こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

眼には眼を

Oeil pour Oeil
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 1958/03/05
製作国: フランス
配給: 東映

    眼には眼を の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0 ハラハラ

      最初はどう物語が転んでいくのかさっぱり分からなかったが、それは監督や脚本家の狙いであると中盤辺りで分かる。

      医師のヴァルテルに懇願したボルタクの妻の診断依頼。
      だが他の医師の誤診によって妻は死亡。
      ボルタクは恨みを抱き、ヴァルテルを砂漠へと誘い込んでいく。

      このサスペンスのようなタッチはヒッチコックを彷彿とさせる部分がある。
      砂漠のシーンに入ってからは二人の道程が延々と続く。

      道を間違えたという件など、すべてはラストに直結する。
      最後のシーンを見ると、この眼には眼をというタイトルの意味がくっきり浮かび上がってきて、あまりにも不条理を感じてしまう。
      >> 続きを読む

      2016/09/08 by オーウェン

      「眼には眼を」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    眼には眼を
    メニハメヲ

    映画 「眼には眼を」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画