こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

今月のおすすめ映画

2017年07月のおすすめの映画

Book Information

裁き
2017年7月8日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー
1クリック登録
詳細入力
4.0 4.0
公開: 2017/07/08
製作国: インド
配給: トレノバ
ヴェネツィア国際映画祭ルイジ・デ・ラウレンティス賞(新人監督賞)&オリゾンティ部門 作品 賞 W 受賞!米アカデミー賞®外国語映画賞部門インド代表! 不条理な容疑で逮捕され被告人となった男と、彼の運命を握る裁判官、検事、弁護士。一つの「裁き」を巡る法廷の攻防と、並行する彼らの私生活を、独特の視点とカメラワークで描いた異色の法廷劇が幕を開ける―
監督は、ムンバイを拠点としながらもボリウッドとは一線を画し、独自のスタイルで作品を作り上げているインド新世代の旗手チャイタニヤ・タームハネー。米経済誌フォーブス「アジアのエンターテインメント&スポーツにおける 30 歳以下の 30 人」、米業界誌ハリウッド・レポーター「世界で最も将来が期待されている 30 歳以下の映画監督の一人」などに選出され、世界の映画界に新風を巻き起こしている。本作では、インドの裁判やカースト、家族といった社会システムを背景に、国家権力などの問題にも踏み込みながら、ユーモラスかつ洞察力に富んだ視点で“人間”を描いていく。 >> 続きを読む


    第71回ヴェネツィア国際映画祭 ルイジ・デ・ラウレンティス賞(新人監督賞)/オリゾンティ部門 作品賞W受賞!

    ある下水清掃人が自殺した。
    民謡歌手カンブレの扇動的な歌が自殺へと駆り立てたという容疑で、彼は逮捕される。
    注目の若手監督チャイタニヤ・タームハネーが描く、法廷の攻防、さらに裁判官、検事、弁護士などの私生活。

    今回は、インド映画に長年携わってきた、松岡環さん全面協力のもと、
    「インド映画特集 ~多様性に育まれたインド文化の魅力~」も同時公開。

    是非この機会にインド映画、インド文化について、より深くアプローチしてみてはいかがでしょうか。


    2017年7月8日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー

    この映画をラックに入れている会員

    レビュー

    すべてのレビューとコメントを開く
    • 4.0

      「法廷を舞台にして、登場人物のそれぞれの生活を通して、インド社会の現実を表現した」そんな感想です。インド社会に関心ある人と映画に非日常を求める人とで、映画の好みが分かれる作品だと思います。

      2017/07/15 by nomura

      「裁き」のレビュー

    裁き
    サバキ

    今月のおすすめ映画 - 裁き | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト

    会員登録(無料)

    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック