こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ゴールデンボーイ [DVD]

ジャンル: ミステリー・サスペンス
監督: ブライアン・シンガー
キャスト: ブラッド・レンフロ , イアン・マッケラン
形式: DVD 111分 Color , Dolby , Limited Edition , Widescreen
定価: 3,218 円
発売元: パイオニアLDC

    ゴールデンボーイ [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      これは凄まじい映画でした。デンカーはきっとこの少年に会うまでは過去を忘れたいもの忌まわしいとのとして考えてたと思います。それがトッドと出会い、昔話をし、軍服を着たことで昔の狂気が蘇っていく。その心の変化が秀逸に描かれています。内なる怪物はけして消えることはない。今後の少年に幸あれ。 >> 続きを読む

      2018/09/17 by さくら餅

      「ゴールデンボーイ [DVD]」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「ゴールデン・ボーイ」は、スティーヴン・キングの原作を「ユージュアル・サスペクツ」の才人ブライアン・シンガーが映画化した、心理サスペンスの異色作だ。

      善良なひとりの少年が、自分自身の中に眠る"悪の心"に支配されていく様を、じっくりと描き出していく。

      ロサンゼルス郊外に住む高校生のトッド(ブラッド・レンフロ)は、成績優秀、スポーツ万能の優等生だった。そんな彼がホロコーストについて勉強を進めるうちに、アーサー(イアン・マッケラン)というひとり暮らしの孤独な老人が、アウシュビッツの副所長で、"吸血鬼"と呼ばれた戦争犯罪人クルトであることを知ってしまう。

      トッドは、それをネタにクルトを手玉に取り、収容所の実態を聞き出す。それは単に探求心から生まれた行為であったが、クルトが語る残虐な話によって、彼はしだいに、"悪の魅力"に取り憑かれていくのだった----。

      この原作の小説は、映画化するのが非常に難しかったのではないかと思う。ナチスの重要戦犯である老人とスポーツ万能で成績も優秀な若者の交流、そして、心の奥底に潜む残虐性の目覚め。

      キャラクターを描き出すだけでも至難の業なのに、その心の変遷までも浮き彫りにしなければならないのだ。結論から言えば、やはり満足のいく出来栄えではなかったように思う。

      まず、序盤での老人が若者にナチスの殺戮の話を聞かせる部分だが、ここはあまりにもあっさりとし過ぎた感がある。もっと、ねっとりと汗がにじむほどに重い時間として引っ張っても良かったのではないかと思う。

      そして、ナチスの戦犯であるイアン・マッケランが"狂気"を演じるには、やや弱い。ナチスの制服に身を包んだイアン・マッケランが、ブラッド・レンフロの命令で家の中を行進する場面は、強烈な見せ場になっていたが、しかし、全体的には、ブライアン・シンガー監督による"狂気の演出"も今一つの感があった。例えば、スタンリー・キューブリック監督などに較べると、まだまだ遠く及ばないと思う。

      しかし、この二人のピンと張りつめた糸でも引き合うような、微妙な心の駆け引きは、なかなか巧みに描かれていて、見応えがあったと思う。互いの弱い部分を抉り出しては、互いに優位に立とうとするあたりの描写はなかなかスリリングでハラハラさせる面白さに満ちていたと思う。

      そもそも、考えてみれば、人間の本質的な"邪悪"とは、人間の弱さを象徴するものなのかもしれない。

      それにしても、清く明るい郊外の町に、過去最悪の邪悪な行為を持ち込んだ舞台設定は見事というしかない。

      ともかく、スティーヴン・キングの原作に大胆なアレンジを施し、単なる悪夢や殺人の物語になってしまうことのないように細心の注意を払ったと思われるブライアン・シンガー監督の熱意は買いたいと思う。

      そして、何より、この難しい原作に真正面から取り組んだその姿勢こそが、賞讃に値すると思う。
      >> 続きを読む

      2016/11/26 by dreamer

      「ゴールデンボーイ [DVD]」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ナチの教官だった老人と、その秘密を知り脅迫を掛ける青年。
      微妙に入れ違う立場の中で、お互いの駆け引きを見る。

      とにかくナチだった過去をもつイアン・マッケランが怖!
      迫害の記憶が蘇ったときの軍服着ての行進なんか、完全に目がいっちゃってるよ(笑)

      ここから徐々に少年を支配していく。
      猫をオーブンで丸焼きしたり、過去を知る男に制裁。
      そこに少年を巻き込んでいこうとする。

      対するブラッド・レンフロも悪魔が乗り移ったかのように豹変するラストがいい。

      そして全編に渡ってホモセクシュアルな香りが渦巻いている。
      考えてみればイアン・マッケランにブライアン・シンガーと、ゲイな人間たちが多くいるのも影響しているのか。
      >> 続きを読む

      2015/06/21 by オーウェン

      「ゴールデンボーイ [DVD]」のレビュー

    ゴールデンボーイ [DVD]

    ゴールデンボーイ [DVD] - ブライアン・シンガー | 映画ログ
    ASINコード:B00006AUW9
    JANコード:4988102772819

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画