こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

大阪ハムレット デラックス版 [DVD]

ジャンル: ドラマ
監督: 光石富士朗
キャスト: 松坂慶子 , 岸部一徳 , 森田直幸 , 久野雅弘 , 大塚智哉
形式: DVD 107分 Color , Dolby , Widescreen
定価: 4,935 円
発売元: ジェネオン・ユニバーサル

    大阪ハムレット デラックス版 [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      作品情報のあらすじをご覧になればお分かりかと思いますが、悪く言えば少々とりとめがない。家族の特に3人の息子たち各々が主人公のオムニバスと見るべきなのでしょう。

      どこにでもいそう…ではない。でも、どこかにいそうな気もする一家。特殊事例のようでいて、実はある意味普遍性あり?見ていくと共感できそうな部分のある人々。

      最初バラバラにも見える三兄弟。遠慮がちな謎のおっちゃん。精神的にも経済的にも、彼らをしっかり束ねて家族たらしめている包容力あるお母ちゃん。松坂慶子さんがそんな偉大な大阪の母を熱演。

      岸部さんの謎のおっちゃんもいい味出しています。ヘタレてるように見えて、男には譲れないこともあることを体現する場面も。一瞬カッコいいかも。

      第一主人公は次男でしょう。不逞者?と見えて、いつもどやしている「文学」教師に実は結構感謝もしてる?群れないところが、現実にはあり得ないかも知れないけど、やっぱりカッコいい?フィクションでは定番かも知れませんが。

      思春期してる長男は、中学男子にありがちな「性春」ではなく、プラトニックに悩んでおられるご様子。何しろお相手の美人女子大生が少々心に問題を抱えておられるお方。いくら老けているからと言って、年上の綺麗なひとにそんな要求されちゃうと、嬉しいような、恥ずかしいような、悩ましいような…。

      三男が懐いていた若い叔母。彼女の異端児な部分をもうちょっと見てみたい気も。原作で補完すべき?そんな彼女に感化され、三男は今後も我が道を行く人生?頑張れよ!

      強引にまとめると、シェークスピア先生の悲劇ハムレットも、大阪下町を舞台にすれば、こんな人情喜劇に変わるのか。微笑ましい逸品。私は好きだ、こんなの。
      >> 続きを読む

      2015/06/25 by ぴぐじい

      「大阪ハムレット デラックス版 [DVD]」のレビュー

    • シェークスピア作品好きなので、興味深いタイトルです。

      2015/06/26 by carp-san

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    大阪ハムレット デラックス版 [DVD]

    大阪ハムレット デラックス版 [DVD] - 光石富士朗 | 映画ログ
    ASINコード:B002AEG26K
    JANコード:4988102694937

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画