こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

日本の仁義 [DVD]

ジャンル: ドラマ , ヤクザ
監督: 中島貞夫
キャスト: 菅原文太 , 岡田茉莉子 , 千葉真一 , 鶴田浩二
形式: DVD 106分 Color , Dolby , Limited Edition , Widescreen
定価: 3,024 円
発売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

    日本の仁義 [DVD] の映画レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      東映オールスターによる「日本の首領」シリーズは、実録路線からの転換を目指す超大作の試みだったが、「日本の首領」と同じく中島貞夫監督による「日本の仁義」は、その第二弾とも言うべき作品で、言うなれば"日本シリーズ"への再度の挑戦となった作品だ。

      出演者も、鶴田浩二、菅原文太、千葉真一以下、まさにキラ星のように、豪華な顔ぶれだ。

      ただし、飯干晃一原作に依拠して、日本最大の暴力団とその首領という、特定のモデルを意識した「日本の首領」と異なって、東映東京サイドの神波史男らによる、オリジナル脚本のせいか、もう一つ迫力不足で、全編これ、いつか観た東映映画の二番煎じの感を否めない。

      しかし、東映任侠路線、実録路線15年の総括だとすると、健さんがいない、お竜さんがいない、怪人・金子信雄もいないと、どこか寂しい。

      よって、上映時間も「日本の首領」の堂々2時間15分を大幅に割って、中島貞夫監督の才腕をもってしても、水増しは無理であったと思う。

      やむを得ず、こういうジャンルの映画は初めてというフランキー堺や岡田茉莉子を助っ人に仰いだものの、所詮は水と油、この二人の出番となると、義理よりもグッと人情が勝って、テンポが崩れる。

      いや、それよりも何よりも、この作品は、後見役風に脇に回った鶴田浩二の、いつもながらの我慢の演技はともかく、大阪の最大組織の若頭から二代目組長へ、文字通り出ずっぱりの主役を務める菅原文太の低迷のみが目立つとあっては、まさにお家の一大事だろう。

      親分役でも、グレン隊上がりの下品な地が透けて見えるというのは、狙い目としても、内に秘めた貫禄に欠け過ぎるのだ。
      その分、「日本の首領」以来、進境著しい千葉真一の若頭役が、映画自体を締めていると思う。

      川谷拓三らのピラニア軍団のチンピラ連だけが、奇妙に生き生きしていたのも、実に皮肉だ。

      それにしても、関西政財界絡みの強請り、たかり、抗争、手打ち、暴発という欲張ったストーリーに、野坂昭如の編集長が怪演するゴロツキ新聞まで絡んだ結末が、新宮会の内ゲバによる自滅へと収斂されるのは、すこぶる暗示的だ。

      東映15年史の総括が奏でる、これは問わず語りのレクイエムなのか。

      だから、ラストシーンの取って付けたような、鶴田浩二の単身での殴り込みもまた、不要であったと思いますね。

      考えてみれば、このような無様な終焉こそ、むしろ任侠の美学に相応しいのかも知れません。
      >> 続きを読む

      2021/12/14 by dreamer

      「日本の仁義 [DVD]」のレビュー

    • 3.0

      見せ場があるようなないような。

      2017/09/15 by kaiteru

      「日本の仁義 [DVD]」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    日本の仁義 [DVD]

    日本の仁義 [DVD] - 中島貞夫 | 映画ログ
    ASINコード:B007PKA2TW
    JANコード:4988101163861

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画