こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

2020年07月のおすすめ映画

2020年07月のおすすめの映画

Book Information

3.3 3.3
ジャンル: ドラマ
公開: 2014/08/09
配給: ロングライド


    2020年7月のおすすめ映画はインド映画『めぐり逢わせのお弁当』です。

    本作はニムラト・カウル演じる主婦イラとイルファーン・カーン演じる初老の男サージャンが弁当配達人のミスから出会い、交流を深めていく物語。
    伏線を見事に回収していく王道のインド映画とは少し異なり、ラストに残る余韻がたまりません!

    主演のイルファーン・カーンは『スラムドッグ$ミリオネア』『アメイジング・スパイダーマン』『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』『ジュラシック・ワールド』等のハリウッド映画への出演でも知られるインドを代表する俳優。
    残念ながら新型コロナウィルスによる全インド・ロックダウンの最中、4月29日に53歳という若さで亡くなりました。神経内分泌腫瘍という非常にまれなガンによるものでした。
    「主演でも、助演でも、映画をかっちりと引き締めてくれる素晴らしい俳優」と評するのはアジア映画研究者の松岡環さんです。

    参考:永久保存版!2020年最新インド映画情報(https://tokushu.eiga-log.com/new/46222.html

    私たち映画ファンとインド映画を繋げてくれたイルファーン・カーンに感謝を込めて、この作品をおすすめさせていただきます。

    この映画をラックに入れている会員

    34人がラックに追加しています。

    レビュー

    すべてのレビューとコメントを開く
    • 4.0

      インドのお弁当宅配システムをうまく活用したヒューマンドラマ。
      妻に先立たれ、日々の仕事を惰性的にこなしていた男の元に、ある主婦の作ったお弁当が間違えられて届けられてしまった。
      次の日もその次の日もお弁当は間違えられ続け、次第に二人はお弁当を通じて文通をするようになった…。
      いやぁ何とも暖かい映画だった。
      最近は「インド映画=ダンス&ハッピーエンド」というものばかりでなく、こういう上質なドラマも国内に入るようになってきた。
      まだまだ数は少ないが、これは非常にいい傾向!
      肝心の作品はというと、ITが普及した現在において、お弁当の宅配システムという昔ながらの慣習が続いていることが興味深いし、その中で文通というこれまたアナログなコミュニケーションの手法が使われているのが面白い。
      妻に先立たれた男がお弁当を通して人間的部分を取り戻していく過程とかは、さすがのインドといった感じ。
      最近では『ジュラシック・ワールド』で強烈な印象を残したイルファン・カーンの存在感も見事であった。
      >> 続きを読む

      2016/03/19 by ungetum

      「めぐり逢わせのお弁当」のレビュー

    • 4.0

      心がとっても温かくなる映画でした。

      最近はメールやLINEで連絡しちゃいますが、手紙でやり取りするってとっても素敵だなと思いました。メールやLINEのようにどんどんメッセージを交換できるわけではありませんが、待っている時の待ち遠しい感じとか、手紙が届いた時のドキドキとかも楽しいですよね。

      インド映画もなかなか良いなって思いました!
      唐突にダンスが始まるインド映画とはちょっと違いますので、苦手意識がある方にもぜひ観ていただきたいです☆

      賛否両論ありそうなラストも、私は好きです。
      >> 続きを読む

      2014/09/25 by ことこ

      「めぐり逢わせのお弁当」のレビュー

    • 私もインド映画といえば、関係無い人たち(露店のおばちゃんとか)もみんななぜかいきなり踊っちゃうイメージでした笑
      >> 続きを読む

      2014/09/25 by RAY-ROCK

    • 私もインド映画=ボリウッドのイメージが定着していて^^;
      ラストが気になります!
      ンドへ行ったとき、映画館へ行ったのですが、観客はみんな真剣に映画観ていて、声を出して大笑いしたり、踊りだしたりと面白かったですよ^^ >> 続きを読む

      2014/09/26 by mana

    • 4.0

      旦那さんの愛を感じられなくて淋しい奥さんと、妻に先立たれ仕事も退職間近という男性。間違うはずのないお弁当が間違って届けられてしまった事から始まる手紙での交流。淡々とした手紙のやりとりなんだけどすごく深みがあって良かった。でも、ラスト、先がもうちょっと欲しかったな。

      娘を学校に送り出した後、旦那さんの職場に配達人の手で届けられるお弁当を作り始めるという、ムンバイでは当たり前の光景がとても興味深かったです。

      間違った電車に乗っても正しい場所に着く。。。そっかぁ・・・どんな選択をしても遠回りしても、行きつく場所が正しいのであれば、なんだか怖くないというか前向きになれるかもしれない。 >> 続きを読む

      2015/03/14 by こうこ

      「めぐり逢わせのお弁当」のレビュー

    • この映画。何かの映画の予告で観て気になってました。
      予告だけで判断して、何だか偶然が重なって素敵な出来事が始まるストーリーを予感してます(^ ^)
      ムンバイならではの弁当配達システムに着目したストーリーが面白そうですね。
      >> 続きを読む

      2015/03/15 by fate

    • ちょっと想像とは違って予想より地味で、胸キュンすることはなかったですが、じんわりと温かくなる映画でしたよ。 >> 続きを読む

      2015/03/29 by こうこ

    • 4.0

      インドでは各会社に家庭で作った弁当が届くという便利なシステムがある。
      そのお弁当によって結びつく男女の出会いを描くドラマ。

      男は妻に先立たれ、弁当を作る側の女性は家庭の現状に悩む。
      そんな中で弁当についた手紙で悩みを吐露。
      だが男は退職間近であり、引き継ぎのため後任に仕事を教えることに。

      インド映画ではあるのだが、踊りは一切なし。
      むしろヨーロッパ映画のように淡々と進んでいく。
      その中で手紙のやり取りというのは新鮮だ。

      ラストの切り上げ方もまたインド映画らしくないもの。
      だからこそヨーロッパ映画のような空気を感じたのだろう。
      >> 続きを読む

      2015/05/09 by オーウェン

      「めぐり逢わせのお弁当」のレビュー

    • >インド映画ではあるのだが、踊りは一切なし。

      インド映画といえば踊りですよね。
      踊りがないインド映画もあるんですね! >> 続きを読む

      2015/05/09 by ただひこ

    • 5.0 切ない

      インドの変わったダッバーワーラーと呼ばれるお弁当システムの中で、ありえない偶然から起こるストーリー。
      男女のやり取りがお弁当の中に包まれる手紙というのにも、メールやラインに慣れきっている自分には、暖かみを感じた。
      歌って踊って♪というイメージの強かったインド映画だったが、これはしみじみとしたいいお話だと思う。

      2015/01/09 by OkitaNaoko

      「めぐり逢わせのお弁当」のレビュー

    • 手紙、良いですよね☆たまにプレゼントに手紙などを添えてくれる友人がいて、あたたかくてハッピーな気持ちになります☆ >> 続きを読む

      2015/01/09 by chao

    • ラブロマンスは観た後、私にもありえない偶然が起こらないかなぁと思っちゃいます☆手紙っていうのもいいなぁ。 >> 続きを読む

      2015/01/09 by ことこ

    もっとみる

    めぐり逢わせのお弁当
    メグリアワセノオベントウ

    2020年07月のおすすめ映画 - めぐり逢わせのお弁当 | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック