こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

早春物語 [DVD]

ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
監督: 澤井信一郎
キャスト: 原田知世 , 林隆三 , 田中邦衛 , 仙道敦子 , 由紀さおり
形式: DVD 96分 Color , Dolby , Widescreen
定価: 4,935 円
発売元: パイオニアLDC

    早春物語 [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「早春物語」は、相米慎二監督と並んで、1980年代の日本映画界が生んだ、最も才能と実力あふれる映画監督の一人である澤井信一郎監督の第3作目の作品だ。

      デビュー作の「野菊の墓」では松田聖子から、第2作目の「Wの悲劇」では薬師丸ひろ子から、映画女優としての資質を最大限に引き出してきた澤井監督が、この映画では、薬師丸ひろ子と並んで、当時の角川映画の二大看板女優の一人であった原田知世をヒロインに迎え、少女から大人の女性へと変わりゆく彼女の姿を、実に生き生きと捉えることに成功していると思う。

      この映画は、原田知世演じる17歳の高校生・瞳が体験する、大人への通過儀礼の物語になっている。瞳は、自分に押し寄せる様々な軋轢の中で絶え間なく揺れ動く。

      例えば、彼女は亡くなった母を思う気持ちから、父の再婚相手の女性を前にしてぎこちなさを隠し切れず、また、ふとしたことがきっかけで知り合った梶川(林隆三)という中年男性に心を惹かれていくものの、やがて、彼が、彼女の母を棄てて去っていった昔の恋人であることを知り、愕然とし、なぜ母を棄てたのかと梶川に詰め寄ったりして、彼を憎むようになってしまう------。

      それから、この映画の中には無数の行き違いが点在していて、我々観ている者は、そうしたズレに遭遇して困惑する彼女の姿を、何度となく目にすることになる。

      梶川の言う三階建てのボロビルが見つからず、日比谷近辺をうろうろする彼女。あるいは、精一杯気取って梶川が来るのを待ち受けているのに、なかなか彼に気づいてもらえず、苛立つ彼女。そんな原田知世のたたずまいがとても素敵だ。

      更にまた、梶川の正体を知った後、彼女は復讐のため、20年前の母の身になり代わって、彼に接近していくのだが、梶川はそんな彼女をあくまでも17歳の少女として捉え、拒絶するのだ。

      瞳は、このように幾多のズレや困難に直面して揺れ動き続ける。そして、そんな彼女の揺れを強調するかのように、名手・仙元誠三のカメラも一点に悠然と留まることなく、上下左右に絶えず動きながら、長廻しで彼女の後を追いかけていく。

      そうした中で、ジクザグとまわり道をしながらも、決して立ち止まることなく歩み続ける原田知世の存在感が、圧倒的に素晴らしい。

      この「早春物語」は、原田知世の歩く姿が実に魅力的な作品とも言えるが、中でも彼女が、緩やかに、しかし、一歩一歩着実に足を踏みしめながら、林隆三と並んで浜辺を歩くシーンは、この場面一つを撮っただけでも映画を観る価値が十分あると思えるほどだ。

      この時、原田知世は、本格的な女優への道に決定的な一歩を踏み出したのではないかと思う。
      >> 続きを読む

      2017/07/06 by dreamer

      「早春物語 [DVD]」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    早春物語 [DVD]

    早春物語 [DVD] - 澤井信一郎 | 映画ログ
    ASINコード:B00005L95P
    JANコード:4997766600468

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画