こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

吹替洋画劇場 『バイオハザードⅡ アポカリプス』デラックス エディション(初回限定版) [Blu-ray]

ジャンル: アクション
監督: アレクサンダー・ウィット
キャスト: ミラ・ジョヴォヴィッチ , シエンナ・ギロリー , ジャレッド・ハリス , オデッド・フェール
形式: Blu-ray 98分 (2枚組) Limited Edition
定価: 6,765 円
発売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

    吹替洋画劇場 『バイオハザードⅡ アポカリプス』デラックス エディション(初回限定版) [Blu-ray] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 3.0 ハラハラ

      最初の映画は、けっこう面白かった。
      ゲームをしていない私でも、楽しめました。
      ただ、主人公がやっとの思いで外に出たら、街はすでにウイルスに汚染され荒廃していたというエンディングは、この手の映画にしては主人公に厳しすぎて、なんだかなあという感じでした。

      今回の映画の特に前半は、シエンナ・ギロリー演じるジル・バレンタインが実質的な主人公。
      ミラ・ジョボビッチもバイクに乗って格好良く出現しますが、それまでにジルの丸出しの背中に見とれて彼女に肩入れしてしまっているので、ミラが出てきても「オオ、待ってました!」という感じがあまりしない。
      どうもこの映画では、カッコよくキメるはずのシーンが、いまいち決まってないような気がします。
      ミラが強化されたのはいいんだけど、ネメシスとの戦いは、まるでターミネーター3のアンドロイド同士の戦いみたいで、画面的には面白いけど、関心はどうしてもセクシーな人間ジルのほうにいってしまうんですね。

      今回のエンディングも、また苛酷。続編のためにそういう終わり方にしたんだろうけど、主人公をもてあそびすぎなんで、逆に、こんなことまだ続けるの~と思ってしまい、後味があまりよろしくない。
      まあ2作とも、そこそこ楽しめたんだけど、もういいかな。私は3作目はたぶん行かないと思います。
      >> 続きを読む

      2018/12/17 by Raven

      「吹替洋画劇場 『バイオハザードⅡ アポカリプス』デラックス エディション(初回限定版) [Blu-ray]」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    吹替洋画劇場 『バイオハザードⅡ アポカリプス』デラックス エディション(初回限定版) [Blu-ray]

    吹替洋画劇場 『バイオハザードⅡ アポカリプス』デラックス エディション(初回限定版) [Blu-ray] - アレクサンダー・ウィット | 映画ログ
    ASINコード:B011TW9OX6
    JANコード:4547462047939

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画