こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ホワイトアウト

WHITEOUT
ジャンル: ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 2009/10/31
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    ホワイトアウト の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 3.0 ハラハラ

      謎解きミステリーみたいのが原作だろうから案外と静的な感じにまとまっちゃってるんだけど。
      それはそれで正当なミステリーものの映画として楽しく見れた。

      ミステリー。
      アクション。
      サスペンス。
      グロ。
      ショッキング。
      なんか古臭い感じがするほど王道な内容だったんですが。

      邦画の同名タイトルの映画も「ホワイトアウト」という現象を扱っているけれどもべつに本作はホワイトアウト関係ないんじゃ...。


      (~allcinema)
      ハードボイルド作家グレッグ・ルッカの同名グラフィック・ノベルを「アンダーワールド」のケイト・ベッキンセイル主演、「ソードフィッシュ」のドミニク・セナ監督で実写映画化したサスペンス・アクション。
      過酷な冬の季節目前の南極を舞台に、ミステリアスな死体の発見によって図らずも南極で最初の殺人事件に立ち向かうことになったアメリカのタフな女性捜査官キャリー・ステッコが、迫り来るタイムリミットと想像を絶する自然環境に苦戦しながら犯人を追いつめていく姿を描く。
      共演は「ザ・スピリット」のガブリエル・マクト。
       
      アメリカの南極観測所“アムンゼン・スコット基地”。
      キャリー・ステッコは、この極寒の地で働く唯一の連邦保安官。
      事件など起こりようもなく、せいぜいが雑用ばかりの退屈な日々を送っていた。
      ところが、冬を控え、あとは数日後に迫った最終便で帰国の途に着くだけと思っていた矢先、他殺体の発見という驚くべき事件に遭遇する。
      それは紛れもなく南極で起きた最初の殺人事件だった。最後の飛行機が出るまで残り3日。
      さっそく捜査を開始したキャリーだったが、そんな彼女の前に“ホワイトアウト”という極地特有の過酷な自然現象をはじめいくつもの危険が立ちはだかる。
      >> 続きを読む

      2018/11/21 by motti

      「ホワイトアウト」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「ホワイトアウト」は、極寒の地・南極を舞台に、殺人犯を追う女性連邦捜査官を描くスリルとサスペンス満載の謎解き殺人ミステリだ。

      監督は「ソードフィッシュ」のドミニク・セナ。主演は「アンダーワールド」のケイト・ベッキンセール。
      ジョエル・シルヴァー率いるダーク・キャッスル・エンターテインメントの作品だ。

      南極観測基地アムンゼン・スコットでは、かつて、マイアミで相棒の捜査官を失った痛手から、この極寒の地・南極に志願して赴任した米連邦捜査官キャリー・シュテッコ(ケイト・ベッキンセール)が、2年の任期を終えて、アメリカへ戻るため輸送機を待っていた。

      その時、ロシア基地との間の氷原に死体があるとの連絡が入る。
      それは米国の地質学者ワイスの死体で、死因はアイスピッケルによる一撃だった。

      南極大陸初の殺人事件を担当することになったシュテッコは、ワイスの仲間を探してロシア基地に急行するが、そこには新たな死体とアイスピッケルを持った殺人者がいた。

      殺人者の襲撃から、からくも逃れたシュテッコを救助したのは、国連調査員ロバート・プライス(ガブリエル・マクト)だった。
      限られた時間の中、プライスと共に捜査を進め、地質学者チームが発掘していた場所に向かうが、そこで発見したものは、氷原に墜落した貨物飛行機だった-------。

      このように、もったいつけているが、それが何かは冒頭で見せてしまっているので、あまり重要ではない。
      「何か」よりも「なぜ」のほうにあるのだ。
      つまり、謎解き殺人ミステリとして、誰がなぜを追求することで、この極寒の地で生活することの異常な心理的圧迫の正体が明らかになっていく。

      原題の「ホワイトアウト」も、吹雪で視界が利かなくなる状況と同時に、"人間心理の闇"が白濁する状態をも表しているのだと思う。

      とは言っても、恐らく、商売人の製作者ジョエル・シルヴァーから「人間心理は適当でいいから、派手なアクションをいれるように」と注文されたに違いない。

      ドミニク・セナ監督は、心理描写に停滞することなく、適度にアクションを散りばめながら、グイグイお話を引っ張っていく。
      殺人者に不意をつかれたシュテッコが、手袋なしに凍ったドアを掴んでしまい、結果的に指2本を凍傷で失うハメになるなど、ヒロインだからといって容赦しない演出は素敵だ。

      ケイト・ベッキンセール本人も、想像を絶する桁違いの寒さの中で、生きて帰れないかもと思うほど、捨て身のアクションをこなしているのが、あっぱれだ。
      >> 続きを読む

      2018/07/04 by dreamer

      「ホワイトアウト」のレビュー

    • 3.0

      まったく期待もしないで観たのですが
      意外とよかったです
      ただ一回みたらもう観たいとは思わないかな。
      女優さんは綺麗ですね。

      2018/02/15 by Monkey51

      「ホワイトアウト」のレビュー

    • 2.0

      舞台が別の場所なら単なる刑事ものアクションに落ち着いたはず。
      これは南極が舞台だから出来る映画。

      当然マイナス50度といわれるその寒さが前面に出てくる。
      防寒具を付けないとあっという間に壊死だとか、吹雪で視界が見えないためロープを伝わらなければ移動できないなど。

      ただ南極が舞台なのはこれぐらいで、ほとんど基地内で進んでいくのもあまり生かせていない。
      防寒具で全身を固められると誰が何をしているのかさっぱり分からない。売りがマイナスになるというまさかの結果(笑)

      ケイトの過去がまったく意味がないのもどうしたものか。
      >> 続きを読む

      2017/02/18 by オーウェン

      「ホワイトアウト」のレビュー

    • 3.0

      南極観測隊基地で保安官として働くキャリー・ステッコは帰国予定の直前氷床で男の他殺体が発見され捜査をする事になる。
      氷に閉ざされた極寒の地で殺人犯との攻防戦がはじまる。


      正直そんなに面白くは無かった。
      サスペンス要素もアクションも犯人の意外性や動機全てにおいて中途半端な印象。視界が殆ど無いホワイトアウトの中迫り来る殺人犯って構図はスリリングではあるけれど、それを何度もやられちゃうとちょっと「またか」感が……。
      それに最後犯人とキャリーの行動は、それは無いだろ!ってとても納得がいかなかった。

      映画本編はそんなに面白く無いけれど、個人的には大好きな海外ドラマSUITSのガブリエル・マクトとHawaiiFive-0のアレックス・オロックリンが出てるって意味ではとても満足。特にガブリエル・マクトが終始かっこいいのでその点では大満足で★5にしたいくらい
      >> 続きを読む

      2015/01/29 by aka

      「ホワイトアウト」のレビュー

    • 俳優さんがよければそれでよし!となることありますよね^^

      2015/01/29 by coji

    もっとみる

    ホワイトアウト
    ホワイトアウト

    映画 「ホワイトアウト」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画