こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

2015年10月のおすすめ映画

2015年10月のおすすめの映画

Book Information

3.9 3.9
ジャンル: ドラマ , アドベンチャー
公開: 2014/03/19
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス映画
製作: Twentieth Century Fox Film Corporation=Samuel Goldwyn Films=Red Hour Films=New Line Cinema


    LIFE誌の写真管理部門に勤める内気で冴えないウォルター・ミティはしばしば空想の世界に入り込んでしまう。
    同じことの繰り返しで変哲のない現実と違い、そこでは世界が変幻自在。
    そんな彼はある日、LIFE誌の最終号の表紙を飾る写真を無くしてしまい、世界を転々としている写真家を
    訪ねるために現実世界で冒険に出ることになってしまう。

    圧倒的な映像美とシンプルなメッセージで高いエンターテイメント力をもつ本作。
    変わらない毎日に飽き飽きしている人には今の自分を見つめなおすいいきっかけになるかも!?

    懐かしい曲を織り交ぜたサントラも魅力的ですので、芸術の秋にぜひ至極のエンターテイメントを
    楽しんでみてはいかがでしょうか。

    この映画をラックに入れている会員

    253人がラックに追加しています。

    レビュー

    すべてのレビューとコメントを開く
    • 4.0 元気が出る クール

      良い意味で思っていたのと違いました!

      よくある、
      「ダメなヤツだったけど、特別な経験をして変身できてよかったね」
      「日常から離れて、本当の自分を発見できてよかったね!」
      みたいな展開だろうとタカをくくっていたのですが、全く違います。

      この映画は「今の自分」そして「過去の自分」を肯定する物語。
      第三者の視点を通してそれを再発見するという人生賛歌です。
      自分にできる事を一生懸命やる、それに誇りを持つという大事な事をあらためて教わりました。

      ただのサクセスストーリーだろ、と未見の方は騙されたと思って観てみて!
      >> 続きを読む

      2014/11/20 by Gazak

      「LIFE!」のレビュー

    • 〉第三者の視点を通してそれを再発見するという人生賛歌です。
      もっと軽い映画だと思っていました。よさそうですね~。 >> 続きを読む

      2014/11/20 by 月うさぎ

    • 自分も観る前は印象が違いました。
      「いつかを夢見る」映画はたくさんあると思うのですが、「今ここで頑張る」気持ちにさせてくれるのが良かったです。
      機会がありましたら是非。
      >> 続きを読む

      2014/11/20 by Gazak

    • 5.0 元気が出る

      今さらながらレンタル鑑賞。話題作すぎて、なんとなく期待とのギャップがありそうで避けてた。

      ベン・スティラーと言えば、コメディな印象。ミート・ザ・ペアレンツ、ペントハウス、ナイトミュージアム、エイリアンバスターズとか。
      だからか今作も序盤で何だか妄想男のコメディかなー。と油断してました。
      が!すっかり中盤から終盤には話や映像に引き込まれ心踊りました。
      ストーリー展開は現実離れに感じることはあるものの、終盤にはニンマリしてしまう良い話。

      旅に出たくなる。人生冒険したくなる作品でした(^ ^)

      最近今作のテーマ曲STEPOUTに元気もらってます。
      >> 続きを読む

      2014/11/15 by fate

      「LIFE!」のレビュー

    • 大好きです!
      映画館で観ましたが映像が綺麗で大満足でした♪
      テーマ曲もいいですよね! >> 続きを読む

      2014/11/16 by chao

    • メッシィさん
      大画面テレビで鑑賞をオススメしたいです(^ ^)

      chaoさん
      このテーマ曲。STEP OUTには仕事で疲れた後に聞いて元気もらってます(^ ^)
      >> 続きを読む

      2014/11/16 by fate

    • 5.0 元気が出る

      公開当時から観たくて、やっと観ることが出来ました。
      結果は後悔です。何で劇場で見なかったのか……。


      やっぱりお金のかかった映画はいいなぁとしみじみ感じました。
      ブルーレイで観たのですが、とにかくロケーションの一つ一つが綺麗。
      演出やデザインなどもとにかく小粋の一言。
      ベン・スティラーの自作自演(笑)もさすがですね、監督もできる役者ってのは強いです、ショーン・ペンも味出てました。


      観ていて元気の出る映画でした。
      勉強頑張ろう、でも旅に出たくもなっちゃうんだよなぁ(笑)
      >> 続きを読む

      2015/08/18 by カンカ

      「LIFE!」のレビュー

    • 本当に良い映画でしたよね〜。
      観た後に作品にもエンディングの曲にも元気もらいました(^ ^) >> 続きを読む

      2015/08/18 by fate

    • >fateさん
      壮大で映画の雰囲気にもぴったりでいい曲ですよね~
      ほんとに元気になる曲です >> 続きを読む

      2015/08/19 by カンカ

    • 3.0

      ベン・スティラーさんって監督もやっているんですね。不思議な映画でした。
      まず、映像に特徴があります。
      平凡なサラリーマンのウォルターは同僚に恋しても直接声を掛けられないロマンチスト。
      空想がすぎて現実から飛んでってしまうことがしばしば。
      その「妄想表現」がすごい(・∀・)
      日常シーンからいきなりヒーローものも真っ青のアクションシーンが襲い掛かってくるインパクトったらありません。
      もしもし?頭、ダイジョブですか~?って感じ( ´艸`)

