こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ブラック・ビートル

監督: ジョン・アラーダイス
キャスト: ダニエル・コスグローヴ , ミッキー・ローク , ティム・トマーソン , デニス・ボウトシカリス , ケン・ラーナー

    ブラック・ビートル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 2.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
       



      『ぞろぞろ ざわざわ出るのは甲虫ではありません』

      自宅にて鑑賞。日本劇場未公開作で原題"They Crawl"。エスピオナージを隠し味にミステリータッチで進行し、モンスター的な要素は附け足し程度。冒頭、「10分も話してオチが無いのか」と云う科白が気に入った。終盤におまけ程度の扱いでそれっぽいのが登場するが、邦題とは裏腹に終始、出て来るのはビートルでなく、コックローチである。物語の規模や展開に較べ、全体の仕上がりは小粒感に満ちており、モンスター・パニックを期待すると、間違いなく肩透かしを喰らってしまう。ただそこ迄、嫌いになれないのは、単なる個人的嗜好であろう。55/100点。
       
      ・恐らく初見だと思われるが、“ジーナ・オバノン”のT.デイヴィス、都会的な雰囲気を醸し出ている上、擦れた感じもあり、なかなか佳かった。その上司“リゲッティ”のB.ギロリもそれっぽく、悪くない。儀式と称し、手足を切断し、内臓を抉るカルト教団“トリリオン”と云うミスリードがあり、教祖タイニー・フェイクス”役としてキャスト陣で唯一の大物、“M.ロークが顔を出している。
       
      ・しっかりとした派手な爆発シーンが三度出て来るが、実は全て他作からの流用である。登場順に紹介すると、夜間、ビルの最上階、C.ハンプトン演じる“ブライアン・"ビーン"・ゲイジ”宅の爆破は『ラッシュアワー('98)』より、続いて警官二人が巻き添えを喰うB.カラーの軍事機密を扱う謎の男“ラザラス”宅シーンでは『ラスト・アクション・ヒーロー('93)』、クライマックスの夜間に倉庫が吹っ飛ぶシーンは『チェーン・リアクション('96)』からである。更に爆破ではないが、冒頭のバスが暴走するシーンの一部は、『シュワルツェネッガー/レッドブル('88)』から流用されている。


       
      >> 続きを読む

      2019/04/30 by 三多羅 格

      「ブラック・ビートル 」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    ブラック・ビートル

    ブラック・ビートル - ジョン・アラーダイス | 映画ログ
    ASINコード:B011FKXGOK
    JANコード:4532318002491

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画