こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

殺人捜査 [VHS]

ジャンル: アクション
キャスト: ジャン・マリア・ヴォロンテ
定価: 16,016 円
発売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

    殺人捜査 [VHS] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 5.0 クール

      アカデミー最優秀外国語映画賞、カンヌ映画祭審査員特別賞受賞作のエリオ・ペトリ監督の「殺人捜査」を久し振りに観直しました。

      ローマ市警の鬼と言われているエリート警察官が、情婦を殺害し、現場にわざわざ数多くの証拠を残していきます。
      だが、誰も彼の犯罪とは気がつかないのです。

      やがて、遂に彼は自白するのですが、上司はそれを認めようとしません。
      殺人事件そのものを、闇の中へ葬り去ろうとするのです。

      この映画は、凄まじいサスペンスに満ちた人間ドラマです。
      いわば、現代版ドストエフスキーの「罪と罰」とも言えます。

      この映画を観て、私が感じる一番のポイントは、有能なエリート警察官が、権力というものと自分の才能をオーバーラップしてしまう怖さです。

      警察権力というのは、民主主義の国においては、国民から警察官が預かって代行しているはずなんですね。
      それをえてして間違う警察官がいる。

      組織を第一に考えるところから始まる勘違いですね。
      制服が優秀なのではなく、その中の人間が優秀であるはずなんです。

      映画のラストで、事件の処理をするのに、ブラインドを下ろして、全てを隠してしまう恐ろしさ。
      権力というものの怖さをまざまざと、我々に語っています。

      この映画でエリート警察官を演じているのがジャン・マリア・ボロンテ。
      「荒野の用心棒」や「夕陽のガンマン」にも出演していた、イタリア映画界屈指の名優です。

      監督のエリオ・ペトリは、批評家から脚本家になり、さらに記録映画を経験して、映画監督になった人ですが、現実の不安の中に人間の真実を探ろうとする作風で、これまでも「悪い奴ほど手が白い」や「怪奇な恋の物語」など、独特の乾いたタッチの名作を発表し続けてきた監督なんですね。

      音楽は、「夕陽のガンマン」などの映画音楽界の巨匠エンニオ・モリコーネ。
      イタリア映画ならではの、社会派ドラマの秀作で、映画史に残る一篇だと思います。
      >> 続きを読む

      2020/02/19 by dreamer

      「殺人捜査 [VHS]」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    殺人捜査 [VHS]

    殺人捜査 [VHS] | 映画ログ
    ASINコード:B00005GBIO
    JANコード:4988107074413

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画