こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

2018年03月のおすすめ映画

2018年03月のおすすめの映画

Book Information

3.6 3.6
配給: アルバトロス・フィルム


    2018年3月のおすすめ映画は、2月24日よりシネスイッチ銀座http://tokushu.eiga-log.com/cineswitchほか
    全国公開中の「ナチュラルウーマン」(2017年・チリ)です。

    愛する人を突然失い悲しみに陥るトランスジェンダーの主人公マリーナが理不尽な現実を乗り越えていく姿に、
    観る側が共感しエールを送りたくなる、愛の物語です。

    ヒロインを演じるのは、自身もトランスジェンダーの歌手であるダニエラ・ヴェガさん。
    チリの新鋭として大注目のセバスティアン・レリオ監督は、この映画についてダニエラさんに相談していく中で、
    彼女の人生経験を脚本に色濃く反映したそうです。
    そして「目の前に女優がいるのに、どうしてほかの女優を探す必要があるのか」と気が付き、
    マリーナ役に彼女を大抜擢したそうです。

    マリーナが人生の【向かい風】を象徴する嵐のなかを歩くシーンに代表される独特な映像表現、
    アレサ・フランクリンが歌う「(You Make Me Feel Like)A Natural Woman」の音楽、そしてマリーナを見事に演じる美しいダニエラさん。

    周りと違うことで生じる差別や偏見、嫌がらせ。
    それは、自分にはない豊かさへの怖れや嫉妬から生まれるのではないでしょうか。
    人種や性別などのボーダーが取り払われているこの時代に、豊かな人生を送ることができるかどうか、それはあなたの心次第。

    この映画を観て、心の扉を開いてみませんか。

    この映画をラックに入れている会員

    21人がラックに追加しています。

    レビュー

    すべてのレビューとコメントを開く
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      差別は、する側だけじゃなくてされる側も頑なにさせて、檻に閉じ込めてしまう。
      本作は、差別の話と見せかけて、女性であろうとすることを必死に守ろうとするあまり、じゃあ女の自分がどうなりたいのかがないということを知って、愕然として次のステージに成長する話。
      >> 続きを読む

      2018/08/18 by unkuroda

      「ナチュラルウーマン」のレビュー

    • いつもレビューを楽しく拝見させていただいてます。マリーナの最後の舞台にはこんな気持ちが込められてるとは!!深読み出来るストーリー、人としてのあり方に対する価値観、レビューを読んで改めて気付きをいただきました! >> 続きを読む

      2018/08/19 by nomura

    • 評価なし 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ちりばめられた鏡が気になる

      火葬前に手を握って涙するシーンはぐっときた
      完璧なハッピーエンドではない
      ありのままが素敵だと思う

      簡単なものではないかもしれないが複雑なものではないはず
      >> 続きを読む

      2018/03/14 by 10ちゃん

      「ナチュラルウーマン」のレビュー

    • 4.0 切ない

      離婚の原因が彼女なのかどうかは判明しないが、恋人の家族からの非難、葬儀に出るなは普通の女性でも言われても致し方無し。
      ただし「化け物」だの、車に連れ込まれての仕打ちはやり過ぎで犯罪レベル。警察での取り調べといい、一線を超え人としての尊厳を踏みにじられる姿が観ていて辛い。
      鏡を使っての演出が独創的且つ効果的。
      また、自己弁護や言い訳が一切ない台詞は、受け入れてもらえない世間への諦めか。
      押し殺すような彼女の心情を、より一層感じられます。
      切ない作品ですが最後の歌うシーンがとても美しく力強いのが救いでした

      2018/09/17 by ちっぷ

      「ナチュラルウーマン」のレビュー

    • 4.0 切ない

      人間って、自分とは違った生き方をする人に出会った時に、自分からそれを遠ざける人と受け容れる人とに極端に分かれるのかなぁ?と感じました。家族を含めて他人に影響を受け過ぎて生きていると自分を客観視出来ずに異物を攻撃したり、自分を客観視できると違った価値観との距離感を保って付き合っていくことができるものなのでしょうか。
      映画も、捉え方次第で見え方が違うものですね。

      2018/04/01 by nomura

      「ナチュラルウーマン」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      トランスジェンダーであるが故に、恐ろしく理不尽な差別を受けるマリーナ。
      あまりに唐突な悲しみさえ乗り切れていないうちにザシュザシュと心も体も傷つけられる。
      ただし、オカマ野郎だの、キメラだのと罵られても、拉致されたうえにひどい姿にされても、
      彼女は決して相手をけなさない。
      「私は人間だ」「ノーマルだ」と相手の目をしっかりと見て言うだけだ。
      かっこいいなあ。
      化物は、元妻や子どもたち、お前らだよ。罵る時に醜く歪んだ顔を見ろ。

      マリーナが最後にきちんとオルランドに会えて、お別れができてよかった。
      愛犬をひきとり、小さな部屋だけれど健全に暮らし、舞台で歌を歌えていてよかった。
      >> 続きを読む

      2018/02/28 by pome

      「ナチュラルウーマン」のレビュー

    もっとみる

    ナチュラルウーマン
    ナチュラルウーマン

    2018年03月のおすすめ映画 - ナチュラルウーマン | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック