こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

死霊の盆踊り デラックス版 [DVD]

ジャンル: SF , ホラー , コメディ
監督: A・C・スティーヴン
キャスト: ウィリアム・ベイツ
形式: DVD 91分 Color
定価: 4,935 円
発売元: ジャパンホームビデオ

    死霊の盆踊り デラックス版 [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 2.0

      ドライブ中の事故でカップルが迷い込んでしまった墓地では、夜の帝王と闇の女王によって死霊の宴が開かれようとしていた・・・という話。半裸の女性の踊り?が1時間以上見られる。それだけ。脚本はあのエド・ウッド。エド・ウッド。本作の評価はとにかく悪く、史上最低の映画とまで言われることも。実際に見てみると、たしかに。死霊とされている普通の女性が5~10分くらい踊っては次の人と交代するだけのストリップショーなので、これを映画として面白いという人はいないはず。

      ただ、DVDの特典に収録されている監督のインタビューは面白い。どうして冒頭のシーンで昼になったり夜になったりするのか、夜の帝王がカンペを見ながら演技していたのはなぜか、そもそもこの映画を作るに至った背景は・・・という我々が当然のように抱く疑問に懇切丁寧に言及してくれる。相当、叩かれたんだろうなって思わせる。さらに自分の監督としてのスタンスや映画製作においての監督のあり方まで言及してくれる。こういう人でなきゃ映画監督なんて勤まらないんだろうなって思わせる。挙句の果てには、狼男やミイラ男の謎や帝王と女王の関係が解き明かされる「死霊の盆踊りパート2」への意欲を語ってくれる。面白い。 >> 続きを読む

      2017/02/26 by 二階堂

      「死霊の盆踊り デラックス版 [DVD]」のレビュー

    • 2.0

      珍妙な邦題とあいまって、最低映画として名を馳せる本作。最後まで観るのが拷問の睡眠剤映画など、話題の作品であった。脚本はあのエド・ウッド。前世紀から気にはなっていたこの作品、GEOに有るのを発見借りてくる。以下はLINEでの書き込み。



      今夜のつまみ映画はいよいよ、「死霊の盆踊り」。ホラー作家と恋人のカップルが自動車事故でクラッシュ、闇の帝王と夜の女王の前に引き据えられ、墓地で死霊たちの宴というかヌードダンスを強制観賞させられる話。車中と車の外観の夜の明るさが全然合ってないとか、夜の帝王の威厳のない小太りオッサンのカンペ視線具合とか最初からかましてきます。

      死霊たちのトップバッターはインディアン娘。トップレスに赤のビキニパンツ姿でインディアンぽいダンスを披露。個人的には好みのルックスなのとコスプレに弱いたちなのであたたかく観てましたが、二人目の娼婦風、年代を考えると仕方ないですが踊りが古くて爆笑(なぜか三原葉子さんの偉大さを再確認)。開始十数分、早くもこうしてスマホをいじり始めました!

      同年代のラス・メイヤー監督作「モンド・トップレス」とは作り手の才能、そして、こちらにも伝わる熱量が大違いだ!

      三人目は金が好きな女(ちなみにカップルの女性もこの人。一人二役)。踊り終え、報酬に黄金をもらうも永久に黄金を与えよ、と釜に沈められ金粉塗り姿に。趣向は悪くないけど、ただOPのタイトルバックでこの黄金姿は長々披露してるんだよね。金粉塗り姿後も改めて踊らせた方が元ネタの「007ゴールドフィンガー」超えるインパクト有っただろうに。

      様子を隠れてうかがっていた二人が安い狼男、ミイラ男に見つかりついに連行。

      プロレスファン間のLINEにて地下アイドル刺したファンのTwitterが話題になり、そちらを辿っての小休止。

      四人目はネコ娘。全身コスだけど胸元とお尻は空いてるという(爆)。

      そして全身コス脱ぎ出す(爆)。死霊ダンサー演じるはストリッパーの皆さん方みたいだけど、それなりに美人でスタイルもいいのがまあ、救い。

      ついで登場はオレンジのドレス姿、鞭うたれる手枷付き奴隷娘。古代風な音楽流れるけど、建国して日が浅いアメリカに黒人ならまだしもそんな古い奴隷娘いないだろ!と思うんだけど、好みのタイプだから、まあ、いいや(爆)。

      トップレス姿になった奴隷娘のダンスに目を奪われ、身体を揺らす狼男とミイラ男という間抜けな絵柄。

      次は闘牛士好きのフラメンコな霊。これまでもだけど、カットかわると着衣脱いでるパターンはなー。脱ぐプロセスも大切にしてほしいですね(我ながら何言ってんだ、爆)。

      次は「恋人の死を嘆き火山の炎に見を投じた女」。字幕に誤字(爆)。そして最初のインディアン娘も火で死んでいて被る。

      なぜかインサートされる尾を鳴らすガラガラ蛇の映像(爆)。蛇を信仰しているそうで、ミイラ男が「クレオパトラも毒蛇に噛まれて死んだんや」とトラウマ蘇り、取り乱す(笑)。

      60年代のこの時期に邦画でTバックは無かったと思うんだよな。だから同時代で洋ピンとして入ってきてたらまた評価も違ってたかもしれない(爆)。

      ちなみに「東京ふんどし芸者」は1975年作品。宮沢りえ、ふんどし写真のサンタフェは1991年。

      次はウェディングドレス姿の初夜に花婿殺した花嫁。旦那の骸骨持ってくるけど、そこらにぶらさげるだけ。頭の被り物と下のビキニパンツ以外、ネイキッドな姿となる花嫁(爆)。手の振り付けは平泳ぎで水平なのに乳は縦揺れの花嫁死霊、高等技術で有るよ。

      そして67分まで観て寝落ち。今、起きた。ただし、呑みながら観てたからと言うのも否めない。


      今朝続き観る。

      その後もゾンビ娘(ロメロのモダンゾンビではない)とか、延々と続く。作家がロープ緩めて脱出の機運作ったり、夜の女王が女を拷問死させたいと帝王にせがんだりなんてのをはさみつつ、ダラダラと。そのうちに朝が来て、死霊の皆さん白骨化。刺されそうになっていたヒロインも危機一髪!と思いきや…救急隊員に助けられる二人。夢オチかよ!

      自分は上記のように案外楽しく観たけど、人には薦めない。DVDには監督のロングインタビューも収録。エドには監督の才能がなかった、と語る姿にあんたもや!と観る人は皆つっこむだろう。
      >> 続きを読む

      2016/05/22 by ジェイ

      「死霊の盆踊り デラックス版 [DVD]」のレビュー

    死霊の盆踊り デラックス版 [DVD]

    死霊の盆踊り デラックス版 [DVD] - A・C・スティーヴン | 映画ログ
    ASINコード:B0009S8G3G
    JANコード:4988102121532

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画