こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

マンハッタン

Manhattan
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス , コメディ
公開: 1980/02/23
製作国: アメリカ
配給: ユナイト映画

    マンハッタン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 3.0 切ない クール

      ウディ・アレンの最高傑作といわれている映画。
      字幕無しで挑戦。

      ……

      あえなく敗退。
      ストーリーは画像を見ていれば字幕なしでも判るけれども、映画としてどこが面白いのかよくわからんかった。

      まあダイアン・キートンと、メリル・ストリープがキレイだなとは思った。おばさんの魅力だけれども。
      17歳役のマリエル・ヘミングウェイっていったい何歳なんだ、このとき。

      公開時点(1976年)のそれぞれの年齢を調べてみたら以下のとおり。

      ダイアン・キートン 1946年 (30)
      メリル・ストリープ 1949年 (27)
      マリエル・ヘミングウェイ 1961年 (15)

      意外とみな若かった。おばさんと言ってしまって失礼した。
      マリエル・ヘミングウェイの15歳にはびっくり。どうりでちょっとオシッコくさかったな。でもこの年でウディ・アレン演じる43歳の主人公の同棲相手なんて役をやらせていいんだろうか。

      映画では、二人でベッドに入ってマリエル・ヘミングウェイがなんだか刺激的なことを言ったらしくて、ウディ・アレンが「キミがその年でそんなことを言うなんて…」、とかいうような会話があったはずだが (聞き取れないけれども状況からするとたぶん)、未成年にそんなことを言わせて良いんだろうか。いや、なんて言っているのか判らないんだから仕方がないんだけれども、そういう意味では公開当時はセンセーショナルだったに違いない。

      考えてみるとこの映画、43歳の中年男が17歳の高校生と同棲していて (しかも相手の方が積極的)、27歳の美人の前妻とトラブルを抱えながら、30歳の美人ジャーナリスト(=友人の愛人)とつきあってみるというエロオヤジの夢が満開といったシチュエーション。結局美人ジャーナリストにはフラれてしまい、泣く泣く17歳の彼女にもどっていったら、彼女は主人公から手ひどい捨てられ方をされたにもかかわらず、暖かく迎えてあげるという、ご都合主義もいいところといったストーリー。なるほどこれは夢だ。中年男の夢だ。ニューヨーカーにとってのアメリカンドリームとはこれに違いない。

      それでも、こういう恵まれた境遇にあるにもかかわらず、主人公はちっとも幸福そうではない。逆に人生の悲哀を感じさせる。そこがいい。おそらくきっと、そういうことなのだ。都会で一人で生活する中年男は、外見が派手であれどうであれ、きっとそういう空虚感の中で生きている。画面のモノクロはその空白を伝えるために効果的だ。

      でも、それを伝えたところでなんになるのだろう、という思いもあるが、作品というものは、ある何かをきちんと表現することができれば、そこで完結したといってもいい。そういう意味ではこの作品は、都会に生活する人々の空漠感を男女の関係を通じて表現することに成功してい点で高く評価されているのだと思う。

      おおっ、言葉が分からないのに、こんなにも分析できるのは、われながらすごいではないか。
      いや、というより、そういうことを可能とさせるこの映画の方がすごいわけですから。
      しかし、全然ピントはずれのたわごとかもしれませぬ。
      >> 続きを読む

      2018/12/29 by Raven

      「マンハッタン」のレビュー

    • 4.0 笑える 切ない 元気が出る

      ウディ・アレンが監督・脚本・主演を務める、都会に住む大人達の渦巻く恋愛をシュールに描いたコメディ。
      全編モノクロ映像となっており、非常に美しく映るニューヨークの街並みを背景に、男女が様々な人間性を露わにしながら繰り出す会話劇がなんとも汚れた現代の大人の関係であり、ウディ・アレン独自の世界観を作り上げている。この物語で唯一の子供である17歳の少女トレーシーとのラストシーン、そして彼女の放った言葉がこの作品で1番純粋であり大人だった。
      人生経験をもっと積んでから再鑑賞してみたい、オシャレな雰囲気が全編に漂うほろ苦い恋愛作品でした。 >> 続きを読む

      2018/07/08 by YOU

      「マンハッタン」のレビュー

    • 2.0 泣ける 笑える

      1979年/アメリカ映画
      DVD鑑賞

      2017/11/11 by Chappy

      「マンハッタン」のレビュー

    • 4.0 クール

      変態ウディ・アレン炸裂!
      自分が40代のおじさん役を演じつつ、17歳の学生がウディ・アレンにメロメロという設定!

      ダイアン・キートンさんは若くて、美人で、賢いと自分で言っちゃう痛い女。しかししかし、そんな役を演じきる彼女こそただの美人ではない、素晴らしい女優さんなわけで、あらためて好きになる。

      ウディ・アレンとダイアン・キートンが部屋でダンスするシーンがあるのですが、すごく素敵だった!!

      それなのに、それなのに的な映画です(^^;;

      白黒の映像、音楽、台詞、、、。
      なかなか好きな映画です。
      >> 続きを読む

      2015/06/05 by メッシイ

      「マンハッタン」のレビュー

    • >自分が40代のおじさん役を演じつつ、17歳の学生がウディ・アレンにメロメロという設定!

      そういう設定の映画だったのですか。
      40代のおじさまたちに夢を与える映画ですね♪
      >> 続きを読む

      2015/06/06 by milktea

    • おじさん達が遊び出すダメな映画かもです(^^;;

      2015/06/06 by メッシイ

    • 4.0

      大人たちが迷子してる映画。
      40歳になって観たらまた違う感想を抱くかもしれない。
      ウディ・アレンのマシンガントークはこの作品でも炸裂◎
      トレーシーの最後の一言が素晴らしい余韻を残してくれる☆

      2015/05/23 by きりゅう

      「マンハッタン」のレビュー

    • 迷子でしたね。大人たちが(^_-)

      2015/06/05 by メッシイ

    • ふらふらしてましたね~(笑)

      2015/06/06 by きりゅう

    もっとみる

    マンハッタン
    マンハッタン

    映画 「マンハッタン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画