こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

危険なささやき

ジャンル: ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 1983/11/19
製作国: フランス
配給: 地産

    危険なささやき の映画レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「危険なささやき」は、製作・監督・主演がアラン・ドロンという、彼のワンマンショー的な作品です。

      ドロンはこの映画の時46歳、まさにあぶらの乗り切った年齢とでもいうのでしょうか、中年の男の魅力がもう最高なんですね。
      トレードマークである眉間のしわも益々、磨きがかかって実に渋いダンディーぶりです。

      犯罪者やアウトロー的な役のイメージが強いドロンですが、この映画では私立探偵シュカスを演じています。
      冒頭からいきなり拳銃の早抜き早撃ちを披露していて、驚いてしまいます。

      実は、アラン・ドロンという俳優はスティーヴ・マックィーンやスティーヴン・セガールと並ぶコルト・ガヴァメントの使い手なんですね。
      だから、ドロンのガン・テクニックはプロが見ても本物なんだそうです。

      ある日、シュカスのもとに一人の婦人がやって来て、行方不明の娘を捜して欲しいと依頼します。
      同時に刑事が現われシュカスに、金だけ貰って見つからなかったと言え、という謎の忠告をするのです。

      その後さらに、娘の行方を知っているという男がやって来ますが、もみ合っているうちに何者かがシュカスを気絶させ姿を消し、待ち合わせた広場で依頼人の婦人は、額の真ん中を狙撃されて死んでしまいます。

      そして、調査を続けるシュカスの前に銃を持った男たちが次々と現われ、彼はどんどん謎の事件に巻き込まれていくのです-------。

      ストーリーはかなり込み入っているので、必死で字幕を読み、画面を観ていないと、ちょっと辛いかも知れません。

      ドロンが拳銃を撃ちまくったり、美人の秘書が誘拐されたのを助け出したり、追っ手から逃れるために高速道路を逆走する、物凄いカーチェイスを繰り広げたりと、なかなかサービス精神に溢れていて見せ場が多く、最後まで飽きさせません。

      そして、さらに驚いたことに、ドロンが何度も怪我をしてしまうことです。
      無敵のヒーローではないというところに、好感が持てましたね。

      シュカスの秘書であるシャルロッテの役を演じているのは、アンヌ・パリローです。
      この映画の時はまだ21歳という若さ。
      大物俳優や監督に目を止められて、秘蔵っ子になってデビュー、ブレイクする女優というのは、古今東西問わずいますが、彼女もそうだったんですね。

      もともとは舞台に出ていて、彼女の舞台を観たアラン・ドロンの目に止まり、映画デビューとなったようです。
      その後、リュック・ベッソン監督にも目を止められ、あの「ニキータ」で大ブレークしたのは周知の事実ですね。

      派手なカーチェイスがあるものの、映画全体の印象としては、非常に地味な映画なんですね。
      それでも、パリの街とその緑豊かな郊外が登場して、景色も楽しめます。
      そして、何より、製作・監督・主演をしているアラン・ドロンの生き生きとした表情が魅力的な映画なんですね。

      フランス映画というのは、ほんとに雰囲気があって好きですね。
      >> 続きを読む

      2018/05/31 by dreamer

      「危険なささやき」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    危険なささやき


    映画 「危険なささやき」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画