こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

狼の血族 [Blu-ray]

ジャンル: ホラー
監督: ニール・ジョーダン , アンジェラ・カーター(原案)
キャスト: アンジェラ・ランズベリー , サラ・パターソン , スティーヴン・レイ , デヴィッド・ワーナー , テレンス・スタンプ
形式: Blu-ray 95分 Subtitled
定価: 4,860 円
発売元: 復刻シネマライブラリー

    狼の血族 [Blu-ray] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      アボリアッツのファンタスティック映画祭で審査員特別賞を受賞した「狼の血族」は、グリム童話の「赤ずきんちゃん」をベースにした、思春期の少女の妄想ホラー・ファンタジーの傑作だ。

      屋根裏の自室のベッドでうたた寝をしていた少女ロザリーンは、ふと気がつくと中世の森に迷い込み、森に住む祖母から、狼にまつわるさまざまなエピソードを聞かされる。

      狼は男や娘に変身し、村人たちに次々と襲い掛かっていく。冬のある日、ロザリーンは祖母の家を訪ねて行くが、狩人に変身した狼が先回りしていた------。

      ここでの少女の夢想は、美しい姉を狼に喰い殺させることにはじまり、循環する迷路のように入り口と出口が重なって進行するが、狼=男=性=恐怖=憧憬といった少女特有の連想ゲーム的な"暗い欲望"が、残酷かつ官能的に映像化され、狼にまつわるいくつものエピソードの連繋も、実にスリリングだ。

      とにかく、少女のエロティックな夢の造型が、めくるめくほど官能的なのだ。そして、狼を媒体にした"性と死のイメージ"が、いくつものエピソードで繋がって描かれていくわけだが、スタジオにセットを組んでの撮影だけあって、画面的密度の濃さにまず驚かされ、人工的な木や森が迷路のように出口を塞ぎ、中世の村人たちの風俗や衣裳も本格的で素晴らしい。

      この映画は、大人が観た方がより楽しめ、性的な比喩が痛快で、グリム童話の"グロテスクな毒"がきちんと引用されているのも嬉しい。

      狼から男へ、男から狼へ、さらに村娘が狼に変身する時の特殊メイクとSFXもダイナミックで驚くほど迫力があり、イギリス怪奇映画の伝統も引き継ぎ、性的シンボルとしての狼の具象化は、かつてなく生々しい。

      そして、グロテスクな中世的な雰囲気も秀逸で、残酷さが官能性と背中合わせになっている。

      少女の夢は何層にも重なり、"恐怖とタブー"は次々と破られ、狼は殺されても、殺されても、変幻自在に男や娘に化け、また村人たちに襲い掛かってくるのです。

      残酷で悪意に満ちたホラー・ファンタジーの傑作だ。
      >> 続きを読む

      2017/09/13 by dreamer

      「狼の血族 [Blu-ray]」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員


    狼の血族 [Blu-ray]

    狼の血族 [Blu-ray] - ニール・ジョーダン,アンジェラ・カーター(原案) | 映画ログ
    ASINコード:B06XNRHX49
    JANコード:4589609949058

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画