こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

街のあかり

Laitakaupungin Valot/Lights in the Dusk/Lichter Der Vorstadt/Les Lumieres Du Faubourg
ジャンル: ドラマ
公開: 2007/07/07
製作国: フィンランド
配給: ユーロスペース

    街のあかり の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 切ない

      90年代初頭位(?)レニングラード・カウボーイズが本邦公開時には全く意味不明で評価することができなかった僕ですが、過去のない男がとても良かったので、見た。
      アキ・カウリスマキ監督のオフビートな中にもどことなくユーモラスな感じは、「猫が無表情なのに愛くるしい」みたいなことに似ている。
      けっこう好きな監督に昇華していたりするオイラ...。
      今作の"敗者三部作"負け犬っぷりは相当ドツボにハマっているが、可笑しさは他の作品と比べて薄かったかも。
      ダメ男の映画は大好物なのですが、たぶん主人公がまずまずのイケメンなのに設定的に役柄にそれほど感情移入できないとこともあるような?
      本作はチャップリンの「街の灯」へのオマージュである、とロンドン・プレミアの公開インタビューでカウリスマキ監督は語っていました。
      じわる映画でした!
      >> 続きを読む

      2018/07/02 by motti

      「街のあかり」のレビュー

    • 4.0 切ない

      カウリスマキ作品はやたらと無表情な男たちが登場するが、それでも多分に心情を伝えてくる構成が好きだ。

      この作品もそうで、夜警で友達も彼女もいない。
      でも急に女性に誘われて、いきなり「結婚したいのか」。恐ろしいほどロマンチックだが、この映画は男を魅力的に見せている。

      犬や鍵にソーセージグリルと、目に付く小物も印象に残る。

      そしてカウリスマキにしてはずいぶん意味深なラストだが、最後にわずかな希望(あかり)を見せていることが幸福だ。
      >> 続きを読む

      2015/02/19 by オーウェン

      「街のあかり」のレビュー

    街のあかり
    マチノアカリ

    映画 「街のあかり」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画