こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

遊星からの物体X

The Thing
ジャンル: 外国映画 , ホラー , SF
公開: 1982/11/20
製作国: アメリカ
配給: ユニヴァーサル=CIC

    遊星からの物体X の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全11件
    • 4.0 ハラハラ

      コレは中坊のころ初めて見て軽くトラウマ(犬の裂けっぷりとか)になってる映画で、その後も何度となく見てますがコレとエイリアンはSFやホラー映画のファンになる引き金となった作品といっても過言はない映画でした。
      エイリアンが各方面から絶賛されたのに対しコチラはラジー賞以外見向きもされませんでしたがSF好きホラー好きにはこのジャンルの代名詞になっています!
      今、見るとクオリティ的には古いけれど当時にしてはすごい出来でした。
      ラストがやや不可解で、当時は2人が生き残るんだけど座り込んで話しているカートラッセルじゃないほう(スイマセン名前知らんので)の「吐く息が白くない→同化感染されてる」という見解がありました。 >> 続きを読む

      2018/08/02 by motti

      「遊星からの物体X」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      レンタル・配信)@Amazonプライム。2018/6 9本目の鑑賞(通算42本目)。「エイリアン」シリーズみたいなクリーチャー・パニック物。仲間がだんだんいなくなり、敵の正体が分からないという点ではハラハラドキドキしながら見ることはできたけれど、クリーチャー物は分かっていても見るとやっぱり気分が悪くなる。ただ、その辺を差し引いても話はよくできていると思います。感想はこんなところです。

      2018/06/10 by おにけん

      「遊星からの物体X」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      それは、すでに我々の中にいる・・・

      期待度★★★★☆

      今でも十分通用するSF映画
      最新のSFよりSFっぽさは少ないが疑心暗鬼になる人間の心理描写が楽しめる
      エイリアンのデザインも〇 >> 続きを読む

      2018/04/08 by もろやま

      「遊星からの物体X」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      ジョン・カーペンター作品といえばB級が基本。その中でもB級の極みなのがこれ。

      基本的にはエイリアンから襲われる密室パニックもの。
      ただこのエイリアンは人に乗り移るため、誰がエイリアンか分からず疑心暗鬼になるというのが巧い。
      こういう作品にカート・ラッセルが出ているのも頼もしい。

      お互いが信じられなくなっての疑いからの血液検査。
      緊迫感の高さは尋常ではなく、エイリアンのグロさがまたすごいのなんのって。
      気持ち悪いや不気味という言葉がピッタリと当てはまる。

      特に体内から飛び出したのには本当にビックリした(笑)

      犬が怖そうな表情を浮かべ、続々と迫ってくるような音楽も盛り上げる。
      ラストもこの手の作品らしい終わりであり、実に面白い作り。
      >> 続きを読む

      2017/10/23 by オーウェン

      「遊星からの物体X」のレビュー

    • 3.0

      movieプラス

      2017/10/02 by kei5263

      「遊星からの物体X」のレビュー

    もっとみる

    遊星からの物体X
    ユウセイカラノブッタイエックス

    映画 「遊星からの物体X」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画