こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

テロ, ライブ [DVD]

ジャンル: ミステリー・サスペンス
監督: キム・ビョンウ
キャスト: ハ・ジョンウ , イ・ギョンヨン , チョン・ヘジン , イ・デビッド , キム・ソジン
形式: DVD 98分 Color , Dolby , Widescreen
定価: 4,104 円
発売元: TCエンタテインメント

    テロ, ライブ [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0 ハラハラ

      ラジオ局へと左遷されたアナウンサーのヨンファが、朝の生放送中に爆弾を仕掛けたとの脅迫が。
      そして窓から見える橋が実際に爆破され、ヨンファには大統領を呼ぶよう要求が。

      明らかに一大事だが、それをほぼラジオ局のブースのみで成立させる力技。
      これなら低予算でも問題ないし、丁度「フォーン・ブース」のような展開を思い出させる。

      この脅迫された中で復帰を目論んだり、警察関係や上司との駆け引きがより危険な状況に陥っていく。
      スピーディーな演出も合って、90分ぐらいがあっという間。

      どういう着地点になるかと思ったが、これは納得できる。
      韓国という国を表したラストだと思うし、日本やアメリカが舞台ではこうはならないだろう。
      >> 続きを読む

      2018/04/18 by オーウェン

      「テロ, ライブ [DVD]」のレビュー

    • 3.0

      ほぼラジオのスタジオ内だけで話が進むのが良かったです。
      主人公の追いつめられ方も良かったし、短い時間の中で上手に纏めていたのも観やすくて良かった。
      対テロ対策が無能ぶりを発揮したりとイラつく事も多かったし、突っ込みどころも結構ありましたが、それらを差し引いても緊迫感ある作品で、概ね満足出来ました。

      2017/12/13 by saruwatari

      「テロ, ライブ [DVD]」のレビュー

    • 3.0

      ※過去鑑賞分
      最近のマイブームが韓流で、立て続けに鑑賞している中でもこの作品は面白かった!テンポが良くてストーリーも分かり易く、映像も迫力がありラストまで一気に進みました。全体を通しても韓流に多い陰鬱な印象はなく、ラストシーンも秀逸です!

      2016/02/22 by モリモリ

      「テロ, ライブ [DVD]」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      かつては国民的テレビアナウンサーだったユン・ヨンファ。不祥事が原因でラジオ番組に飛ばされていた。
      ある日、ラジオの生放送中に爆破予告の脅迫電話がかかってきたが、悪戯電話だと思い電話を切ってしまう。その瞬間に局近くの大橋が爆破された。再びかかってきた電話での犯人の要求は、ある事故に対しての大統領の謝罪だった…。

      マスコミ・メディアという視点と利点を活かして製作された、ほぼワンシチュエーションなサスペンス作品でした。
      主人公の落ちぶれた立場から這い上がる為の野心、視聴率を稼ぐことしか考えない局の上層部、決して非を認め無い韓国政府、そして追い詰められ狂行に走りながらも純粋に大統領の謝罪を求めるテロリスト…。
      それらの人間のエゴや利益や思惑が交錯しながらも、実際起きる爆破テロの現状、そしてテロリストと電話でのやり取りをしながら進む番組。
      ストーリーは緊張感あふれる展開の連続。ハラハラしました。

      テロリストとは交渉しない。
      テロには屈しない。
      この世界の共通意識とまかり通る言葉について少し考えさせられましたね。結局は一部の有力者の都合の悪い事は、「テロリスト」と言って片付けられているんではなかろうか?と。
      韓国社会の貧富や権力の格差、隠蔽や汚職という闇な部分を垣間見た気がしました。
      >> 続きを読む

      2015/04/29 by fate

      「テロ, ライブ [DVD]」のレビュー

    • 4.0

      ラジオ番組の生放送を通じて、テロリストの“要求”に対峙する一人のアナウンサーを描いたサスペンス・スリラー。
      というイントロダクションの時点で充分に面白味に溢れ、韓国映画ならではの骨太なエンターテイメントを見せてくるのだろうと想定できた。

      が、その“想定”は大いに覆された。
      この映画のストーリーテリングは、分かりやすいエンターテイメント性を超えて、観る者を“困惑”させてしまうほどのある意味においての“リアリティ”を追求している。
      それは、映画という非現実世界を超越して描き出されたこの社会の“本質”だったように思える。

      結論から言ってしまえば、この社会は欲と欺瞞に満ち溢れていて、それが巨大になればなるほどまかり通っているという現実を、この映画は突きつけてくる。
      世界は嘘で塗り固められていて、大衆はそれを見て見ぬふりをして受け入れてしまっている。
      辛辣に描き出される社会の本質、圧倒的な後味の悪さが、新しく、潔い。


      やはり、韓国映画は巧い。
      冒頭、分かりやすいまでにやさぐれたラジオパーソナリティーとして登場する主人公が、突如自分の目の前で巻き起こった大事件を機に、流れるように野心みなぎるキャスターの姿へと変貌していく。
      その描写は、まさに彼の人生における時流の変化が如実に表されていて、巧みに引き込んでくる。

      映画世界内の時間と実際の映画の尺をほぼ同調させた“ライブ感”と、それに合わせた登場人物たちの台詞テンポも抜群だった。
      そして、ありがちなシチュエーション・スリラーと思わせつつ、ラストで一気に観客を“想定”の外に連れ出してしまう展開は見事だと思う。


      午前9時からのラジオ番組をいつものように気だるく進めていた主人公が、たった数時間後に、そういった現実社会に対する“虚無感”に打ちのめされ、文字通りに“凋落”していく。
      そのあまりに絶望的な様に、言葉を失ってしまった。

      格差社会が生み出した怨恨、権力者たちの傲慢と裏切り、愛する者の死、この映画が描き出す絶望はどれも重い。
      ただ個人的には、演出としてはあまりにさりげなく表された“射殺命令の声の主”に対し最も重い絶望感を覚えた。酷いや……。
      >> 続きを読む

      2015/03/02 by tkl

      「テロ, ライブ [DVD]」のレビュー

    • 韓国映画の容赦ない絶望感、残虐性、サイコパス具合などの演出はハイクオリティですよね。
      この作品も気になっていたので、タイミングあえばレンタル鑑賞してみたいです(^ ^)
      >> 続きを読む

      2015/03/02 by fate

    テロ, ライブ [DVD]

    テロ, ライブ [DVD] - キム・ビョンウ | 映画ログ
    ASINコード:B00P2G1TPW
    JANコード:4562227882945

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画