こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

八つ墓村

ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 1996/10/26
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    八つ墓村 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      大昔,古谷一行・金田一を視聴して以来,随分と久方ぶりに映像化された八つ墓を視聴しました.完全に勘違いしていたのが「八ツ墓村の祟りじゃ」で正確には「八つ墓(様)の祟りじゃ」だったのですね.その祟りの具現である田治見要蔵は,どうしても山崎努氏のインパクトが強すぎて岸部一徳ではちょっと弱いかなと感じた.その代わり岸田今日子の小竹・小梅はゾクゾクいたしました.瘴気すら漂っている感じは素晴らしかったです.
      ゾクゾクといえば,舞台となる村の終戦直後っぽさの再現です.考えてみりゃ昭和を昭和っぽく撮影できる監督って今どれくらいいるのでしょうね.時代を懐かしむつもりは毛頭ございませんでして,テーマの時代に合った雰囲気を再現するってのは,監督としての技量だと思いますがね. >> 続きを読む

      2019/08/27 by 叡福寺清子

      「八つ墓村」のレビュー

    • 評価なし

      全体を見るのは始めて。犯人が一目見て解ってしまったのは過去にテレビのスペシャル放送で何度もやっているネタだからだろうか。それでも全体を通して見るのは始めてなので、話がどのように展開していくのかという観点から作品を見ていった。豊川悦司の金田一耕助はイケメン過ぎで違和感を感じる。後大量の血しぶきに嫌悪感。(演出だとわかっていてもあまりこういうのは好きではない)。話はいい。宅麻伸演ずる慎太郎、気骨ある人物で好感が持てた。作品への印象はこんなところです。

      2016/02/28 by おにけん

      「八つ墓村」のレビュー

    • 2.0

      石坂版も見たが、リメイクした主演が豊川悦司。
      汚らしい格好して走ってもまるで金田一とは感じさせない風貌。
      なんでミスキャストとは思わなかったのだろうか。

      中身もほとんど焼き直しの領域であり、有名なセリフである八つ墓村のたたりじゃ~という部分が何とも白ける。
      時代が違うのか、おどろおどろしい雰囲気が再現されたとは言い難い。

      リメイクされた「犬神家の一族」もそうだが、敢えて作るのだから何かしらの新機軸が欲しいところ。
      それがキャストによる若返りというだけでは物足りない。
      >> 続きを読む

      2015/04/08 by オーウェン

      「八つ墓村」のレビュー

    • 「八つ墓村」や「犬神家の一族」を見るんだったらオリジナルを観ようと思います。。

      2015/04/08 by ただひこ

    • 私は金田一には古谷一行に一票

      2015/04/08 by boban

    八つ墓村
    ヤツハカムラ

    映画 「八つ墓村」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画