こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ホットロード

ホットロード
(C)2014「ホットロード」製作委員会 (C)紡木たく/集英社
8月16日(土)より、全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
1クリック登録
ジャンル: ドラマ
公開: 2014/08/16
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹
こんなに誰かを好きになったのは、初めてだった

<イントロダクション>
1986年から翌年まで別冊マーガレットで連載され、全4巻で700万部という驚異的な発行部数を誇る、紡木たくの「ホットロード」。十代の頃に出会って以来、何度も手に取ってバイブルにしている世代はもちろん、主人公に共感する若者たちによって時代を超えて読み継がれている不朽のコミックが、ついに映画化された。母親に愛されていないのではないかという寂しさを抱えて生きる主人公の和希を演じるのは、今最も注目を集める若手女優、能年玲奈。彼女だけが持つ透明感を生かし、ヒロイン、和希を演じ切っている。
和希が惹かれていく不良少年、春山役に抜擢されたのは、本作が映画初出演となる三代目J Soul Brothersのボーカル、登坂広臣。原作者の紡木たくが今回映画化を承諾したのは、原作の和希に伝えたいメッセージがあったためで、それが映画化のきっかけであったが、能年と登坂はそれを可能にした存在。紡木はどちらが欠けても実現はなかったほど、ふたりが揃うのを待った。監督は『ソラニン』『僕等がいた(前篇・後篇)』『陽だまりの彼女』などのヒット作を手がけ、恋愛青春映画の名手として高い評価を得ている三木孝浩監督。原作と同様、世代を超えて愛される尾崎豊の名曲「OH MY LITTLE GIRL」が、原作の世界観を彩っている。
ふたりの純愛だけでなく、母と娘の愛をみつめた、命の再生の物語。

<ストーリー>
亡き父親の写真が1枚もない家でママと暮らす14歳の少女・宮市和希は、自分が望まれて生まれてきた子どもではないことに心を痛めている。ある日、学校に馴染めずにいた親友に誘われるまま、夜の湘南で出会ったのは、Nights(ナイツ)という不良チームの少年、春山洋志。はじめは傷つけ合っていたふたりだが、和希は春山が身を置く世界に安らぎや戸惑いを覚えながらも、急速に春山に惹かれてゆく。春山もまた和希の純粋さに惹かれるが、Nightsのリーダーとなったことで、敵対するチームとの抗争に巻き込まれてしまう――。
>> 続きを読む

    出演: 能年玲奈 登坂広臣 木村佳乃 小澤征悦 鈴木亮平 太田莉菜 竹富聖花 落合モトキ 山田裕貴 鷲尾真知子 野間口徹 利重剛 松田美由紀 監督:三木孝浩 原作:紡木たく「ホットロード」集英社文庫〈コミック版〉 脚本:吉田智子 主題歌:尾崎豊「OH MY LITTLE GIRL」 ソニー・ミュージックレコーズ 8月16日(土)より、全国ロードショー hotroad-movie.jp

    ホットロード の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全10件
    • 3.0

      知らない人だなーって思ったらEXILE関連銘柄の方ですか。岩ちゃんより、切れ味ある顔ですねー。公開当初、意外に人気だったイメージがあり、ちょっと期待して臨んだため、いまいち。小澤征爾はまあまあでしたが、木村佳乃氏はあれくらい大きい子がいるイメージがなく、なんか入り込めないんだよなぁ〜って元々得意な女優さんじゃないんで、主観が大いに入ってまーす(´∀`*)結論、やはりバイクは怖い。乗らないでね子供達。

      2017/01/22 by メッシイ

      「ホットロード」のレビュー

    • 2.0

      おそらく監督の得意分野ではなかったのでは、と思います。

      「ソラニン」配役とかも含めて大好きなのですが、本作品はまず登坂広臣の年齢が作品中のキャラクターの設定とかなり違っているので、見ている間中違和感を感じずにはいられませんでした。
      春山役はもっと若い人にやってもらいたかったなあと、、。

      時代設定もあいまいだったので、ん~難しかったです。

      2016/09/01 by えりこ

      「ホットロード」のレビュー

    • 春山はあまちゃんの何個上の設定だったんすかねー。10歳位上なんかなーっと思って違和感なかったです^^; >> 続きを読む

      2017/01/22 by メッシイ

    • 3.0

      ☆TV☆

      中学生の時に原作の漫画が大好きで、何度も読んでた。
      なのでセリフとかよく覚えてて、映画のセリフも原作に忠実に作られているので、漫画のシーンが全部思い出されて懐かしかった!
      だがしかし、今の若者がこの映画を見て、この世界観理解出来るのか??と思うし(すごくサムイと思う…)
      逆にホットロード世代で、原作ファンが見たら、これはチガーーーウ!!と思うのではなかろうか。
      春山もカズキもミスキャストだったと思うなー。
      春山が総頭のバイクをとりにいくとき、20キロ歩いてこいと言われた時、フルマラソンを走ってる私としては「ヨユーじゃん」と思ってしまった(笑)

      春山が総頭になって「トオルがいなくてもナイツ俺がやる!」のシーン、漫画では最高にカッコいいシーンだったけど、軽っ!薄っ!(笑)

      カズキのお母さんが「疲れた…」とつぶやくシーンとか、喧嘩相手の族の頭の「つまんねーやろうだ」ってセリフとか、いやーー、そうじゃなくて、もっとこう!
      って、やっぱり原作何度も読んで自分の中でイメージが出来上がってるとダメ出ししてしまいますね。

      ところで、あんなにセリフとか原作どおりだったのに、食中毒の原因がカキじゃなくてカニにしたのはなぜ…?
      原作ではカニが食べたかったけど、「じゃーカキでいいよ」ってなってたハズだけど。。どっちでもいいんだけどそこだけ変わってたのが不思議(笑)
      >> 続きを読む

      2016/08/17 by もんちゃん

      「ホットロード」のレビュー

    • 1.0 クール

      ネット視聴

      2016/08/01 by Jackrose

      「ホットロード」のレビュー

    • 3.0 クール

      観てよかった。春山、生きててくれてよかった。本当に大事だと思える人を私も見つけたい。大事に思ってくれる人がいるから、自分を大事にして生きなくちゃ。お互いにツンツンしてるけどそこがいい。一人で我慢しすぎるのはダメ。相手に依存しすぎるのもダメ。時には頼り、支え合う。バランスが大事。トオルと宏子さんがかっこよくて二人にもドキドキした。必ず明日がくるとは限らないんだ。 ​

      2016/07/13 by hisanocchi

      「ホットロード」のレビュー

    もっとみる

    ホットロード
    ホットロード

    映画 「ホットロード」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画