こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

麒麟の翼 劇場版・新参者

ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 2012/01/28
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    麒麟の翼 劇場版・新参者 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全16件
    • 4.0 切ない

      殺人事件の犯人が、超意外でした。そこかぁ・・・って感じ(笑)
      クスッと笑えるシーンが、すこ〜し織り込まれているとこが、がっつりシリアスにならない作品に仕上げられてて、よかったかな。
      そこは阿部さん主演だからですかね?

      2018/06/29 by mika

      「麒麟の翼 劇場版・新参者」のレビュー

    • 2.0 切ない

      原作は未読、ドラマも見ていません。
      映画についても何の予備知識もなく見ました。

      なので、阿部ちゃん、田中麗奈、溝端淳平、黒木メイサ、と、私が個人的に勝手に偏愛している俳優ばっかり出てくるので、軽く驚く。
      私の好みとここまで合致するキャストは初めてかもしれない・・・グッジョブすぎる・・・笑

      しかし、日本映画を見ると毎回思うけど、登場人物たちの一喜一憂から私はいつも置いてけぼり。彼らのせりふが全然リアルに入ってこないんですよねえ。
      大事なところで、はぁ?って思う。
      みんないきなり感情的になるし、いきなり説明ゼリフが始まるし、いきなり低レベルの不当な扱いを受ける。
      まあ、ひとことで言えば、いろいろ不自然。
      なんでこうなるんだろう。理由が全然分からない。やはり脚本が悪いのかなあ?
      それとも、編集しているうちに変なことになるんだろうか。

      でも、そういう物語のアラを、俳優たちの演技がなんとかギリギリ救って最後まで見せてくれているって感じです。
      日本の俳優さんたちってみんなすごいと思うわぁ。

      ちなみに、私は東野圭吾の熱心な読者じゃないので、加賀刑事がちょろっと出てくる作品しか読んだことないです。でも、それでも彼のキャラクターは非常に印象に残っているんですが、この映画は私の想像の加賀さんとはまったく似ても似つかなくて軽く驚いた。
      そもそも濃い顔なイメージじゃないなぁ。
      まあ、そういう驚きも映画化の一つの楽しみでもあるんですけどね。本とは別物として楽しむ、ってことで。
      >> 続きを読む

      2018/01/29 by みけ猫

      「麒麟の翼 劇場版・新参者」のレビュー

    • 3.0

      新参者は毎週見ていて、構成上連ドラが正しいやり方であった。
      そこでこの「麒麟の翼」だが、原作との相違点というよりは付け足した部分が多く感じた。

      特に加賀の父親など原作にないエピソードや、ドラマ版のキャラの出演が目立つ。
      加賀が人形町に立ち寄る部分なんて原作にあったかな?と疑問もあるが、概ね忠実に映画化されている。

      事件の犯人やミステリに目を向けるのではなく、そこにある人間の方に目を向かせるのが最近の東野圭吾作品の特徴。
      終盤になるにつれ明かされる父親の行動など感動的である。

      ただし加賀のキャラ自体がドラマ版より変わっており、こんなに深く関わったり激昂したりなど、大幅に脚色がされている。
      新参者と副題を入れるなら、和菓子に通じるエピソードの一つか二つは欲しいところ。
      >> 続きを読む

      2018/01/19 by オーウェン

      「麒麟の翼 劇場版・新参者」のレビュー

    • 3.0 泣ける ハラハラ クール

      2012年/日本映画
      劇場鑑賞

      2017/11/09 by Chappy

      「麒麟の翼 劇場版・新参者」のレビュー

    • 評価なし 泣ける 切ない

       DVD鑑賞

      2017/08/24 by sorachiko2

      「麒麟の翼 劇場版・新参者」のレビュー

    もっとみる

    麒麟の翼 劇場版・新参者
    キリンノツバサゲキジョウバンシンザンモノ

    映画 「麒麟の翼 劇場版・新参者」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画