こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

モンスター・イン・ザ・クローゼット/暗闇の悪魔 [DVD]

ジャンル: SF , ホラー
キャスト: ドナルド・グラント , クロード・エイキンス , デニス・デュバリー , ボブ・ダーリン , ジョン・キャラダイン
形式: DVD 92分 Color , Dolby
定価: 5,076 円
発売元: クリエイティブアクザ

    モンスター・イン・ザ・クローゼット/暗闇の悪魔 [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0 笑える ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
       




      『後に名を成す方々のいたいけな姿』

      自宅にて鑑賞。カリフォルニア州はサンフランシスコのチェストナット・ヒルズを舞台に繰り広げられるジュブナイル寄りのコメディタッチなモンスター・パニック。勿体ぶった演出や仰々しいBGM等、徹底して往年のホラー映画を髣髴させる作り。終盤には西洋人の思い描くステロタイプでサイケな出で立ちの侍が登場する。六分に満たないエンドロールが異様に長く感じた。サラッと観れる反面、殆ど何も残らないが、そもそもエンターテインメントとはそれで良いのかもしない。大真面目に作られた莫迦げたモノがどうしても嫌いになれず、恐らく本作もその一つなのであろう。65/100点。

      ・我国では馴染みが薄いが、ウォークインと呼ばれる広めのクローゼットに魔物が潜んでいると云う西洋(特に米国)では、ポピュラーな都市伝説を基にした物語。この都市伝説は『クジョー('83)』でも採り上げられておりおり、特にS.キングの原作版では登場人物のトラウマの一つとして大々的に描かれている。大口から別の顔が飛び出すクリーチャーは、度重なる重火器による集中砲火をものともせず、物理的ダメージをほぼ受けない、何故か内股気味で傴僂な姿勢のユーモラスな外観をしており、悶える様な嗚咽に似た啼き声が独特である。

      ・意味有り気でネタバレ気味なナレーションにてデルタ・フィ・ピ女子寮からスタート。いきなり盲導犬を虐待っぽく扱う全盲の粗暴な老人。お世辞にも上出来とは云い難い演技の子供達。他にも色々難はあるが、本作の様なのに限って、然程気にならないのは、頭の中で何等かのフィルターが掛かっているからなのかもしれない。

      ・冒頭のテロップで表記される4月21日が水曜日であるならば、次に表記される5月16日は(同年であれば)水曜日ではなく日曜日の筈であり、必然的に5月18日は金曜日ではなく、火曜日でなければならない。

      ・“ペニーワース(直接関係は無いのだろうが、この名前はS.キングの代表作に登場する有名なピエロを想起させる)”博士を演じるH.ギブソン、この人はこのテの役が填まリ役で強烈な存在感を放つ。クリーチャーを求め、この方を先頭にシロホンを持って一列で路地を散策するシーンが地味ながら何故かお気に入りとなった。そしてもう一人、厳格な“ターンボール”将軍のD.モファットも相変わらずのキャラクターとは云え、適役である事は間違い無い。

      ・アイビールックに身を固めた記者でガタイが良い体躯に大きめの黒縁眼鏡、ファミリーネームを見る迄も無くこれは紛う事無き、大きなビルも一飛びし、弾よりも速い有名な某キャラクターへのリスペクトであろう。彼の眼鏡を外した素顔に見惚れてしまうD.デュバリーの生物学者“ダイアン・ベネット”は、クリーチャーと価値観や好み、美的感覚等がほぼ同じなのであろうか。

      ・序盤に登場する唯一と云って良い(バストトップもチラッと写る)お色気シーン、髪型も似せたS.スティーヴンスの“マルゴ”によるシャワーシーンは『サイコ('60)』のJ.リーの超有名なシーンへのオマージュであろう。冒頭で元気一杯な“ルーシー”役で、(Stacey Fergusonとクレジットされている8歳の)あどけないファーギーの姿が窺えるが、これは'83~'86年放映されていた『スヌーピー』で約一年間演じていたのと同じ役名である。そして何よりも大きな眼鏡をかけ、“教授”と呼ばれる少年は、先頃若くして鬼籍に入ったP.ウォーカーであり、撮影時10歳だった彼のスクリーンデビュー作が本作である。

      ・本作はどうやら'83年には全ての撮影が終了していたらしいが、何等かの事情で第39回カンヌ国際映画祭('86年5月8日~'86年5月19日開催)内で'86年5月15日に上映される迄、日の目を見る事は無い憂き目に遭った。ちなみにこの日以降、一般にリリースされたのは翌年の'87年からとなっている。



       
      >> 続きを読む

      2019/06/02 by 三多羅 格

      「モンスター・イン・ザ・クローゼット/暗闇の悪魔 [DVD]」のレビュー

    • 2.0

      最後はキングコングのパロディ。

      2018/09/15 by kinako

      「モンスター・イン・ザ・クローゼット/暗闇の悪魔 [DVD]」のレビュー

    • 4.0

      クローゼットから怪物が出てきて人を襲うというトロマ産のモンスター映画。トロマにしてはテンポはいい。汚さもないし、けっこうお金が掛かっていると思う。「サイコ」「エイリアン」「キングコング」といったパロディネタも多い。エログロ要素はないけど、盲導犬にシカトされている盲目の爺さんや日本に対する偏見ネタとか見るとトロマ映画を観ているなと実感できる。

      2017/05/28 by 二階堂

      「モンスター・イン・ザ・クローゼット/暗闇の悪魔 [DVD]」のレビュー

    • 2.0

      『サイコ』『スーパーマン』『キングコング』などなどパロディ要素が多く含まれていた。悪名高きトロマ作品なだけあって内容はアホアホのボケボケ。とくに終盤に近づくにつれ、Z級映画としての実力が大きく発揮されている。

      単純にクソ映画ではあるけど、ワイルドスピードシリーズなどで有名なポール・ウォーカーの映画デビュー作として話題になっていたりしている。
      またモンスター役のケヴィン・ピーター・ホールは後にプレデター役を演じているから驚きだ。この映画でもプレデターのルーツになるようなシーンが見られた。
      一瞬出てきた日本要素も狂気だった。 >> 続きを読む

      2015/11/15 by きりゅう

      「モンスター・イン・ザ・クローゼット/暗闇の悪魔 [DVD]」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    モンスター・イン・ザ・クローゼット/暗闇の悪魔 [DVD]

    モンスター・イン・ザ・クローゼット/暗闇の悪魔 [DVD] | 映画ログ
    ASINコード:B00005LJWL
    JANコード:4988102628215

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画