフ】 朝倉あき 高良健吾 地井武男 宮本信子 高畑淳子 田畑智子 立川志の輔/上川隆也 伊集院光 宇崎竜童 中村七之助 橋爪 功 朝丘雪路(友情出演)  仲代達矢 製作:氏家齊一郎 原作:「竹取物語」 原案・脚本・監督:高畑 勲 脚本:坂口理子 音楽:久石 譲(サントラ/徳間ジャパンコミュニケーションズ) 主題歌:「いのちの記憶」二階堂和美 (ヤマハミュージックコミュニケーションズ)

    かぐや姫の物語 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全30件
    • 4.0 切ない

      子供もペットも「天からの授かり物」ではなく、大切な「預かりもの」だと思います。無我で、無常ですから。

      「罪と罰」という概念は、多分仏教にはないと思います。ただ、自然の「因果法則」があるだけ。

      人間は哀れです。お父さんは「姫のため、姫の幸せのため」と思い込んで一生懸命。でも、実はそれは”自分の(一方的な)”価値観なんだと気づいてない。

      この人間界で生きるということは、残酷です。全ては無常で、苦です。生老病死、愛別離苦、、、。出会いがあれば別れがある。姫は、あまりの苦しさに一瞬「月に帰りたい」と思ってしまった。

      月から、なぜだか”お釈迦様”(だよね?)たちが迎えに来ます。思い切りファンタジー、空想の世界ですね。お付きの人が「穢れた人間の世界」みたいなことを言うと姫は反論します。

      穢れていようが苦しかろうがここがいい。人間の世界で苦しみながら生きたい。それは愛着、執着、渇愛、愛欲という煩悩。渇愛(欲・執着)があるから苦しみ悩むのです。
      苦しむのは嫌だ、自分らしく自由に生きたい、でも人間の世界にいるかぎり苦しみからは解放されない、月に帰りたい、でもすでに「渇愛」が生じてしまった、月に帰りたくない、でも苦しい、苦しいけど帰りたくない、、、という心の葛藤。普通に生きる普通の人間の思い。ああ、だって人間だもの。

      ならば、人間の世界で「渇愛」を「慈悲喜捨」に変えて自由に(智慧を得て心を解放して、手放して、もっともっと広~い心で)生きればいい。

      ・・・のですが、そこまでは「竹取物語」では描かれないのですね。みんな、自由に考えてねってことかな。

      「月」は多分”あの世””極楽浄土?天国?”、多分”死”を象徴しているのだと思いますが、ワタシは輪廻から脱しない限り「この世の死」は「次の世の生」でもあるのだと理解しています。
      「月」(楽しかないという苦がある”極楽浄土?天国?”)という永遠の場所があるのではなく(どの世界も”永遠”ではない)、苦の輪廻(繰り返し)から解放されるために生きる(精進する)ことだと思います。(だから、輪廻から脱したお釈迦様?が「月」から迎えに来るのはおかしいのです。ファンタジーだったね^^)

      水彩画?日本画?のようなシンプルなタッチの絵も、音楽も素晴らしいです。
      >> 続きを読む

      2018/05/21 by バカボン

      「かぐや姫の物語」のレビュー

    • 4.0 切ない

      金ローにて。
      ノーカット放送がありがたかった。他の作品もノーカットだと嬉しいんだけれど…と思ったり。

      高畑勲監督の遺作となってしまった本作。
      水彩なような塗りと鉛筆画のような繊細で素朴な、けれど力強い線。一体どうやって作り上げたのだろう?途方も無い労力がかかったことが容易に理解できる。
      情熱と執念でもって仕上げたこの物語で、高畑勲が描きたかったものは何か。考えれば考えるほど、この人は人間というもの、その営みを愛していながら軽蔑もしていて、それでも全てを赦しているような、そういう包容力を感じた。
      かぐや姫が人間として地上に暮らし、確かに生きていたのだ。でも結局は月へと帰ってしまった。それが無性に虚しくなった。 >> 続きを読む

      2018/05/19 by シオジャケ

      「かぐや姫の物語」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      映画館からの2度目の鑑賞。

