こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ふたりの女王 メアリーとエリザベス ブルーレイ+DVD [Blu-ray]

ジャンル: ドラマ
監督: ジョージー・ルーク
キャスト: シアーシャ・ローナン , マーゴット・ロビー , ジャック・ロウデン , ジョー・アルウィン , デヴィッド・テナント
形式: Blu-ray 125分 (2枚組) 色 , ドルビー , ワイドスクリーン
定価: 4,309 円
発売元: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

    ふたりの女王 メアリーとエリザベス ブルーレイ+DVD [Blu-ray] の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      当時のイギリス雰囲気に酔うことができるのは良い。あまり華やかでない空気と硬い雰囲気は発展以前のイギリスという雰囲気。その微調整としてカトリックのメアリーはもう少し華やかでも良かったかな。美しき女王メアリーの清楚で強いイメージで作り上げてはいるが、男に頼る弱さ。それが女性ということかもしれない。男も欲に惑いメアリーを利用し、王という幻想に囚われる。女性としてはメアリーに勝てないエリザベスは女性を捨て、政治力という男の力で強くなる。醜い変わりに高潔な女王としてのエリザベス。その意味では周りの男にこそ、明暗を分けたのかも。「私は貴方の妻のような物」と言い切ったバーリ男爵のような人がメアリーにはいなかった。もしくは美しく誇り高いメアリーは、隣に立つ強い王と言う酩酊感でも覚えさせたのかもしれない。そう考えれば翻弄させたのは男ではなく、メアリーの美しさになのかもしれない。しかし、二人の女王と言うには二人の政治的に、ウェールズとイングランドの国土の違いなどを見せてほしいかな。一番に違うというのはカトリックとプロテスタントかどうかという所はアジア圏ではわかりにくいのが残念。しかし、なんというかイングランドとウェールズは一つだという政治的意図がチラリと見えるは残念だな。 >> 続きを読む

      2020/02/28 by 無月斎

      「ふたりの女王 メアリーとエリザベス ブルーレイ+DVD [Blu-ray]」のレビュー

    このアイテムを最近、ラックに追加した会員

    ふたりの女王 メアリーとエリザベス ブルーレイ+DVD [Blu-ray]

    ふたりの女王 メアリーとエリザベス ブルーレイ+DVD [Blu-ray] - ジョージー・ルーク | 映画ログ
    ASINコード:B07T4J2GX6
    JANコード:4988102796693

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    レビューのある映画