こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

キングコング(1976) [DVD]

ジャンル: 外国映画
監督: ジョン・ギラーミン
キャスト: ジェフ・ブリッジス , ジェシカ・ラング , チャールズ・グローディン
形式: DVD 134分 Color , Dolby , Widescreen
定価: 1,620 円
発売元: KADOKAWA / 角川書店

    キングコング(1976) [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      1933年に製作されて大ヒットを記録して以来、巨大怪獣映画の伝説的な存在となっていたキングコングが、その後あらためて、大々的な規模で復活した1976年版の「キングコング」。

      製作は、当時の大プロデューサーのディノ・デ・ラウレンティス、監督は「タワーリング・インフェルノ」で大ヒットを飛ばしたジョン・ギラーミン、脚本は名手ロレンゾ・センプル・ジュニアという実力派だ。

      さすがに、四十余年間の技術の進歩はめざましい。
      人形アニメ方式で、動きがぎくしゃくしていた前作のコングに対して、この映画ではリモート・コントロールで動かす部分や、ぬいぐるみ式による全身を巧みに組み合わせ、非常にスムースな感じを出している。

      特に、顔の表情が豊かで、これがヒロインのドワン(ジェシカ・ラング)に対するコングの細かい心理表現を可能にし、"美女と野獣"というテーマの強調に役立っている。

      コングは、ドワンを手の平にのせて滝を浴びさせ、さらに滝壺で水浴させてから、また拾い上げ、乾かすために息を吹きかける。

      すると、ドワンの表情が次第に恍惚となっていく。
      この場面は、"美女と野獣"のエロティシズムの象徴として表現していて、その後、コングが捕まってからは悲劇的なムードが強まっていく。

      巨大なタンカーの船倉に監禁されたコングが、舞い落ちて来たドワンのスカーフに興奮して暴れ出し、彼女に静められて、諦めたように眠りにつく一幕も見せ場になっている。

      そして、ラストのニューヨークのスタジアム。
      暴れ出したコングが、高架電車を破壊し、ドワンをさらって世界貿易センタービルの屋上に昇り、三台のヘリコプターの機関銃と闘って、死んでいくまでのお待ちかねのスペクタクルとなる。

      だが、前作より散文的で、機械的な印象が強く、コングにも凄味が感じられないのは、やはり文明が発達したせいかもしれない。
      そして、ラストに前作ほどの哀れさが感じられなかったのも、残念な気がしました。
      >> 続きを読む

      2020/06/11 by dreamer

      「キングコング(1976) [DVD]」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    キングコング(1976) [DVD]

    キングコング(1976) [DVD] - ジョン・ギラーミン | 映画ログ
    ASINコード:B071W2SJ5M
    JANコード:4988111293510

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画