こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

2018年01月のおすすめ映画

2018年01月のおすすめの映画

Book Information

4.3 4.3
ジャンル: ドラマ
公開: 1999/04/17
製作国: イタリア
配給: 松竹富士配給(松竹=アスミック・エース エンタテインメント=角川書店提供)
製作: メランボ・チネマトグラフィカ作品(ミラマックス・インターナショナル=マリオ&ヴィットリオ・チェッキ=ゴーリ提供)


    2018年1月のおすすめ映画は「ライフ・イズ・ビューティフル」です。

    コメディアンとして有名なロベルト・ベニーニが監督、脚本、主演の一人三役を務めた感動作品。
    カンヌ国際映画祭で審査員グランプリ、米国アカデミー賞で主演男優賞、外国語映画賞、作曲賞を受賞するなど
    各国で絶賛された本作品は、第二次世界大戦下のユダヤ人迫害をユダヤ系イタリア人の視点から描きます。

    ユーモアがあり、苦しい中でも生きる喜びを見出す姿があるからこそ、
    現実の切なさ、苦しさが重く重く押し寄せ、観るたびに思わず涙をしてしまう。
    あらゆる感情を揺さぶる本作品に、映画の力の大きさを改めて思い知らされることでしょう。

    2018年のスタートに、皆さんが今を力強く生きていくために、この作品を届けたいと思います。

    この映画をラックに入れている会員

    232人がラックに追加しています。

    レビュー

    すべてのレビューとコメントを開く
    • 5.0 泣ける 笑える 切ない ハラハラ

      今まで観て良かった映画ベスト5には間違いなくランクインする映画。

      陽気なユダヤ人グイドとドーラの幸せいっぱいな恋、息子ジョズエとの生活、しかし3人はナチスの強制収容所へ…。

      強制収容所に入っても笑いとユーモアを絶やさずに息子ジョズエを守ろうとするグイドの愛は涙なしには観れない。

      ユダヤ人の差別問題を描きながらもただ悲しいだけでなく、タイトルの通り「人生って、生きるってこんなにも素晴らしいんだ!」というキラキラしたものがあって、素晴らしい映画だと思う。

      音楽もとっても良いです。
      >> 続きを読む

      2014/01/13 by chao

      「ライフ・イズ・ビューティフル」のレビュー

    • ただひこさん
      本当にいいんですよ~思いだすだけでも泣けます。。

      Shimadaさん
      そうですね、でもあんなに幸せに暮らしている家族を迫害するなんて許せないです。あんなことは絶対に繰り返しちゃいけない!と強く思います。でも映画の中で迫害する側の人間にもとても良い人もいて、そこもじーんとします。

      ◆空太◆さん
      堂々のベスト5入りです!!

      aimi☆さん
      たしかに♪
      みんなのベスト5知りたいかもです♪

      iceさん
      ぜひ観てください。自信をもってオススメできる映画です。

      makotoさん
      ほんとキラキラしてます☆彡

      たくぼくさん
      素敵な句ですね♪
      >> 続きを読む

      2014/01/14 by chao

    • ラストのシーン、本当にユーモアがある父親を見て感動しました。

      2014/01/15 by puniko

    • 5.0 泣ける 笑える 切ない ハラハラ

      1997年制作のイタリア映画ですね!!アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を受賞した作品です。笑えるがあまりに切ないストーリー展開に思わず涙・・・有名なコメディアンでも有るロベルト・ベニーニが監督、脚本、主演の一人三役を務めた感動作品です。
      前半のコミカルな作風から後半は一変ユダヤ人迫害の重苦しい展開に・・・妻と我が子を想う限りない愛情にあふれた作品です。
      評価は文句無しの星五つです。

      2014/10/21 by チャミー

      「ライフ・イズ・ビューティフル」のレビュー

    • >妻と我が子を想う限りない愛情にあふれた作品です。

      観てみたいです。
      たまにふと、感動する映画を観てジーンとしたくなります… >> 続きを読む

      2014/10/22 by RAY-ROCK

    • 笑って泣ける切ない作品だよ~!!

      2014/10/22 by チャミー

    • 5.0 泣ける 笑える 切ない

      もはや僕なんかがわざわざ語る必要なんて無い、名作中の名作。
      もう4回も観たけど、父親の最後のウインクのシーンは何回見ても泣ける。いや観なくても思い出しただけで泣ける。
      とにかく僕がここでいろいろ語ってもどれも陳腐な言葉の羅列にしかならずこの映画に対して迷惑だから、とにかく見たことない方にはぜひ観てほしいとだけ記しておきます(笑

      2014/10/17 by Kay

      「ライフ・イズ・ビューティフル」のレビュー

    • 本当に良い映画はレビューで表現するのも難しいですよね。
      私も思い出しただけで泣けます…。 >> 続きを読む

      2014/10/17 by milktea

    • 名作だと思いますよ!!マイコレの作品ですが見る度に涙します。

      2014/10/23 by チャミー

    • 5.0 泣ける 笑える 切ない

      「この映画は愛の物語だ。純真で純粋な子供を守り、愛と想像力は不滅だという、希望を失わない事が大切だ。」
      (監督・主演のロベルト・ベニーニ氏のインタビューより)

      観る人を笑わせて泣かせて感動させて、人間として大切なことを教えてくれる最高の映画。

      軍医が相談するなぞなぞには答えが無いそうです。
      ホロコーストのような不条理なジェノサイドに答えがないのと同じ。

      しかし、愛する家族がいる限り「どんな状況下でも人生は生きるに値するほど美しい」
      >> 続きを読む

      2014/07/25 by ybook

      「ライフ・イズ・ビューティフル」のレビュー

    • >笑わせて泣かせて感動させて
      ひとつの映画で盛りだくさんですね!
      観てみたいです♪

      2014/07/25 by coji

    • 最高ですよね。

      >軍医が相談するなぞなぞには答えが無いそうです。

      この映画、何度も何度も観てますが、初めて知りました!!
      >> 続きを読む

      2014/07/26 by chao

    • 5.0 泣ける 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      私にはどうしても重くて、痛すぎて、つらすぎて・・・

      前に見たことがあったのを忘れていて二度観ました。
      隠れている子どもの前を、お父さんがおどけて楽しそうに歩いて(ドイツ兵に連行されて)いくシーン
      戦車の前に出て行き、アメリカ兵に抱き上げられ、僕(ゲームに)勝ったんだと目を輝かせているシーン
      ・・・途中から思い出した。

      なぜ作品を見たことを忘れていたのか。
      「戦場のピアニスト」を見た時もそうだったが、ナチスを扱った映画は気分が落ち込む。

      父の愛や子どもの純真さには心を打たれるが、どうしても、
      (戦争をする)人間(ナチス)の傲慢さや愚かさやそういうものへの怒りや悲しみのような感情でいっぱいになる。

      お父さんの明るい笑顔を思い出すだけで、泣けてきます。
      辛くて三度目は見られないと思います。(もう、忘れられません)
      >> 続きを読む

      2014/01/30 by バカボン

      「ライフ・イズ・ビューティフル」のレビュー

    • 子供に対して表現出来る父親になりたいです。

      2014/01/31 by ◆空太◆

    • こんなファミリーって憧れちゃうな☆

      2014/01/31 by aimi☆

    もっとみる

    ライフ・イズ・ビューティフル
    ライフイズビューティフル

    2018年01月のおすすめ映画 - ライフ・イズ・ビューティフル | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック