こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

フェイズIV 戦慄!昆虫パニック

Phase IV
ジャンル: ドラマ , アクション
製作国: アメリカ

    フェイズIV 戦慄!昆虫パニック の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      1974年
      蟻vs人間のSF
      親子で

      2016/07/21 by ゆ♪うこ

      「フェイズIV 戦慄!昆虫パニック」のレビュー

    • 4.0

      宇宙線の影響で進化したアリと人類の戦いを描いたパニックSFドラマ。邦題から想像するような巨大な蟻モンスターが出るわけでも特殊部隊が出るわけでもなく、どこにでもいる(見た目が)蟻たちと人間3人の攻防がメインになるのでパニック映画としては地味。しかし、個人の意思ではなく集団の意思で、目的を持って理知的に行動する大量の蟻が学習と成長を繰り返して進化していく過程を丁寧に描いている分、ありふれた動物パニックモノとは一線を画す面白さがある。虫が苦手な人は注意。

      2016/05/21 by 二階堂

      「フェイズIV 戦慄!昆虫パニック」のレビュー

    • 4.0

      聞きしに勝るカルト的なSF映画だった。
      ただし、決して奇をてらった“とんでも映画”というわけではなく、気が遠くなりそうに緻密な演出と撮影、そして揺るがない美意識に支えられた極めてアーティスティックな映画だった。

      とある宇宙線の影響により、砂漠地帯の“蟻”に劇的な「進化」がもたらされる。
      高度な知性を得た蟻とうい種が、徐々に周囲の環境を支配し、ついに人類と敵対する。
      というのがこの映画の導入部。即ち“PHASE I”である。

      その進化にいち早く気づいた科学者二人と蟻との攻防が描かれるわけだ。
      この映画が、邦題「戦慄!昆虫パニック」というテイストの通りだったならば、良くも悪くもB級モンスター映画に仕上がっていたことだろう。
      しかし、この映画の邦題は大いに見当違いであり、そんな生半可な仕上がりを許すものではなかった。
      何と言っても、本物の蟻を“演出”して映し出した映像が物凄い。見紛うことなく「演技」をしている蟻たちにおののく他なかった。

      この特異な映画が描き出すものは、この世界の支配者とされる人類とそれを脅かすものとの攻防などではなく、現状の支配者が新たな支配者によって確実に速やかに取って代わられる様そのものだ。

      蟻の脅威的な進化に対して、人間は必死に抵抗を試み、攻防を演じているように見える。
      だが、実際はそうではない。
      観察者であった筈の人間が、実際は蟻によって観察されていたことを知った瞬間、そもそもそこに攻防などという関係性は無かったのだと気づく。

      この映画に映し出されていたものは、その“資格”を持った新しい支配者が世界を支配するという、あまりに自然的で、だからこそ残酷な生物の「理」だったのだと思い知った。

      ついに支配を受け入れた人間の雄と雌が、禍々しく赤く灼けた太陽を臨むシーンでエンディングを迎える。
      一寸それは夕陽に見え、世界の終末を感じさせる。
      しかし、すぐにそれは昇る朝日だと分かる。“終末”ではなく、新しい世界の“はじまり”だったのだ。

      そして「PHASE IV」というタイトルバック。参った。
      >> 続きを読む

      2014/10/21 by tkl

      「フェイズIV 戦慄!昆虫パニック」のレビュー

    • 蟻が演技するってすごいですねー。
      見てみたいです!

      2014/10/22 by チップ

    • >観察者であった筈の人間が、実際は蟻によって観察されていた
      こういう展開わくわくします!
      蟻の演技も観てみたいです!
      >> 続きを読む

      2014/10/22 by nekkoko

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    フェイズIV 戦慄!昆虫パニック
    フェイズファイブセンリツコンチュウダイパニック

    映画 「フェイズIV 戦慄!昆虫パニック」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画