こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

デス・フロア [DVD]

ジャンル: ミステリー・サスペンス , ホラー
監督: ダニエーレ・ミシシチア
キャスト: アレッサンドロ・ロヤ , クラウディオ・カミッリ , エウリディーチェ・アクセン , ベネデッタ・チマッティ
形式: DVD 103分 Color , Dolby , Widescreen
定価: 4,104 円
発売元: ギャガ

    デス・フロア [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
       よくこういう妄想をする映画。します……よね?自分だけ?
       ストーリーは、ソリッドシチュエーションのゾンビもの。エレベーター内に閉じ込められることで、パンデモニック中なのに主人公のクラウディオが安全というのはいいアイデア。ワンアイデアで100分超えの尺なので若干ダレはあるものの、ほぼ舞台がエレベーター内という割にはダレていない。シチュエーション的に仕方ないしね。最初は不遜な男に見えたクラウディオが弱さを曝け出していき、一人の人間としての彼が見えてくるのは面白い。
       ホラー的にはやはりゾンビとエレベーター内の閉塞感なのだが、上記の通りエレベーター内のほうが安全なので、お互いの恐怖を削いでしまっている印象。警官のマルチェッロが天板を外して入ってきて、しかもゾンビに噛まれているとわかったときには期待したけれど、意外とあっさり終わってしまった。受動的にならざるを得ないシチュエーションにクラウディオが精神的に疲弊していく様は良かったかな。
       他にも気になるところはあったけど、個人的には見てよかった作品。
      >> 続きを読む

      2019/12/02 by 僕川獺

      「デス・フロア [DVD]」のレビュー

    • 3.0

      いつもの出勤風景.ワンマン経営者らしく傲岸なヴェローナ.途中で止まるエレベーター.機内から緊急連絡するも要領を得ない.20cmほどしか開かないドア.その隙間から観える光景はいつもと違っていた・・・こんばんわ三遊亭呼延灼です.
      そのわずかな隙間のせいで外に出られない.
      そのわずかな隙間のおかげで奴らは入ってこられない.
      つまりエレベータの中のヴェローナは外の出来事に対して観察するしかない.目の前で助けを求めている人に対して無力だし,たまに侵入を試みようとする奴らの撃退数も極僅かです.このシチュエーションのみで,尺100分の「ダレ」が気にならない作品をまとめ上げた構成力は評価いたします.
      逆に言うとヴェローナさんが物語に積極的に関わるわけではない,偶然新人女性社員が前を通りかかり,偶然お局OLが通りかかり,偶然同僚が前を通りかかる.そしてそれぞれが勝手に襲われていく.機内から手を伸ばそうにも,もはや届かない.さらには,絶対的に安全な領域にいるから,襲撃される緊張感もない.えっ!何それ.つまんなそう,と思われた御仁は避けて通るがよろしかろう.
      >> 続きを読む

      2019/10/09 by 叡福寺清子

      「デス・フロア [DVD]」のレビュー

    • 0.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      テンポと間がゆっくりしてるなぁという印象。
      エレベーターに閉じ込められ、出る為に少しだけ力ずくで扉を開けたとこから外の世界が見えるのはいい設定だと思ったけどなー。
      スマホは電池あるし、動画とか見ちゃえるし。
      同じ職場の仲間が次々被害に遭うのを見てしまう環境もメンタルによくなさそうだけど。

      せっかくエレベーターなら、引っかかってた何かを取り除いたら箱が動いて腕か首や胴体がちぎれるとかその位は。
      あと最後END?なら武器捨ててふらふらと歩き出すラストもなんか違和感感じたけど、閉所にずっといてあの状況ならそういう心理状態になるか。
      イタリア製らしいのでゾンビ系モンスターへの先入観が違うのかもしれん。
      ラストの方に出てきた下半身特殊造形系モンスターを作りたかったのかなーとか思ってしまった。
      >> 続きを読む

      2019/09/06 by shiduka

      「デス・フロア [DVD]」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「安全な ゾンビ映画も 珍しい」

      予告が気になって観てみました。φ(..)

      クラウディオはクライアントとの重要なミーティング直前に、オフィスのエレベーターに閉じ込められてしまう。彼は一刻も早く脱出しようと試みるが、救助が来る気配もない。わずかに開いたエレベーターのドアの隙間から外の様子を窺っていると、どこからともなく女の悲鳴が…。なんと、彼が閉じ込められている間にエレベーターの外では伝染性の高い謎の致死ウィルスが蔓延し、人々を凶暴なゾンビへと変えていたのだ…というお話。

      いわゆるゾンビ系ですが、今までにないスリルと安全性の保証された作品ですね。(;・∀・)

      いくらゾンビが侵入出来ないとはいえ、脱出出来ない恐怖と、同僚や家族がやられていく精神的な削りは参りますね。f(^_^;

      自分ならどうするかな〜?(._.)主人公は閉所恐怖症みたいだから出たがったけど、動じない心を持っていれば救助されるまで待機もありだな。( ̄▽ ̄;)痩せたゾンビが来たらアウトだけど。でもパワーがあるタイプのゾンビだったら身体が千切れても侵入してきそうな気もする。f(^_^;


      むしろ一番ドキドキしたのはラストの10分くらい・・・(;´Д`)主人公がクズだけに死ぬのか?死なないのか?みたいな。


      この作品でも『ゾンビどこまで食べるの?』問題は解決しませんでしたね。( ゜ρ゜ )

      気になるセリフ
      『私はいい人間じゃない』

      んでまず(^_^)/~~
      >> 続きを読む

      2018/09/18 by Jinyuuto

      「デス・フロア [DVD]」のレビュー

    デス・フロア [DVD]

    デス・フロア [DVD] - ダニエーレ・ミシシチア | 映画ログ
    ASINコード:B07DPSV7G6
    JANコード:4589921407885

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画