こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

旅猫リポート [DVD]

ジャンル: ドラマ
監督: 三木康一郎
キャスト: 福士蒼汰 , 高畑充希 , ナナ , 広瀬アリス , 大野拓朗
形式: DVD 118分 Color , Dolby , Widescreen
定価: 4,104 円
発売元: 松竹

    旅猫リポート [DVD] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 4.0 切ない

      動物好きではないので軽い気持ちで見たが、期待以上に話が切なかった。
      福士蒼汰演じる主人公が猫のナナを家族のように大切にしている。それだけのほんわかした話と思いきや、主人公の抱えている過去やそれを含めてのナナへの愛情。そして、ナナのひとりがたりで語られる猫から感じる福士蒼汰への愛情もじわじわ感動させられる。
      彼らを見守る叔母である竹内結子。
      ラストへの展開にこの二人と猫のナナに不覚にも泣かされてしまった。

      2020/05/10 by SIORI

      「旅猫リポート [DVD]」のレビュー

    • 2.0

      近年邦画は全く興味がないが母に勧められて鑑賞。
      感動系動物モノは中学生の頃に映画館で友人とタイトル不明だが犬の映画を観に行ったのがおそらく最後で、当時の感性のままなら純粋にこういうものには弱いため大泣きしていたのだろうが、感性が変わったのか、コンディションが悪かったのか、他に動物モノを見比べていないためこの映画だけに問題があったのか現在は動物モノ全般にそうなのかはわからないが心は動かされなかった。
      まず、直近でtwitterにて「猫は大好きだけど、猫に人間の勝手な吹き出しやセリフをつけて勝手なモノローグで語らせる番組が大嫌いだから見ない」というようなツイートをRTで目にし、自分もこれだなあ、と共感していたのがかなり大きい。最初からキャラクターとして動くCGやフィクションの世界、例えば長靴をはいた猫だったり、こういうものは全然違和感はないけど、実写のモノホンのただの猫が喋っているのは正直どうかと思う。
      彼らは人語とは違う次元を生きているからこそ尊い生き物なのだ。
      終始ずっと猫のうるさいモノローグを聞かされ続け、この声無くてもある程度物語の筋は通るんじゃないか?と思えるほど。特に猫と犬が言い争いをしているシーンはうるさいという感想しかなかった。
      物語としては、不治の病の主人が飼い猫の拾い先を探すもあてはなく、猫も主人と離れる気はなく、最期まで義理堅く一緒に寄り添った、というような内容。
      せっかくの感動シーンなのに病院の看護婦さんのセリフにも不快感があった。病室にすでに猫は連れ込まれてしまい、それを一度は容認しているのに、この際体裁なんて気にする必要性を全く感じない状況で、取ってつけたようにさっさと追い出してみたいな発言をされて、言い方もうちょっと何かあったんじゃない?というモヤモヤした気持ちにさせられた。
      猫のほうは、主人に心配かけたくないわりに車から勝手に居なくなって本気で主人を悲しませるようなことをするし、なまじ人間のようにモノローグがある分、他人の気持ちを全く考えられない行動をするのが理解出来ない。
      これがモノローグがなければ、猫の気ままな行動だと割り切れるので見つかってよかったと純粋に一緒に安心できるだろうシーンだったろう。
      色々と微妙な部分しかなく、惜しい作品だった。
      >> 続きを読む

      2019/10/09 by yonami

      「旅猫リポート [DVD]」のレビュー

    • 3.0 切ない

      テレビでやってたのを見ました。
      原作は読んでますが劇場鑑賞はやめときました。

      まぁこんなもんでしょう。
      猫がかわいいね。

      うちの猫も同じ白黒のハチワレなんで他人とは思えない。いえ、他猫とは思えないww

      (allcinema)
      人気作家・有川浩の同名ベストセラーを「曇天に笑う」「BLEACH」の福士蒼汰主演で映画化した感動ロード・ムービー。やむにやまれぬ事情で別れなければならなくなった1匹の猫とその飼い主の青年による、新たな飼い主探しの旅をハートフルに綴る。共演は広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介。また、猫のナナの声を高畑充希が務める。監督は「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」「覆面系ノイズ」の三木康一郎。
       野良猫として誇りを持って生きてきたナナだったが、車にひかれて大ケガを負ったときに、猫好きの優しい青年・悟に助けられ、以来、悟の猫となる。悟の深い愛情に包まれ、幸せな日々を送るナナ。ところが一緒に暮らして5年、悟はある事情でナナを手放さなければならなくなる。そこでは悟はナナと一緒に愛車に乗り、新たな飼い主を探す旅に出るのだったが…。
      >> 続きを読む

      2019/08/25 by motti

      「旅猫リポート [DVD]」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      主人公のサトルがあまりに可哀想で観ていて辛かったです。

      彼は両親を小学校の修学旅行中に事故で亡くし(しかも両親と血が繋がってなかったと後で知る)それが理由で最初に育てた猫のハチと離れて暮らす事になり、やっと会えるって時にハチも亡くなり、また新しく家族になった猫のナナと楽しく暮らしてたら今度は自分が病気で死ぬなんて・・
      このサトル君すごくいい子なんですよ。好青年なんです、ホントに!
      なんでこんなに彼ばかり不幸が襲うのか・・

      猫のナナもちょっと喋るのは正直いらんなとも思いましたが、それでも凄く可愛いし毛がモフモフで癒されるのに、福士君の顔を見るとなんかめっちゃ悲しくて癒しが半減しました。
      >> 続きを読む

      2019/08/22 by saruwatari

      「旅猫リポート [DVD]」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「いい奴には 仲間も猫も ついて来る」

      TVでやってたので観てみました。φ(..)

      野良猫だったナナは交通事故に遭ってしまい、猫好きの人のいい青年・悟に救われる。その後5年間、ナナは家猫として悟と仲良く暮らしてきたが、ある事情から彼は愛猫を手放す決意を固める。そして新たな飼い主を見つけるため、彼らは悟の親友や初恋の相手などを訪ねる旅に出る…というお話。

      猫に癒されようと思ってふと観た映画だったけど、割と重めの内容で全然違うイメージだった(゜ロ゜;

      旅猫リポートってくらいだから、『猫侍』の現代版みたいな感じなコメディロードムービーと思ってる人は注意(;゜∇゜)

      猫のナナの仕草はもちろんだけど、猫の声が高畑充希というのも魅力の1つかな。( ̄ー ̄)


      それにしても悟の人生は一筋縄でいかなすぎだな…Σ(´□`;)

      でもそんな人生でも猫がいたことで救われたということか…(。´Д⊂)

      別に人と関わりが無かったわけじゃない。むしろ濃い仲間がいた。


      猫重視というわけではない映画でしたね。(・ε・` )






      んでまず(^_^)/~~
      >> 続きを読む

      2019/08/11 by Jinyuuto

      「旅猫リポート [DVD]」のレビュー

    もっとみる

    旅猫リポート [DVD]

    旅猫リポート [DVD] - 三木康一郎 | 映画ログ
    ASINコード:B07N85V1F7
    JANコード:4988105075504

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画

    最近チェックした映画