こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

バッド・ジーニアス 危険な天才たち [DVD]

ジャンル: ドラマ
監督: ナタウット・プーンピリヤ
キャスト: チュティモン・ジョンジャルーンスックジン , チャーノン・サンティナトーンクン
形式: DVD 130分 Color , Dolby , Widescreen
定価: 4,104 円
発売元: マクザム

    バッド・ジーニアス 危険な天才たち [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      タイのカンニング映画という事くらいしか事前情報無しでのレンタル鑑賞なので、期待値は高く無かったのですが…

      初っ端から観入ってしない、終始ハラハラ、ドキドキ、手に汗握りっぱなしでした(^O^)/
      ハリウッドのSF大作などとは違う、身近で生活感溢れるハラハラ感に溢れています。そして、主人公の天才高校生リンの心情の変化や父親の存在、もう1人の天才バルクの逆の意味での変化が考えさせられます。

      金持ちの息子やその彼女の、悪気無く人を利用する、お気楽で自分勝手な行動やその場だけの言動なんかも軽く描かれてますが…中々酷いものがあり、考えてしまいます(°_°)

      ラストは意外でしたが、良い終わり方だと思います(^^)
      予想外に面白い作品でした!
      >> 続きを読む

      2019/03/10 by モリモリ

      「バッド・ジーニアス 危険な天才たち [DVD]」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「金持ちは 苦労を金で 売っている」

      予告が気になって観てみました。φ(..)

      小学校、中学校と優秀な成績を収め、その頭脳を見込まれて進学校に特待奨学生として転入を果たした女子高生リン。テストの最中に友人のグレースをある方法で手助けしたリンの噂を耳にしたグレースの彼氏パットは、試験中にリンが答えを教え、代金をもらうというビジネスを持ちかける。さまざまな高度な手段を駆使し、学生たちは試験を攻略。リンの売り上げも増加していった。そして多くの受験生の期待を背に受けたリンたちは、アメリカの大学に留学するため世界各国で行われる大学統一入試「STIC」攻略という巨大な舞台に挑むが…というお話。

      中国で本当にあったカンニングを基にした作品らしいですね( ´_ゝ`)

      結局『勉強ができる』=『お金が稼げる』ではないですし、学問をとことん突き詰めようとする人は大抵貧乏です。。(*_*;伊映画の『いつだってやめられる』でもそうでしたし。

      ここに出てくる金持ち連中は『学歴』というブランドが欲しいだけ。((((;゜Д゜)))勉強なんかしなくてもお金があるし、出来ればしたくない。

      カンニングにあそこまで心血を注ぐくらいなら勉強すればいいのに…(´д`|||)と言ってもそれほど難しいんでしょうね。

      リンに3回くらいカンニングの神が降りてきた瞬間がありましたね。(・・;)ああいうのが良い方に傾けばよかったんですが…。元々は友達のために始めたことですし。

      バンクの変わりようが何とも言えないですよね…(゜ロ゜;お金が悪いのか、世の中には仕組みが悪いのか…(*_*;



      最終的にその勉強したことをどれだけ『人のため』に生かせるかというのが大事だと思うんですが、自分の生活を犠牲してまでやれる人って少ないですよね。(´・c_・`)結果が出ないことも多いですし。

      自分がやってることが『意味がない』と思わないように、それでいて安易に稼げる方法に流されないように教えなきゃいけないですな。m(__)m

      人に対して後ろめたいことをするのは、結局自分の首を絞めることになると知っておくべきですね。(-_-)゛

      気になるセリフ
      『こっちが騙さなきゃ世間に騙されるわ』

      んでまず(^_^)/~~
      >> 続きを読む

      2019/02/25 by Jinyuuto

      「バッド・ジーニアス 危険な天才たち [DVD]」のレビュー

    バッド・ジーニアス 危険な天才たち [DVD]

    バッド・ジーニアス 危険な天才たち [DVD] - ナタウット・プーンピリヤ | 映画ログ
    ASINコード:B07MJ97JMR
    JANコード:4932545988740

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画