こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

女囚さそり 701号怨み節 [DVD]

ジャンル: ドラマ , アクション
監督: 長谷部安春
キャスト: 梶芽衣子 , 田村正和 , 細川俊之 , 金井由美 , 土方弘
形式: DVD 88分 Color , Widescreen
定価: 3,024 円
発売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

    女囚さそり 701号怨み節 [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この梶芽衣子主演の「さそり」シリーズは、観念的な映像と生々しい女の怨念が融合し、特にこのシリーズの第1作目の「女囚701号 さそり」では、さそり=松島ナミが黒のマキシコートに、つば広の帽子というスタイルで、映画の最後のシーンで、無言で次々と復讐の相手を殺していく姿は、「闘いの前には着替える」という"東映任侠路線"の踏襲ではあるものの、啖呵もきらずにクールに殺す"女復讐人"は非常に斬新で、シリーズを通しての最高の見せ場となっていたものだ。

      そして、この「さそり」シリーズの第4作目の「女囚さそり 701号恨み節」では主演の梶芽衣子の降板も当初、噂されていたが、彼女の日活時代に「野良猫ロック」シリーズを担当した彼女の盟友でもある、長谷部安春を監督に迎えて撮影が決定したという経緯がある。

      そのせいか、この作品ではそれまでの伊藤俊也監督の三部作とはかなり趣が異なっている気がする。伊藤俊也監督の、1作ごとに過剰になっていくオカルト的演出により、前作「女囚さそり けもの部屋」で都市伝説にまでたどり着いた「さそり」のカラーを、一旦払拭し、この作品では"女復讐人"としての原点に還った印象すら受けるのだ。

      この作品では、元過激派の学生活動家に心を許したさそりが、ともに"官憲への怨念"を晴らそうと画策するが、結果、男に裏切られ復讐を果たすまでを描いていく。

      この「さそり」シリーズにおける脇のキャラクターは、女は徹底して強く過激で、男はどこまでも薄っぺらで空疎だが、この作品でも過激派を演じた田村正和や刑事役の細川俊之は、あくまでも情けなく弱いのだ。

      さそりの怨念の濃度も、過去の3作と較べてかなり薄めな感じもするが、どうもこの作品は従来の「さそり」シリーズとは別物のようで、むしろ「野良猫ロック」の後日談として描かれているような気さえしてくる。

      現金輸送車強奪やさそりのライフル使用など、やはり「野良猫ロック」的な演出で、梶芽衣子のクールな演技も、東映というより日活的な雰囲気を醸し出していると思う。

      そして、"アウトロー映画の復讐ヒロイン"という梶芽衣子のイメージは決定的となったが、彼女主演での映画はこの作品で終了となった。

      その後、多岐川裕美、夏樹陽子、岡本夏生、水野美紀らにより、映画~Vシネマと数多くのリメイクが作られたが、やはり初代の梶芽衣子のイメージがあまりにも強烈過ぎるせいか、いずれもシリーズ化には至っていない。
      >> 続きを読む

      2017/02/07 by dreamer

      「女囚さそり 701号怨み節 [DVD]」のレビュー

    • 3.0

      梶芽衣子演じる女囚さそりシリーズの4作目。脱獄凶悪犯・松島ナミは元過激派・工藤と組んで、警察組織からの逃亡を続けるが…という話。田村正和が出ている。ラストのあの展開は無理があるよ笑

      2017/02/07 by 二階堂

      「女囚さそり 701号怨み節 [DVD]」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    女囚さそり 701号怨み節 [DVD]

    女囚さそり 701号怨み節 [DVD] - 長谷部安春 | 映画ログ
    ASINコード:B00JIGG5SI
    JANコード:4988101178520

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画