こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ショート・ターム

SHORT TERM 12
ジャンル: ドラマ
公開: 2014/11/15
製作国: アメリカ
配給: ピクチャーズデプト

    ショート・ターム の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全11件
    • 0.0

      タイトルの『ショート・ターム』は、家庭が原因で心身に傷を負った子どもたちのための、一時的な保護施設のことです。物語の主人公はそこで働くグレイス。誰にも話せない辛い過去があり、今なおその記憶に苦しんでいます。そんな彼女が施設の少女、そして恋人との関係の中で変わっていく様子を描いたヒューマンドラマです。

      こう書くと感動的で優しいお話のようにも感じますが、これがちっとも生易しいものではナイんですね。相手を試すキッツい言動はあるわ、掴み合っての喧嘩もあるわで、シビアなシーンがてんこ盛りです。人と人、殊に心身に傷を負う者同士の関わりを描くなら一筋縄ではいかないのは当然ですが、ドキュメンタリーのようにも見える撮り方(映像)のせいかリアリティも数割増。なので、実在する施設の記録を見ているような錯覚すらしました。

      この映画を観て1番に思ったのは、相手を理解するには同じ傷を抱えているかどうかよりも、聴こうとする耳・知ろうとする覚悟があるかどうかなんだろうな、ということ。そして、そうやって理解しようとしてくれる相手の気持ちを受け止める、信じてみるというもう片方の勇気なんだろうな、ということ。そもそも同じ傷を抱えていても背景や状況まで全く同じな訳ではないので、「同じ傷があるのにどうして分かり合えないんだろう」と嘆く必要もまったくないんですよね。同様に「同じ傷がないからやっぱり分かり合えないんだ」と心を閉ざしてしまうのも、必要のないことです。

      一時期そこかしこで繰り返されていた言葉ですが、“絆”って、血が繋がっているからとか好き同士だから当たり前にとか、それこそ間違っても「気付いたらあるもの、できているもの」では無いと私は思います。そりゃあそうやって穏やかに繋がっていられたら、それに越したことはないですよ。でも人間って、そんなにおりこうさんにできてるものかな??おりこうさんで過ごしてばかりいると、消化不良だったものでいつか腹痛を起こしてしまいそうな気が私はします。

      然るべきときにはきちんとぶつかる、疑うでもまた信じる、赦すそして赦してもらう……絆ってそうやって築いていく、強めていくものなんだと私は思います。時間をかけて少しずつ。そういうものであってほしいなと、特に辛い過去を乗り越えようとするグレイスを見ていたら、そう願わずにはいられません。

      突き進む強さでなく受け入れるしなやかさを、そして寅さんの歌じゃないけど“どぶの中に咲く蓮の花”を見せてもらったような、逞しい生命力を感じる映画でした。
      >> 続きを読む

      2021/01/23 by 水川 灯子

      「ショート・ターム」のレビュー

    • 4.0

      様々な理由で親とは生活できない18歳未満の少年少女達を収容する施設と,そこで働くケアマネジャーを描いた物語.こんばんわ三遊亭呼延灼です.
      施設の日常を淡々としかし暖かい視線で描く事で,いつの世もまず犠牲になるのは子供という冷徹な事実を浮き彫りにしています.そんな中,母親を亡くした事で情緒不安定が顕在化したため施設に入居してきたジェイデンに,ケアマネジャーのグレイスは共感を抱き・・・
      そのジェイデンさん・・・そうですよねぇとIMDBで確認したところ,やはりケイトリン・ディーヴァーでした.相変わらず芸達者ですねぇ.グレイスの中の人ブリー・ラーソンと比べても全然見劣りしません.こうなってくると逆に怖いです.
      何気に思ったのはヘイリー・スタインフェルドと共演したらすげぇんだろうなぁと・・・
      あれ?二人共1996年生まれ,しかもケイトリンが12月21日,ヘイリーが12月11日ってすげぇ近いんでやんの・・・さらに調べました.アニャ・テイラー=ジョイ・・・やっぱ1996年生まれ.なんですか,96年ってなんかの特異点だったんですか・・・これはね,三人共演の映画を製作しなさいって神様の思し召しなんですよ.どっかの脚本家さんお願いします.私はとても観たいです.
      ん?内容の事語ってないですって.いやだからいつも言ってるじゃないですか,私は家族の事柄に関しては,変な感情しか示せないって.とりあえず高スコアだからいいじゃありま千と千尋の神隠し(未視聴).
      >> 続きを読む

      2020/09/13 by 叡福寺清子

      「ショート・ターム」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      何度見ても胸に刺さる。
      ドキュメンタリーのように、あくまで客観的に撮られていることで、感情移入ではなくて、取り上げられている問題について考えさせられる。

      2020/05/20 by Tomochin

      「ショート・ターム」のレビュー

    • 4.0 切ない

      複雑で、強靭で、美しくもあり、ときに残酷で、幸せなヒトの心を観る。
      その心との付き合い方はとても難しいけれども、それがヒトである所以であり、人生を豊かにする所以でもある。

      自分が辛いときや悩んでいるときからこそ、他者に手を差し伸べるヒトの行動ひとつひとつは、自分への救いでもあり、人生の新たな可能性に気づかされる。

      2017/09/23 by Jay

      「ショート・ターム」のレビュー

    • 3.0 切ない

      福祉と関わりのある私にとって、いろいろ考えたり、心にぐっとくる映画でした。
      現実は悲しいけれども、それでもあたたかくて優しかった。

      個人的に、グレースに感情移入した。
      子どもができても、喜びよりも不安しかない。
      育てる、愛する自信がない。

      演技も素敵でした。
      子どもたちはそれぞれ難しい背景を抱えていて。
      グレースは自分も問題を抱えながら、支援者でもあり。
      現実の人?と思うくらいでした。

      職員数が4人?でたりないと思うけれど、それが実情なのだろうか…
      >> 続きを読む

      2016/07/27 by pink-tink

      「ショート・ターム」のレビュー

    もっとみる

    ショート・ターム
    ショートターム

    映画 「ショート・ターム」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画