こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

『あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 旅の重さ』 [Blu-ray]

監督: 斎藤耕一
キャスト: 高橋洋子 , 高橋悦史 , 横山リエ , 中川加奈 , 秋吉久美子
形式: Blu-ray 91分 Color
定価: 3,564 円
発売元: 松竹

    『あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 旅の重さ』 [Blu-ray] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0 切ない クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      日本のクロード・ルルーシュこと、映像叙情派の斎藤耕一監督の「旅の重さ」は、当時、覆面作家などと言われ話題を呼んでいた、素九鬼子の同名小説を映画化した作品で、主演の高橋洋子の初々しい演技が素晴らしい。

      貧しい絵描きで男出入りの多い母親(岸田今日子)や、学校生活が嫌で家を飛び出した16歳の少女(高橋洋子)が、四国遍路の一人旅に出る。

      痴漢に遭ったり、旅芸人の一座に加わってレズビアンを経験したりして少女は、自分の中にある何か割り切れないものを探っていく。

      旅の出来事が、スケッチ風な美しい映像で展開する。
      ところどころに、母親に送る手紙のような、少女の瑞々しいモノローグが入り、真っ青な夏の空に吸い込まれていく。

      結局、少女は中年の行商人(高橋悦史)と夫婦生活に入る。

      吉田拓郎の「今日までそして明日から」が流れる中、まだ初々しい高橋洋子が、山間の田園を歩く姿が、名手・坂本典隆の流麗なカメラワークによる美しい撮影で捉えられていて、新鮮で瑞々しい感動を与えてくれる。

      身体も心も大人に移りつつある少女の不均衡な精神と、その反面にある女としての本性が見事に描かれた作品だと思う。
      >> 続きを読む

      2019/12/03 by dreamer

      「『あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 旅の重さ』 [Blu-ray]」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    『あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 旅の重さ』 [Blu-ray]

    『あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 旅の重さ』 [Blu-ray] - 斎藤耕一 | 映画ログ
    ASINコード:B00V5EKWIK
    JANコード:4988105103719

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック