こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

激動の昭和史 沖縄決戦 [東宝DVD名作セレクション]

ジャンル: ドラマ , 戦争
監督: 岡本喜八
キャスト: 小林桂樹 , 丹波哲郎 , 仲代達矢 , 大空真弓 , 酒井和歌子
定価: 2,700 円
発売元: 東宝

    激動の昭和史 沖縄決戦 [東宝DVD名作セレクション] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 5.0

      “沖縄軍の戦死者10万”
      “沖縄県民の死者15万”

      太平洋戦争末期、「沖縄」という地で失われた命の数がラストのシークエンスで大写しにされる。
      その膨大な数が表す通り、この映画は最初から最後まで延々と、愚かさと絶望の中で続いた「死」を容赦なく映し出し続ける。
      「地獄絵図」という比喩表現そのものの光景に対して、憤りを通り越した虚無感に襲われ、ただただ涙が溢れ、逃げ場を見失う。

      ただ、「これが現実」という絶望的な悲劇の中で、同時に強く印象に残ったことは、それでも残った命の存在とその意味だった。
      「死」の中で残った数少ない「生」の描写こそ、このあまりにも絶望的な映画において、監督が手繰った希望だったのではないか。

      敗色濃厚というよりも敗戦が必然の中で葛藤し続けた高級参謀然り、息子を亡くしそれでも表向きにはひょうきんに従軍し続けた散髪屋然り、最後は強引に生き残ることを命じられたひめゆり学徒隊の少女たち然り、息絶えた母親の背で泣き続ける赤ん坊然り、そしておびただしい数の屍の中を歩き続けた孤児の少女然り。
      あの時、彼の地で生き延び、後の時代に継いだ命の価値と、命を継がれた者たちの“声”を真摯に受け止め続けることの意味をこの累々とした死を描きつけた映画は物語っているのだと思う。

      彼らの死と、継がれた命が語る「事実」を、総ての人々は今一度知らなければならない。


      この重く、辛く、だからこそ誰しも一度は観なければならない映画を描きぬいたのは、岡本喜八監督。
      この映画はドキュメント要素が強く、普通ならばただただ淡々と暗く悲しい事実に対して、一方的に耐え忍ぶように観なければならない映画に仕上がっていたことだろう。

      しかし、娯楽映画に秀でた大巨匠だからこそのあまりに巧い演出力が光る。
      悲壮と絶望が渦巻く戦禍において、敢えてユーモラスなキャラクターやシニカルな台詞回しを適所に配し、的確な可笑しみを効果的に加味している。それにより映画的な抑揚が生まれると共に、現実の悲劇性はより深まっている。
      その演出方法は、岡本喜八という大巨匠の映画監督としての意地と誇りの表れのように思えた。


      繰り返しになるが、重く、辛い映画であることは間違いない。
      でも、この映画は決して説教臭くもなければ、何かしらの思想を強要するものでもなく、娯楽文化としての「映画」という表現の中で、しっかりとその意味と価値を表している。
      そのことが、本当に素晴らしいと思う。
      >> 続きを読む

      2015/08/15 by tkl

      「激動の昭和史 沖縄決戦 [東宝DVD名作セレクション]」のレビュー

    • 終戦関連の特番を子供と一緒に観ました。

      自分自身も戦争体験は無いものの、できる限り若い世代に伝えていきたいなぁと思っています。 >> 続きを読む

      2015/08/16 by ice

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    激動の昭和史 沖縄決戦 [東宝DVD名作セレクション]

    激動の昭和史 沖縄決戦 [東宝DVD名作セレクション] - 岡本喜八 | 映画ログ
    ASINコード:B00T9N5J9G
    JANコード:4988104096784

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画