こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

黒水仙 [Blu-ray]

ジャンル: ドラマ
監督: マイケル・パウエル , エメリック・プレスバーガー
キャスト: デボラ・カー , サブー , フローラ・ロブソン , ジーン・シモンズ , ジュディス・ファース
形式: Blu-ray 105分 Color , Widescreen
定価: 5,076 円
発売元: ポニーキャニオン

    黒水仙 [Blu-ray] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「黒水仙」は、「赤い靴」で見事なカラー映像を見せてくれたマイケル・パウエル監督とエメリック・プレスバーガー監督のコンビが、ルーマー・ゴッデスの同名小説を再び美しい映像で描いた作品だ。

      ヒマラヤ山麓の小さな村に、5人の修道女が布教のためやって来た。土地の子供たちを教育しながらも、異常な環境からくる不安や人間関係に悩まされて、信仰心がぐらついていくさまが、淡々と綴られていきます。

      この映画は"風の映画"であると思う。ほとんど全編にわたって、風が吹き渡っている。風の音も絶え間なく聞こえてくる。修道女の装束の衣ずれの音も聞こえてくる。

      5人の修道女の連帯感が希薄になっていくのは、この風のためでもある。5人の中を風が終始、ふき荒ぶからだ。

      今回、あらためてこの映画を観直して、1940年代のイギリス時代のデボラ・カーは、実に美しいと思う。こぼれるほどの美しさだ。その透き通る美しさは、この作品で極まっている。

      それは、この吹き抜ける風によっている。風は捉えどころがなく、どこから来るかも、どこへ行くのかも知れず、ただ流れていくのみだ。

      この作品は、その風をバックにしたデボラ・カーの代表作であるばかりでなく、デボラ・カーをバックにした"風の映画"でもあるのだ。

      アンソニー・クインが、魅力的な風来坊でいられるのも、風のためだし、ラスト近くの有名な鐘の塔から突き落とすシーンも、実は風のしわざなのだと思う。
      >> 続きを読む

      2017/07/29 by dreamer

      「黒水仙 [Blu-ray]」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    黒水仙 [Blu-ray]

    黒水仙 [Blu-ray] - マイケル・パウエル,エメリック・プレスバーガー | 映画ログ
    ASINコード:B004ZJE2IS
    JANコード:4988013601024

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画