こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

刑事コロンボ傑作選(逆転の構図/祝砲の挽歌) [DVD]

ジャンル: アメリカのTVドラマ
キャスト: コロンボ :ピーター・フォーク
形式: DVD 193分 Color , Dolby
定価: 1,543 円
発売元: ジェネオン・ユニバーサル

    刑事コロンボ傑作選(逆転の構図/祝砲の挽歌) [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0 笑える ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この"刑事コロンボ"シリーズの一編の「刑事コロンボ 逆転の構図」は、私を含めたミステリーファンをも唸らせる、緻密な構成と華麗な逆トリックを駆使した、シリーズ中でも屈指の傑作だ。

      この作品の原題は「NEGATIVE REACTION(拒絶反応)」で、写真のネガによる逆トリックに、リアクションしてしまうというドラマのクライマックスを掛けたもので、それを邦題も「逆転の構図」としているのも、実に洒落ていてうまいと思う。

      この"刑事コロンボ"シリーズで、毎回楽しみな犯人役の俳優ですが、この作品では何と「バイ・バイ・バーディ」の舞台でトニー賞を受賞し、ミュージカル映画の「メリー・ポピンズ」や「チキ・チキ・バン・バン」のディック・ヴァン・ダイクが、プロのカメラマン役で出演していて、いつもの彼からは想像も出来ない程、あごひげなどでイメージ・チェンジし、クールに抑えた演技をしていて、実にいいんですね。

      妻を誘拐殺人に見せかけて殺し、撮影に行った刑務所で知った男(ドン・ゴードン)を犯人に仕立てて、そして彼も殺し、自らは正当防衛を主張するという作戦なのですが、我らがコロンボ警部との対決は、もっぱらアリバイ作りに使用された写真を中心にしていて、これが実にうまいのだ。

      とにかく、被害者と一面識もない人間を誘拐殺人の犯人に仕立て上げた上で、合法的に射殺するという、驚くべき殺人計画と、それを中心に緻密に構築された脚本の巧妙さは比類がなく、一見、難攻不落に見えるディック・ヴァン・ダイクの計画の矛盾を、コロンボが次々と指摘して、論破していく捜査の過程もスリリングで、知的興奮に満ちていて、実に見事だ。

      また、レンタカーやタクシーや免許証というものを、ドラマの冒頭部分から少しづつ小出しにして見せるとい伏線の張り方など、さすがにピーター・S・フィッシャーの脚本は、ほとんど名人芸の域に達していると思う。

      そして、この作品で楽しいのは、本筋とは別に秀逸な"お遊びの場面"が二か所あることだ。一つ目は、コロンボが目撃者のルンペンを追って、教会の慈善食堂に行くシーンで、ここで我らがコロンボは、シスター(ジョイス・ヴァン・パタン)に、ルンペンと間違えられて同情され、あやうく別なコートをもらいそうになるのだ。

      もう一つは、犯人に仕立てられた元囚人の男の免許証を追って、市の自動車運転管理官に合うシーンで、その管理官が、コロンボのポンコツ車に乗せられて往生し、色々とイチャモンをつけたあげく、遂に下りてしまうのだが、この管理官が「空かける強盗団」のヘンテコな山賊や、「エアポート'75」のおかしなニュース・キャスターを演じたラリー・ストーチだから笑わせてくれる。

      そして、この作品で嬉しかったのは、ラストの舞台が、コロンボが属するロス市警の署内で、コロンボがトレードマークのよれよれのレインコートを脱いだワイシャツ姿で、自分の机に向かうという珍しい姿が見られたことだ。
      >> 続きを読む

      2017/03/11 by dreamer

      「刑事コロンボ傑作選(逆転の構図/祝砲の挽歌) [DVD]」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    刑事コロンボ傑作選(逆転の構図/祝砲の挽歌) [DVD]

    刑事コロンボ傑作選(逆転の構図/祝砲の挽歌) [DVD] | 映画ログ
    ASINコード:B005GIWFX6
    JANコード:4988102029678

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画