こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

今月のおすすめ映画

2019年05月のおすすめの映画

Book Information

3.7 3.7
ジャンル: ドラマ
公開: 2010/02/05
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
製作: Warner Bros. Pictures


    2019年5月のおすすめ映画はクリント・イーストウッド監督の『インビクタス 負けざる者たち』です。

    本作は1995年のラグビーワールドカップ南アフリカ大会を前に、
    同国初の黒人大統領ネルソン・マンデラ氏と同国のラグビーチーム「スプリングボクス」の
    改革と本大会での快進撃が、世界を変えた真実の物語です。

    今年2019年の9月に初めて日本で開催されるラグビーワールドカップ2019を前に、
    クリント・イーストウッド×モーガン・フリーマン×マット・デイモンなど
    豪華アカデミー賞監督・俳優競演で贈る名作を是非ご覧ください。

    この映画をラックに入れている会員

    79人がラックに追加しています。

    レビュー

    すべてのレビューとコメントを開く
    • 4.0 元気が出る

      自国開催のラグビーW杯が控える南ア・ラグビー代表チームとネルソン・マンデラのお話。

      アパルトヘイトの実態、ボカ(チームの愛称)やマンデラとその周りの人々(特にSP)の苦悩がよく伝わるいい映画です。

      マット・デイモン率いるボカが勝ち上がっていく姿も感動的ですが、個人的にウルッときてしまったのは飛行機のシーンですね!

      機長がカッコ良すぎです…! >> 続きを読む

      2015/03/26 by きーく

      「インビクタス 負けざる者たち」のレビュー

    • モーガン・フリーマンもマット・デイモン感動系にはぴったりのキャストですね!

      2015/03/26 by ただひこ

    • 5.0 元気が出る

      2000年代に入ってからのイーストウッドはすさまじいペースで新作を作り、さらにはそのクオリティの高さに観るたび驚嘆の想いだ。
      この作品は実話ベースのヒューマンもの。

      情報は漏れ伝わってきていたので、ネルソン・マンデラが主役ならまたしても波乱万丈な物語だろうと思ったら、そのマンデラが南アフリカ統一の祈りを込めたラグビーW杯にまつわる物語だ。

      実話が足かせになるのは当然で、しかもマンデラ以下ラグビー選手たちも存命なので、作る方は相当気合を入れただろう。
      南アフリカは多民族国家であり、イングランドからの移住者がことのほか多い。
      よってラグビーが当たり前のように広まり国技となるのも納得。

      問題はその強さで白人黒人混合なので、チームワークに問題を抱え勝利には程遠い。
      そしてチームキャプテンのピナールに激をかける為、マンデラは食事に招く。

      このシーンと、刑務所でのマンデラの苦難を思う場面。
      この二つによってマンデラの決断を受け止め、勝利のために奔走していくチーム。

      マンデラ自体はけなす所さえ見つからないような真人間。
      なので少しも映画的には面白みがないとも言える。
      おまけにあのモーガン・フリーマンが演じるのだから、誠実という文字が胸にでも出ているかの様な振る舞い(笑)

      ただそれは試合のシーンの迫力と雰囲気で吹っ飛ぶ。
      スポーツが国を変える。その瞬間を肌で感じさせる演出。
      こういうスポーツものにイーストウッドは不向きと思ったが、難なくこなしまた一歩階段を昇った印象。

      劇中で出て来た会話で日本がオールブラックスに145−17というスコアでぼろ負けしたというもの。
      日本の強さが世界的に見て下なのは知っていたが、100点以上の差で負けるとはそりゃマンデラも驚くわ(笑)
      >> 続きを読む

      2015/05/04 by オーウェン

      「インビクタス 負けざる者たち」のレビュー

    • イーストウッド監督作品はどれも非常に重くて気軽に観れないのですが、それだけ見応えあるってことですよね。 >> 続きを読む

      2015/05/05 by ただひこ

    • 4.0 元気が出る

      感想川柳「スポーツが 人種の壁を 越えさせる」

      TVでやってたので観てみました。φ(..)

      27年の投獄を経て南アフリカ共和国大統領に就任したネルソン・マンデラは、荒んだ国の情勢を立て直すため、ラグビーに希望の光を見出す…というお話。

      どうやら誤解してたみたいでラグビーじゃなくて、マンデラ元大統領の自伝的作品でした。(;・∀・)

      パッケージがマット・デイモンだったので気にしなかったのもありますけど、監督クリント・イーストウッドとマンデラがモーガン・フリーマンだったら観るしかないでしょう。(。-∀-)


      こういう話にモーガン・フリーマンはうってつけですね。マンデラさんは優れた人物だと思ってましたけど、想像を超えてました。他のマンデラさんの作品も気になりました。(゜Д゜≡゜Д゜)
      >> 続きを読む

      2014/02/03 by Jinyuuto

      「インビクタス 負けざる者たち」のレビュー

    • モーガンフリーマン、いいですよね。
      ヒューマンドラマの映画のモーガンフリーマンは本当にいつもいい味出すなぁと思います。 >> 続きを読む

      2014/02/04 by milktea

    • クリント・イーストウッドさんはもう監督としてのイメージの方が強いですね。

      2014/02/04 by ◆空太◆

    • 5.0 元気が出る

      ネルソン・マンデラが大統領に就任してもなお、人種間の壁。
      マンデラ大統領はラグビースポーツと共に南アフリカの人々の和解をもたらそうと動いていく。
      自然の流れのように映像とストーリーが進んでいく感じがよかった。
      ラグビーを通じて、人種関係なく同じものを共有し、喜び、分かち合う姿は素敵だった。人間、平和の素晴らしさが伝わってきて、最後はじんわりときた。
      モーガン・フリーマンのマンデラもぴったりでよかった。長期にわたり拘束されても、赦し、お互いを敬う姿勢は尊敬に値する。
      意識をすることから人々の心が変わり、環境が変わり、そして国を変える。個人単位でもとても大切なことだなぁと感じた映画でした。 >> 続きを読む

      2016/06/07 by よっしー

      「インビクタス 負けざる者たち」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      南アフリカ共和国初の黒人大統領ネルソン・マンデラと、1995年のワールドカップで優勝した同国ラグビーチームを描く。
      悪くはないが、史実を追ったドキュメンタリーっぽい感じもあり、淡々と物語が進んでいく印象。官邸内やラグビーチーム内で、衝突と和解なんかがあるともっと厚みのあるストーリーになったのではないだろうか。
      それにしても、モーガン・フリーマンは色々な映画に出演しているなぁ。

      2016/07/13 by 123

      「インビクタス 負けざる者たち」のレビュー

    • やっぱりマンデラ役ははモーガン・フリーマンなんですねw

      スポーツ映画は映画ゆえのストーリや試合展開がありますが
      ラグビーの映画は見たことがないので気になりました
      >> 続きを読む

      2016/07/13 by つまようじ

    • 当時の南アフリカの様子も勉強できます。

      2016/07/13 by 123

    もっとみる

    インビクタス 負けざる者たち
    インビクタスマケザルモノタチ

    今月のおすすめ映画 - インビクタス 負けざる者たち | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック