こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ボヴァリー夫人 [DVD]

ジャンル: ドラマ , エロス
監督: ソフィー・バルテス
キャスト: ミア・ワシコウスカ , リス・エヴァンス , エズラ・ミラー , ローガン・マーシャル=グリーン , ポール・ジアマッティ
形式: DVD 119分 Color , Dolby , Widescreen
定価: 4,104 円
発売元: TCエンタテインメント

    ボヴァリー夫人 [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 2.0

      基本不倫小説なので、ボヴァリー夫人となる段階で夫は堅物なのは分かる。
      そこで若き青年や侯爵と情事を重ねていくのだが、次第にその浪費癖が重くのしかかっていく。

      ほとんど昼ドラみたいな不倫劇だが、取り合えずドロドロな感じになってないのは主演のミア・ワシコウスカの清楚な容姿に他ならない。
      ただし彼女の我儘にしか見えない部分も多々。

      窮地の果ての神頼み的な金策も浅ましいことこの上ない。
      所詮は遊びであり、本気でのめりこむと危険ということか。
      >> 続きを読む

      2019/01/22 by オーウェン

      「ボヴァリー夫人 [DVD]」のレビュー

    • 3.0 切ない

      ジャケットとキャッチコピーに惹かれて借りた。
      タイトルがシンプルでわかりやすい。
      満たされないと孤独だよな~と思いつつ。
      原作で読みたい濃厚な内容だった。

      2017/11/04 by pink-tink

      「ボヴァリー夫人 [DVD]」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「不倫して 贅沢三昧 自業自得」

      ボヴァリー夫人とパン屋を見たので元ネタが気になりました。φ(..)


      修道院出の夢見がちな少女エマは、情熱的かつ華やかな結婚生活を夢見て年上の医師チャールズ・ボヴァリーと結婚する。しかしその生活はエマが思い描いていたようなロマンティックなものとは程遠く、静かな田舎町と退屈な夫の存在は次第に彼女の心に暗い影を落としてゆく。やがて心の隙間を埋めるかのように、エマは知人の紹介で知り合った美しい青年レオンに惹かれてゆく…というお話。

      文学史上最高傑作の不倫小説ということですが、ホントですか?(;・∀・)あくまで文学でだから活字で読めばそうなのかもしれないけど、映画としてはこの俳優陣を揃えてこのくらいならむしろフツー。(^^;特にあのエズラ・ミラーがフツー。((((;゜Д゜)))

      ミア・ワシコウスカは確かにキレイだけど、「ボヴァリー夫人とパン屋」であのムチムチなジェマを見てしまったら、スレンダーな彼女ではエロさ半減(。´Д⊂) せっかくヌードや濡れ場頑張ったんだけどね。

      自分的には男に都合よく扱われて、考え無しに借金して贅沢した可哀想(バカ)な女くらいのイメージしか残らなかったです。(ー_ー;)経験者としては不倫にロマンティックなものを感じないので。むしろ旦那の気持ちがよく分かる(。´Д⊂)そもそも変化を求めて結婚という選択肢が間違ってる。

      自分が昼ドラに向いてないのを再確認しました。(-_-).。oO

      クリス・エヴァンスがいたのかと思ったら、リス・エヴァンスだった(;・∀・)紛らわしいな〜。
      >> 続きを読む

      2016/11/28 by Jinyuuto

      「ボヴァリー夫人 [DVD]」のレビュー

    ボヴァリー夫人 [DVD]

    ボヴァリー夫人 [DVD] - ソフィー・バルテス | 映画ログ
    ASINコード:B01J9OH2TE
    JANコード:4562474175296

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画