こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

宇宙人の解剖

監督: ジョニー・キャンベル
キャスト: デクラン・ドネリー , アント・マクパートリン , ビル・プルマン , ハリー・ディーン・スタントン , オミッド・ジャリリ

    宇宙人の解剖 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 3.0 笑える

      1995年、後にサンティリフィルムと呼ばれる、ミステリアスな白黒映像が全世界に公開され、世界中に衝撃が走った。
      ことの発端は1947年。
      宇宙船の残骸と宇宙人がロズウェル近郊で発見されたと噂された、世に言うロズウェル事件。
      そしてこの映像は、そのロズウェル事件のときに捕獲された宇宙人の解剖を記録したものだというのだが。

      (某所からの抜粋)


      事の顛末はこの映画を観なくても、Wikipediaの「宇宙人解剖フィルム」に詳しく書かれているので、そちらを読めばすむ事なんだけど、この映画を日本人として真に楽しむのなら、1996年にフジテレビが放映した、
      「UFO墜落から48年 今世紀最大の衝撃映像宇宙人は本当に解剖されていた!!」
      を観ている、或いは観てなくても話には聞いているかが前提なのかも。
      それ以降に産まれた人とか、そもそも知らないって人には何だコレって思うかも知れないので、事前の情報収集はした方が吉。

      私は当時のフジテレビの放映をオンタイムで観た一人。
      バラエティタレント達が職務上大騒ぎする中で、当事者の詐欺師がまことしやかに入手の経緯を語るのを、凝ったバラエティ特番として冷ややかな眼で鑑賞させてもらった。

      当然ながら当時の誰しもが、このフィルムに写っている宇宙人とか何とかなんて本気にはしていなく、新たなエンターテイメントを拝見と言う空気だったし、それは日本だけでは無く、世界中もその姿勢だったと思う。

      それから年月が経った2006年。
      突然にあの事は実は、ってな事を言い出し、おまけに映画として製作して世界中に配給してしまう。
      その商魂と恥知らずな所業には、呆れると言うよりも関心してしまった。

      私は長年の間、1995年に製作された、マーティン・シーンとカイル・マクラクラン出演のTVムービー、「ロズウェル」の没テープの有効利用だと思っていた。 (この作品はDVD未発売)
      だが実は今作で描かれている様に、完全なるハンドメイドだったのが真相だった事には、ちょとだけの驚きと、ちょっとだけのガッカリ感と、いかがわしい物の真相を知ったちょっとだけの寂しさ、そして残りは大いに笑わせてもらった。

      作品中にミステリーサークルも出てくるので、どうせならこちらもついでに言及してくれたらと思ったりはしたけど、でもコメディ映画としてはなかなかな出来栄え。
      音楽も挿入歌も当時のヒットポップ曲を使っているので、ノリやテンポが良い。
      軽いミステリー要素もあるので、最後まで退屈はしないと思う。
      そしてエンドロールは最後まで観よう。
      この詐欺師達のクズっぷりが心底堪能出来るはずだ。
      >> 続きを読む

      2016/12/15 by boban

      「宇宙人の解剖 」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    宇宙人の解剖

    宇宙人の解剖 - ジョニー・キャンベル | 映画ログ
    ASINコード:B00D11TQ8W
    JANコード:4988135703194

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画