      ロケ地もすごい!です。
      主人公は、行方不明のネガフィルムを発見するためにそれを撮影した写真家を追跡して世界に飛び出すのですが、
      グリーンランド、アイスランド、アフガニスタンからヒマラヤへと、大自然の迫る僻地ばかりを放浪するハメに。
      …これって、この壮大な僻地の絵が、
      氷の海とか最北の火山とか高地の原住民とかユキヒョウとかを
      撮りたかっただけなんじゃないか……?

      ストーリー設定も独特。
      主人公は写真雑誌「ライフ」のネガフィルム管理責任者です。
      歴史と信頼のある雑誌でしたが、ネット文化のあおりによって会社は買収され、ライフ誌はオンライン化に移行。
      雑誌は廃刊が決定し、社員もリストラされます。
      ライフ誌に写真を提供してきたカリスマ写真家のショーン・オコンネルは最終刊の表紙を飾るのは、「ライフ誌の真髄を表現したネガ№25の写真を使うように」と条件をつけました。
      しかし、その肝心の25番の写真がネガの中から抜け落ちていたのです。
      どうしてもその写真を見つけなければならなくなったウォルターはショーンに確認すべく行方を追います。

      ライフ誌廃刊に関しては実話です。

      「1936年に創刊され、写真を通して時代を伝えてきたLIFE誌が廃刊」
      「1000万点以上の写真のうち、LIFE誌に実際に掲載されたのはそのほんの一部であり、ほとんどの写真はネガやスライド、ガラス版やエッチング、またプリントのまま保管されていた。」

      本物のウォルターがきっとライフ社にはいらしたはずです。
      この映画には裏方さんへの尊敬が込められています。

      この話は決してファンタジーではないのです。

      それがロードムービーのごとく世界の果てまで冒険の旅に出るという話にアレンジされ、
      いろいろな映画のオマージュがちりばめられ、魅力的な俳優さんが顔を出し、
      探し物は身近なところにありましたというような青い鳥的メルヘンなニュアンスもあって。
      なんとも奇妙なバランスを醸し出しているように思いました。

      ラストの表紙に選ばれたのはどんな写真だったのか?
      それは最後の最後に発売された雑誌を見てのお楽しみ。


      (私にとっては意外でもなんでもなかったので、ここでは感動できませんでした)

      実は私が一番テンションアップしたのは、音楽の使い方でした。

      デビッド・ボウイの「スペイス・オディティ(Space Oddity)」が特別な曲になっています。
      Ground control to major Tom.
      Can you hear me, major Tom?
      まず、この歌詞使い、ウォルターをトム少佐と呼び、からかいます。
      そしてまた、憧れの女性がウォルターに言います。
      この曲はいい曲よ。未知の世界へ勇気を持って旅立つ歌なの。

      嵐の中を飛び立つヘリに飛び乗る時に、彼女の幻影と共にこの曲が流れるのです。
      なんとも妄想チックでいいですね~♪
      >> 続きを読む

      2015/02/12 by 月うさぎ

      「LIFE!」のレビュー

    • ロケ地すごいですよね♪
      行ってみたい!と思いました。

      ラストの表紙、私は「おぉ~!」と思って感動しました!
      月うさぎさんはラストが読めていた感じなのでしょうか?
      (スゴイ…!)
      >> 続きを読む

      2015/02/12 by coji

    • cojiさん
      〉行ってみたい!と思いました。
      サメに噴火にヒョウですか(⌒-⌒)勇気あるね~!

      ええ。想定内でしした。
      ウォルターにここまで追わせる展開と、お母さんがすべての鍵を持っていたところから、結果、探していたものは最も身近なところにあったはずと思いました。
      そしてそれが身近なところにあるなら、ショーンの意図はそういうことだろうと。
      「えっ?なんで金が無くなったからって財布捨てる?」おかしい。って思ったし。
      >> 続きを読む

      2015/02/12 by 月うさぎ

    • 4.0

      映像美が素敵すぎる。妄想もさることながら壮大な自然の美しさも素晴らしかった。内容も勇気づけられるような話でLIFEのスローガンもいいこと書いてあるなぁと関心する。

      ユキヒョウのシーンとか好きだ。

      2015/08/13 by きりゅう

      「LIFE!」のレビュー

    • 美しい映像と勇気なんてお得な映画ですねー、観たいです!

      2015/08/13 by メッシイ

    • コメディなので気軽に楽しめますよヽ(´∀`)ノ

      2015/08/14 by きりゅう

    もっとみる

    LIFE!
    ライフ

    2015年10月のおすすめ映画 - LIFE! | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック