こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

1303号室

Apartment 1303
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ホラー
公開: 2007/10/27
監督:
製作国: アメリカ
配給: スリー・ジー・コミュニケーションズ

    1303号室 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 2.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
       

      自宅にて鑑賞。スタッフ・キャストに日本人が多く、終始、日本語で進行するが、れっきとした米国産で原題"Apartment 1303"。所謂“心理的瑕疵物件”──呪われた曰く附き物件の物語だが、韓国産の『アパートメント('06)』を想起させるストーリー。建物の高層部からと思われる俯瞰t的なアングルが多い。1テーマに絞ったのは良いが、展開に起伏が乏しく、登場人物(特に女性陣)の雰囲気が似ており、全篇平坦でのっぺりとした印象。肝となる対象が少女になったり、大人になったりするのは混乱を招くだけである。45/100点。

      ・本作は企画がたち、シナリオや原作が出来る前から映像化権が売りに出されるプリセールが行われた結果、米国ロサンゼルスの"The MonteCristo Fund"の全額出資により完成に漕ぎ着けた。作品の出来不出来はさておき、製作の過程が珍しい経緯を経ていると云える。

      ・“緑川明子”を演じる大谷直子だが、折角の演技が群を抜いて一人際立ち(他の演者が酷い)、演出が不完全燃焼気味に空回りしている。CGI(十年前と云う時代性を差し引いたとして)もお粗末だった。全篇どこか焦点の定まっていないぼんやりとした出来栄えだが、本作の最も致命的な欠点は然程怖くない事だ。

      ・弁当を残した娘に対し、ペットを飼っていないにも関らずドッグフードを浴びせる母、熊のぬいぐるみや飲み口が齧られたペットボトル等、無駄なアイテムやガジェットも混在しており、伏線にもなりえない無理矢理感溢れる唐突な展開が散見出来、未完全で未成熟な印象が最後迄、拭いきれなかった。


       
      >> 続きを読む

      2017/11/26 by 三多羅 格

      「1303号室」のレビュー

    • 2.0

      う~ん・・チープな感じが否めない。
      これハリウッドリメイクのが出来が良いです。

      ありきたりな、そこの部屋に引っ越して
      くると皆死んじゃうよ系なんですが。


      多分、ここで怖がらせるぞってシーンが
      チープ過ぎて逆に色々笑えるって言う
      ホラー映画において一番ダメなパターンに
      なってますw


      中越さんは良かったと思う。
      只、この人演技出来るだけに、全体的に低予算感が
      丸出しの中において、逆に浮くと言う異常事態発生。
      >> 続きを読む

      2014/04/19 by ♪玉音♪

      「1303号室」のレビュー

    • >只、この人演技出来るだけに、全体的に低予算感が
      >丸出しの中において、逆に浮くと言う異常事態発生。

      異常事態(笑)!!!
      >> 続きを読む

      2014/04/19 by ただひこ

    • >ただひこさん

      まさか、演技力高過ぎて仇になるなんて思ってもみない状態ですよねw

      2014/04/19 by ♪玉音♪

    1303号室
    センビャクサンゴウシツ

    映画 「1303号室」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画