こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)


みんなのコメント

最近コメントされた映画レビューをご紹介しています。
気になる映画レビューにコメントを書いたり、「いいね!」をしてみましょう。
会員登録をして自分だけのマイラックを作ったり、映画レビューを書こう!
かんたん会員登録はこちら

みんなの映画レビューはこちら!

新しくコメントされた映画レビュー

    サブウェイ・パニック
    • 評価なし

      ニューヨークの地下鉄をハイジャックした犯人と鉄道警察官の攻防を描いた40年前のクライム・サスペンス。日頃、演出過剰な最近のパニック・サスペンスを見慣れているためか少々刺激が足らない気はするが、起こった出来事の深刻さとは逆に、落ち着いた雰囲気で進んでいく話が逆に新鮮で面白かった。ラストもいいですね。

      2016/03/23 by おにけん

      「サブウェイ・パニック」のレビュー

    • 当時は、これが斬新だったんでしょうね。私も新鮮でした

      2018/08/12 by TinkerBell

    • Tinkerbell様>コメントありがとうございます。この作品をリメイクしたのがデンゼル・ワシントンの「サブウェイ1・2・3」だった気がします。こちらはパニック部分が強調されていて、この映画とは雰囲気が違っています。リメイク版から先に見たので、こういう感想が出てきたのだと思います。機会があれば、リメイク版とこの作品を続けて見て比べてみようかなと思います。 >> 続きを読む

      2018/08/12 by おにけん

    ナインスゲート
    • 2.0 笑える

      思わしげなタイトルと、始まった時のアカデミックな雰囲気から、高尚な作品なのかと思って見ていたら、すごいB級。ちょっと笑った。

      ヨーロッパの田舎、いいなぁ! 旅心がすごくそそられた。
      ああいう朽ち果てたお城とかめぐりながら、適当な旅ができたらなぁ…なーんてことを考えながら、思いっきり上の空で見ていたせいか、細かいところが意味不明で、何回も戻っては見、戻っては見、を繰り返し、でも結局よく分からず。
      正直言って、いろんなことの説明が下手な映画だったと思う。

      でも、私の認識能力にも問題があるかも。
      コルソが、挿絵を見比べて、絵が微妙に違う!ということを発見するシーンで、どこが違うのか、何回も何回も何回も見直さないと分からなかった。けっこう難易度高い間違い探しだと思ったのだけど。
      映画館で見た人、すぐ分かったのかなぁ?

      しかし、そうした話の分かりづらさを補って余りあるくらいに、役者たちがとても良かった。
      主人公は、ジョニー・デップにぴったりの、「ずっと困惑している男」。
      彼、もともとの顔が困り顔だから、ぴったり。神経質そうなのに、細かいことはあんまり気にしないという役柄がすごく合ってた。他の役者じゃ、こんなに「真面目コミカル」はできないと思う。
      英語版のWikiに、監督はデップのフラットな演技が気に入らなかったようなことがちらりと書いてあったけど、私はむしろそれがおかしくて良かったと思った。

      堕天使だかなんだかの謎の美女は、この世のものとは思えない超越した雰囲気があって、すごい。
      普通の人間モードから「超越者モード」へ接続が切り替わる時の顔の表情にぞくぞくした。あれってCG入ってたのかしら?
      これを見るだけでもこの映画を観る価値ありな気がする。
      見終わった後で知ったけど、監督の奥さんなんですね。
      ほんとに人間だったのか・・・。撮影終わったら普通に異界に帰って行ってそうだったよ。(笑)

      他にも、冷静な時とキレた時のギャップがすごいマダムとか、美女とは違う意味で謎めいていたセニサ兄弟とか、登場人物が誰もかれもおもしろくて良かったな。
      >> 続きを読む

      2018/04/26 by みけ猫

      「ナインスゲート」のレビュー

    • クセが強くて面白かったです^_^

      2018/08/12 by TinkerBell

    • そう言えば、ジョニー・デップが出演する映画って、だいたいクセが強めですね。
      今気づきました。(遅い?)
      見てからしばらく経ってますが、いろいろ気になるところが思い出されて、いまだにちょっと困惑する映画です。
      >> 続きを読む

      2018/08/12 by みけ猫

    マラソン [DVD]
    • マラソン [DVD]

    • ジャンル: ドラマ
    • 監督: チョン・ユンチョル
    • キャスト: チョ・スンウ, キム・ミスク, イ・ギヨン, ペク・ソンヒョン, アン・ネサン
    • 4.0 泣ける 元気が出る

      動物、子供、病気、禁じ手の映画の作り方は判っているけど、よかったし!

      2018/08/02 by motti

      「マラソン [DVD]」のレビュー

    • 日本版の二宮君のマラソンを見ていて、
      オリジナルを見てみたいなと思いつつ時間が流れてるw >> 続きを読む

      2018/08/10 by hana

    ミッドナイト・イン・パリ
    • 5.0 笑える 切ない 元気が出る

      劇場で鑑賞して、とっても気に入ってしまい、サントラをHMVで注文して、BDも購入してしまうくらい大好きな映画です。

      みなさんの様々なレビューにたくさんのことが書いてあるので、多くは語らないのですが、俳優さんたちとパリの風景と音楽と古き時代への憧れと、何回観ても飽きない映画です。

      それにしてもブロディさん、ずるすぎますよね。
      ダリおもしろすぎです。(笑)

      2018/07/31 by すえきち

      「ミッドナイト・イン・パリ」のレビュー

    • パリは街並みが絵になりますね。
      わたしも車で迎えにきてほしいです!

