こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

8月の家族たち

AUGUST: OSAGE COUNTY
8月の家族たち
・ 2013 AUGUST OC FILMS, INC. All Rights Reserved.
TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: ドラマ , コメディ
公開: 2014/04/18
製作国: アメリカ
配給: アスミック・エース
メリル・ストリープ×ジュリア・ロバーツ
超一流キャスト華麗なる激突。
驚き、笑い、感動。かつてない贅沢な2時間を目撃する。

本作は、2007年に初演されるやいなや大好評を博し、翌年のピュリッツァー賞を受賞、さらにトニー賞を総ナメにした、トレイシー・レッツによる傑作舞台の待望の映画化。
主演の母親役バイオレット・ウエストンを演じるのは名女優メリル・ストリープ。病を患いながらも誰よりも気が強い、毒舌家の母親という強烈なキャラクターを、比類なき存在感と圧巻の演技力で演じます。バイオレットの長女バーバラに、ジュリア・ロバーツ。夫の浮気と娘の反抗期に悩みながら、母親譲りの頑固さで母親に立ち向かい、自らを見つめ直していくという複雑な女性像をリアルに体現します。その他にも、ユアン・マクレガー、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュリエット・ルイス、クリス・クーパー、サム・シェパード、アビゲイル・ブレスリンなど、超一流キャストが勢揃いし、片時も目が離せないスリリングな演技合戦を繰り広げます。TVドラマ「ER」シリーズの監督・製作総指揮を手がけ、プロデューサーであるジョージ・クルーニーの20年来の盟友、ジョン・ウェルズがメガフォンをとりました。予想外の展開に驚き、笑い、衝撃の結末に胸熱くなる、極上のエンタテインメントが誕生!



≪ストーリー≫
父の失踪をきっかけに再会する、母と三姉妹。その夫や恋人たち。
驚き、笑い、胸熱くなる極上のエンタテインメント
8月の真夏日。父親が失踪したと知らされ、オクラホマにある実家へ集まった三姉妹。
真面目すぎて暴走しがちな長女バーバラと、反抗期の娘、実は別居中の夫。
ひとり地元に残り秘密の恋をしている次女アイビー。自由奔放な三女カレンと、
その不審な婚約者。彼らを迎えるのは、闘病中だが気が強く、率直で毒舌家の母
バイオレットと、その妹家族。生活も思惑もバラバラな“家族たち”は、つい
言わなくてもいい本音をぶつけあい、ありえない“隠しごと”の数々が明るみに―。
なぜ父は消えたのか?家族はひとつになれるのか―?
>> 続きを読む

    製作: ジョージ・クルーニー グラント・ヘスロヴ 『アルゴ』 監督: ジョン・ウェルズ 『カンパニー・メン』 原作: トレイシー・レッツ 「August: Osage County」  脚本: トレイシー・レッツ 出演: メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、クリス・クーパー、アビゲイル・ブレスリン、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュリエット・ルイス、マーゴ・マーティンデイル、ダーモット・マローニー、ジュリアン・ニコルソン、サム・シェパード、  ミスティ・アッパム

    8月の家族たち の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 2.0

      父親の失踪から自殺。
      それによって母のバーバラとその家族たちが久しぶりに集まる。
      しかし長い間疎遠のためか家族はお互いを罵り、バーバラは患った病気のため薬によって毒舌になっていく。

      こういう類いの映画を見るといつも思うのだが、家族がひたすらに罵声の限りを尽くしているのを見て不快な気分になるだけだ。
      もちろんそこには演技力があってのことなのだが。

      メリル・ストリープの独壇場ともいえるパフォーマンス。
      よくもまあここまで悪口が思いつくものだが、その娘にジュリア・ロバーツを当てたのは母娘が家族であることを見せたいからに他ならない。

      つまりは親と子は似ていると。
      >> 続きを読む

      2017/03/11 by オーウェン

      「8月の家族たち」のレビュー

    • 4.0

      メリル・ストリープとジュリア・ロバーツの共演だということで
      見る前は暑苦しそうだな、と敬遠がちに見始めた。

      実際8月の設定で暑い暑い日々を描いたものだったけど、
      見応えがあった。出演者も豪華だったし。

      そうそう、葬式があると必ずモメ事って起こっちゃうんだよなぁ、
      アメリカもそうか、なんて最初はニヤニヤしてたけど
      だんだんヘビーな内容になっていって
      身につまされる思いがした。

      結局どうなったかはっきりしなかったけど
      この家族はあんな感じである意味
      変わらず続いていくんだろうな。

      ジュリア・ロバーツは最近苦手だったけど
      こういうジュリアは大好き。迫力があった。
      それにも増して大迫力だったのがメリル。
      さすがだー。唸らずにいられない。
      >> 続きを読む

      2016/02/17 by noe

      「8月の家族たち」のレビュー

    • 3.0

      キャストが豪華!
      ユアン・マクレガー好き♡
      メリル・ストリープ凄いわー!
      家族って敬い傷つけ、付かず離れず…
      家族の在り方を見た気がしました
      けれど、結局何かよくわからず
      会食のシーンが見せ場でそこは面白かったし、家族それぞれ抱えているものもあって引きつけられたけど…
      ん⁈終わり⁈っていう感じでした
      >> 続きを読む

