こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

大統領の理髪師

監督: イム・チャンサン
キャスト: ソン・ガンホ , ムン・ソリ , リュ・スンス , イ・ジェウン , ソン・ビョンホ

    大統領の理髪師 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      大統領府の近くにある小さな理髪店の店主(ソン・ガンホ)は、実直な小心者。お上の意向に従い、町内の皆がするとおりに李承晩政権の不正選挙に動員され、加担したりしていた。

      妻(ムン・ソリ)、息子(イ・ジェウン)との三人家族で、平凡な庶民生活を送っていた彼が、ある日突然、朴正煕大統領の専属理髪師に任じられる。

      動転し、官邸から帰るや家族にも口がきけず、とりあえず寝床で横になって「店を閉めろ!」と命じて、落ち着こうとするあたりは、まるで落語の「火焔太鼓」と同じだ。

      庶民の心理は、日本とまるで変わらない。国民の誰もが畏怖する強大な権力者の頭をいじる恐れ多さや、外遊同行の晴れがましさにうろたえる様子を、韓国を代表する演技派俳優のソン・ガンホが巧みな呼吸で演じている。

      しかし、政治の現実は残酷だ。北の特殊部隊による大統領府襲撃未遂事件が起きると、スパイ狩りが始まった。

      下痢患者には疑いありと聞き、正直に息子が下痢だと届け出たために、幼い子供にもかかわらず、ひどい拷問を受け、歩行不能の障害を背負う。

      愛する子を傷つけられ、さすがにお人好しの店主も、無慈悲な権力に対する怒りを胸のうちに抱いた。

      こうした中、朴正煕大統領が暗殺され、やがて禿げ頭の全斗煥へと大統領府の主は代わるが、既に専属理髪師であることに名誉も誇りも感じられなくなっていた彼は致仕を願い出る。

      その後はただ、息子の足腰が立つようにするため全力を尽くすのだった。そして、そんな彼は、今や従順なだけの弱い民衆ではなかった------。
      >> 続きを読む

      2017/12/06 by dreamer

      「大統領の理髪師 」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    大統領の理髪師

    大統領の理髪師 - イム・チャンサン | 映画ログ
    ASINコード:B00QMEYSOM
    JANコード:4910294987818

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画