      まずは圧倒的に美しい水彩画のような絵。かぐや姫が走り抜けるシーンの水墨画のような絵。
      これは高畑監督にしかできないアニメーション。

      いや、この映画に関わった人達にしかできないアニメーション(ドキュメンタリー見たら驚愕した)

      人間としてこの世に産まれる事は罰なのだろう、
      生きたいと願う事は罪なのだろう。
      なぜなら穢れなければ生きてはいけないから、
      月とは悲しみも苦しみもない極楽浄土なのだろう、だが喜びも楽しさもないはずだし、
      悪人も俗にまみれた卑しい者もいないだろが
      愛すべき人もいないはずだ。

      この世はじつに生きづらい。
      生きるとは、生きる喜びとはを考えていきたい。


      エンドロールでのいのちの記憶が最後に泣かせる。

      高畑監督ありがとうございました。
      >> 続きを読む

      2018/05/19 by sayonara-3

      「かぐや姫の物語」のレビュー

    • 5.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      スタジオジブリの高畑勲監督が、78歳にして14年ぶりの作品「かぐや姫の物語」を完成した。

      話の筋は、ほぼそのままだが、高畑監督の解釈を下地にして、姫が感情豊かに描かれていると思う。

      映像は、いにしえの絵巻物が時を超えて動き出したかのようだ。懐かしくも新鮮で、随所にアッとするような驚きがある。

      絵は墨や木炭による素描のような輪郭線と、しわで描かれ、塗りは淡い水彩タッチで、輪郭線近くや背景のあちこちに、塗られていない余白がある。

      この簡素で押し付けのない絵は、限りない想像力を誘発して、観る者の脳内で完成する。同時に、「私」のために誰かがせっせと描いてくれたような親しみも感じさせ、実に高級な感じがする。

      姫が竹から生まれ、歩き出すまでの冒頭だけでも、"線の表現の豊かさ"を十分に見せる構成だ。

      高畑監督は、14年前、平安から鎌倉時代の絵巻物を研究した著書「十二世紀のアニメーション」の中で、古くから日本絵画には姿態や表情を線だけで捉えた絵が多く、その伝統が今日の漫画やアニメに受け継がれていると述べている。そして、その彼の言葉を裏付けるように、この作品には伝統への強い意識が見て取れると思う。

      原作の「竹取物語」に高畑監督が加えた要素は二つあり、幼少期に山で伸び伸び暮らす場面と、「姫は月でどんな罪を犯してこの星に降ろされたのか、なぜ月に帰るのか」の解釈だ。

      これにより、観る者にとって姫は、謎めいた女性ではなくなり、その喜怒哀楽に感じ入ることになる。

      例えば、孤独に耐えかねた姫が、疾走する場面だ。テンポや線質の急激な変化、背景の大胆な省略、脱げて舞い落ちる衣などが、瞬く間に姫の内面へ、観る者を引き込んでいくのです。

      とにかく、完成までに約8年かかり、製作費は50億円に上ったということですが、高畑勲監督の既成のアニメの枠を超えた意欲作であり、並々ならぬ執念を感じさせた作品だと思う。
      >> 続きを読む

      2017/09/28 by dreamer

      「かぐや姫の物語」のレビュー

    • 3.0

      てっきり童話の方かと思っていたが、終盤あたりの描写で竹取物語の方かと頷いた。

      原作に似ているというか、ほとんど原作そのままな物語。
      よってなぜかぐや姫が地上にやってきたかという問いが明かされたとき、自分を育てた両親や、捨丸との関係が強い意味を持ってくることになる。

      今の時代にこんなアナログな画のタッチも中々できないが、8年かけたという執念のようなものが現れている。

      ただ原作を知っていたら物足りない感じなのは否めない。
      その意味では高畑監督には次作はオリジナルな物語に挑戦してほしい。
      >> 続きを読む

      2017/06/05 by オーウェン

      「かぐや姫の物語」のレビュー

    もっとみる

    かぐや姫の物語
    カグヤヒメノモノガタリ

    映画 「かぐや姫の物語」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画