こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

いばらの王 -King of Thorn- [DVD]

ジャンル: アニメ
監督: 片山一良
キャスト: 花澤香菜 , 森川智之 , 仙台エリ , 大原さやか
形式: DVD 112分 Color , Dolby , Widescreen
定価: 6,090 円
発売元: バンダイビジュアル

    いばらの王 -King of Thorn- [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 2.0

      未視聴かと思って観賞したところ既視感がすごいので2010~2014年初頭までのみ観賞映画リストのノートがあったので確認すると2010年に一度観賞済みだった。
      当時確か、こんなに大人しそうで気弱そうな振る舞いの主人公が厳つい大人の男性二人の喧嘩に口出しして止めに入れるのか、行動とキャラ設定に矛盾を感じていたのを思い出した。
      特別頭が良いという設定も特に説明されたりしていないのに、そしておそらく平凡な女子高生なのに、何故かお城のコンピュータ(それも絶対主人公は初見のシステム)の見るからに高度なプログラムをブラインドタッチでちょちょいのちょいという感じで操作してしまったり、なんで都合よくそんなことが出来るの?という疑問がちらほら。
      そして結局根本的な当初の問題は解決していない終わり方。
      子どもとはいえあまりにも現実が見えていない危機的状況にはしゃぐ子ども。
      しずくの力で作られたいばらは、最後崩壊したにも関わらず、同じ力で生まれたかすみは崩壊しない都合のいい終わり。
      気になる部分がなかなか多い作品だった。
      >> 続きを読む

      2019/10/09 by yonami

      「いばらの王 -King of Thorn- [DVD]」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      SFチックなツカミからモンスターアクションへ中盤までおもしろかったけどだんだんワケがわからなくなってしまった(T_T)
      原作がコミックらしいんですけども、するとやはり原作ファンが御大層にモノ申してて、概ねの意見だと端折りしぎだとか文句が出てるみたい...。ありがちですな。

      いつも思うんだけど「実写で映画化してくれ」と思う。
      アニメ作る人間と映画を作る人間の垣根があるように思うのだ。

      アニメらしい着地点に逃げるな!...なんておもうのであった。


      (~allcinema)
      岩原裕二の人気コミック『いばらの王』を、「FREEDOM」の片山一良監督で映画化したSFサバイバル・サスペンス。猛威を振るう謎のウイルスから人類を守るため、治療法を求めてコールドスリープとなるべく選ばれた人々が、未来で直面する予測不能の事態を描く。感染すると石化し、100%の確率で死に至る奇病“メデゥーサ”によって滅亡の淵に立たされた人類。残された希望を未来に託し、一部の人々をコールドスリープで治療法の確立した未来へ送る政策が採られることに。資格者に選ばれた少女カスミは、古城の地下に建設された施設で他の資格者たちと一緒に深い眠りにつく。やがて、目覚めた資格者たち。だがそこは、巨大なイバラと謎の怪物が跋扈する、不気味な廃墟と化していた。
      >> 続きを読む

      2018/12/26 by motti

      「いばらの王 -King of Thorn- [DVD]」のレビュー

    • 5.0

      改訂版

      劇場で二回目を見て来ました。一回目とで印象が多少変わりました。評価も少し上がりました。なので最初の投稿に加筆訂正したいと思います。

      予告編は序盤の導入部の話を過不足なくまとめ、観客の興味を引くエッセンスを程よく織り交ぜた、とても良い出来だったと思います。これが大変に分かり易く、本編の序盤の理解の助けにもなっているのですが、本編を実見しますと、予告編のその先が盛りだくさんでして、良くも悪くも、かなり込み入った話になっています。気を抜くと置いてきぼりを食う人もいるかも知れません。

      初見の時も充分面白いと思えた作品ですし、出来も良いとは思いますが、やはり中盤から終盤にかけて、展開が速くなるのと、情報量が幾何級数的に増えて行くので、ついて行くのがやっとと感じる部分がありました。構成のバランスが悪いのかもと考えたりもしました。率直に言って、原作漫画をじっくり自分のペースで読んだ方が楽しめる作品なのだろうなと思ったりもしました。

      でも、二回見ますと、一回目より余裕がある為、話を追うのも楽で、その込み入った展開や、やや難解とも思えた事件の真相を理解、把握し易く、その面白さをよりよく味わえた気がします。また、決して構成が悪いわけでもないと感じました。

      いろいろな映画的、SF的、ミステリー的アイディア満載の本作品なのですが、そこには先行他作品へのオマージュが結構あるように感じられました。私に感じ取れた範囲ですと…、予告編にも登場する羽根のある怪物が、人気B級SF映画『ピッチブラック』を思い出させるデザインだなと思っていたら、主人公たちの一行に元囚人の凶悪犯っぽい人物が加わっていたり、その一行の構成が何となく『CUBE』を髣髴(ほうふつ)とさせるものであったり、私に分からない部分にも何かいろいろありそうです。

      作品のジャンルや傾向について言及しておきますと、ミステリーとサスペンスを織り交ぜたSF冒険活劇ってところだと思います。話の最初から、人間が石化する奇病とか、コールドスリープとか出てきますが、話の核心部分、隠された謎と言うか、話の真相も、かなりSF色が強いものです。原作等の予備知識がないと、その全体像は予告編からは予想困難で、いい意味で意外性に富んでいると思います。

      初見の時は、盛りだくさんに詰め込み過ぎて、話が難解なだけでなく、充分に整理しきれていないと言うか、一本の映画にまとめるにはちょっと寄り道かなと思える部分もあったのですが、再見して、事態の把握が進みますと、あまり気になりませんでした。それでも情報量の多い終盤はやはりついて行くのが大変で、完全に全てを把握できたかあまり自信ありません。おそらく多くの観客にとって、パンフや公式サイトによる補完が必要になる気がします。けれども、何とかそれに付いて行こうという気にさせる魅力の感じられる作品だったと思います。星は4.5ってところです。気分良く見られたので星半分おまけで満点ってことで。
      >> 続きを読む

      2015/06/13 by ぴぐじい

      「いばらの王 -King of Thorn- [DVD]」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    いばらの王 -King of Thorn- [DVD]

    いばらの王 -King of Thorn- [DVD] - 片山一良 | 映画ログ
    ASINコード:B003XR32O8
    JANコード:4934569638793

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画