      2015/06/06 by tomi

      「8月の家族たち」のレビュー

    • メッシイさん》みんないなくなって終わりっていう感じでした(^^)

      2015/06/07 by tomi

    • 消えましたか!観客的には置いてきぼりくらって、ちょっと相手してよーみたいな(^^;; >> 続きを読む

      2015/06/08 by メッシイ

    • 3.0 切ない

      まずキャストが豪華! 母親:メリル・ストリープ、長女:ジュリア・ロバーツ、次女:ジュリアンヌ・ニコルソン、三女:ジュリエット・ルイス、他にユアン・マクレガー、サム・シェパード、ベネディクト・カンバーバッチなどなど。
      この映画は女性陣中心なので男性陣は控えめだけどねー。
      この豪華な女優たちが父親が失踪し、実家へもどってきて衝突するわけです。
      ある意味、どこの家族にあり得るような感じでもあるし、彼女たちがほぼスッピンで一般ピーポーらしいところなどから感情移入しましたよん。
      まー、この一家の各々の悩みはちょっとディープすぎますけどね(苦笑)
      allcinemaではコメディって書いてあるけど、決してコメディではありません。
      笑える箇所なんて全然ないもの(笑)。
      親がそろそろ死期を迎える年代で、子供たちもアラフォーとかで、それぞれ家庭があったりで、ということで、まさに私たち世代の映画とも言えます。
      考えてみたら、私も弟や妹たちがどういう生活をしていて、何に悩んでいるとか・・・全然知りません><
      それは、私ひとりだけ遠くに来ちゃったせいでもあるんですけどねぇ。
      家族だからこそ言える本音もあれば、家族だからこそ言えないこともあるわけで、売り言葉に買い言葉の喧嘩になり、言うつもりじゃなかったのに・・・ってことがありますよね。
      近いからこそ、傷つけたくなったり、傷つけまいと隠したり。
      なんか、いろいろと考えさせられたし、日本の家族が恋しくもなりました。
      でもね、日本人は相手を尊重するから、この映画ほどこじれないとは思いますが。
      メリル・ストリープがちょっと破天荒なおばあさん役で、ガンということもあり薬物中毒で、少し認知症もはじまっている役を生々しく演じています。
      こんな奥さんだったら、旦那さんも疲れちゃって自殺もするわなぁ・・・なんて思い、私は素敵なおばあさんになりたいなーなんて思ったり(笑)。 終わらせ方はあまり好きじゃない終わり方だけど、きっとバラバラになった家族たちもいつかなんとかなるだろう~と受け取りました。希望的観測ではありますが^^;
      なんだかんだあってもやっぱり家族だから・・・
      ミドルエイジの女性が観たらよくわかる映画だと思います。
      >> 続きを読む

      2015/02/12 by mana

      「8月の家族たち」のレビュー

    • >ただひこさん♪
       どこの家庭でもありえる話ではあります。でもここまでエキセントリックには
       ならないと思うのですがね(苦笑)。
       この作品に限らず、自分の年齢や環境によって見方が変わるものです。
       若い頃にこの作品を観たらどう思ったかなー?とか考えます。

      >メッシイさん♪
       欧米人は自分に誠実でいるっていう考え方からか、感情を表にだしてきます
       。なので、ここまでエキセントリックにはならないと思うのですが。
       でも家族の話だから・・・・どうかなぁ?
      >> 続きを読む

      2015/02/13 by mana

    • ズバズバくるのは自分に正直で誠実にという所からなんですね。だからそれは当たり前だと。なるほど、少し納得できた気がします(^_-) >> 続きを読む

      2015/02/14 by メッシイ

    • 4.0

      感想川柳「日本なら ひそひそ話で 済む話」

      予告が気になって観てみました。(´・ω・`)

      家族ってこんなに濃いのかな~と思いました。(。´Д⊂)ガンで薬中で毒舌で何でもお見通しな母親のメリル・ストリープが圧倒的でした。ジュリア・ロバーツと精神的マウントの取り合いですよ。

      ストーリーもさることながら脇を固めるのも豪華です。( ̄ー ̄)ユアン・マクレガー、ベネディクト・カンバーバッチ、アビゲイル・ブレスリン等々。

      予告だとなんで家族が集まったのか分からなかったけど、序盤からこれでもかと濃い話が出て、立て続けに親族の秘密が暴露して、映画だけど実際にありそうで引き込まれました。(。´Д⊂)家族の絆だったりウザさだったり裏に秘めてることだったり。

      誰でもどこかに引っ掛かるというか思い当たるとこがある作品だと思います。
      ちなみに自分にはおじいちゃんが3人いました( ´_ゝ`)
      >> 続きを読む

      2014/11/16 by Jinyuuto

      「8月の家族たち」のレビュー

    • 豪華キャストでございますねー♪

      2014/11/16 by ice

    8月の家族たち
    ハチガツノカゾクタチ

    映画 「8月の家族たち」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画