      2018/08/10 by sayonara-3

    • パリは素敵です。
      あの車に乗りたいですよね、本当に。
      でも、私の場合、ちょっと知識不足だから勉強しなきゃだめかも。(笑) >> 続きを読む

      2018/08/10 by すえきち

    リメンバー・ミー
    • 3.0

      評判が良いので、少々期待しすぎたかな〜
      吹き替えでも皆んな上手なのは、さすがディズニー。歌も耳から離れない〜
      メキシコの雰囲気や死生観には興味をもった。
      私も死んだ後は、あんな風に楽しく思い出して欲しい。

      2018/08/06 by sayonara-3

      「リメンバー・ミー」のレビュー

    • disney&Pixer の作品は、観るとなんだかんだいって、どれも楽しんでしまう自分がおります。きっと単純なんですね。(笑)
      ラテン文化は素敵ですよね。
      >> 続きを読む

      2018/08/08 by すえきち

    • ディズニー、ピクサーはさすが安定して面白いですね!単純だけど大人も楽しめるのが良いです。
      ラテンの明るさに憧れてしまいます。笑
      >> 続きを読む

      2018/08/10 by sayonara-3

    青夏 きみに恋した30日
    • 3.0

      20年以上旅先の恋だの田舎での一夏の恋だの憧れ続けてるから、雰囲気と景色の良さだけである程度楽しい

      ストーリーも思ったほど悪くなかった

      季節感のある作品好きだから興行大コケは残念

      2018/08/10 by tky

      「青夏 きみに恋した30日」のレビュー

    • コケちゃってるんですか、、この手の作品が多くてどうせ同じでしょ的にスルーされてしまうんでしょうか、、 >> 続きを読む

      2018/08/10 by メッシイ

    • コメントありがとうございます。

      夏休みなのに1上映10人入ってないような劇場がほとんどだと思います。200館以上の上映で16館の『カメラを止めるな!』に負けて動員11位でした。

      『ヒロイン失格』の作者で浜辺美波が出ている『センセイ君主』もいまいち入ってないですし少女漫画自体がもうダメだと思いますが、青夏は仰るとおり真新しさを感じないのが更に厳しそうです
      今夏は若い女性は山Pと少年漫画原作アニメのイケメンに夢中のようですね
      >> 続きを読む

      2018/08/10 by tky

    クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝 [DVD]
    • 3.0

      其処ゞ面白かった、クロスオーバー作品だが実際に見て居るのはスーパーガールとレジェンド・オブ・トゥモローだけなのだが、本作だけでも前作インベージョン同様楽しめる内容でした。

      2018/08/07 by されっく

      「クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝 [DVD]」のレビュー

    • アローとフラッシュ大好きな自分としては必見ですね。
      この存在を知りませんでした。
      りがとうございます!! >> 続きを読む

      2018/08/08 by すえきち

    • >すえきち さん
      コメント有り難うございます、主要キャラの各シリーズの放映時期(販売・レンタルを含む)が違うので本作のように纏めてもらった方が物語として分かりやすくて良です。
      只、一つの物語を各シリーズに分散させてしまった感は否めませんが・・・。
      >> 続きを読む

      2018/08/08 by されっく

    サイコ
    • 5.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ・『サイコ』を観た経緯(?)と音楽の話
      ずっと観たかった映画のひとつです。
      以前アメリカのユニバーサルスタジオで参加出来る、スタジオツアーの動画を見た際に、サイコに登場するモーテルと家
      が映っていて、それ以来サイコを見てみたいと思っていました。いつか実際にスタジオツアーに行ってみたいですね...あのサイコエリアでの演出を実際に見てみたいです。
      冒頭の、"ちょっと急いでる古畑○三郎"みたいなオープニングが好きです笑
      映画の中でハラハラするシーン、例えばマリオンの車を警察が追跡している時や殺人が行われる時などに流れているヒステリックな音楽は、『13日の金曜日』などのホラー映画で使われる音楽にかなり影響していると感じました。

      ・母親というテーマへの感想
      この映画の原作では、エド・ゲインの事件をモデルにしているそうですが、殺人鬼が出てくる作品では少なからずこの事件に着想を得ていることが多いですよね。
      エド・ゲインも然り、現実世界に存在したシリアルキラーたちや映画『13日の金曜日』のジェイソン、また『サイコ』の殺人者ノーマンなどにある共通点の1つは"母親という存在の大きさ"ではないかと思いました。母親がテーマに組み込まれた作品を見ると、映画『サイレントヒル』の「子供にとって、母親は神と同じよ」というセリフを思い出します。知識不足の為うまく言葉にできませんが、このセリフに、母親というテーマに対して私が感じることが表されていると考えたのでここで引用しました。

      ・印象に残ったシーンについて
      私が特に印象に残った、というかドラマチックだなと思った場面は、ライラが地下室でノーマンの母親を見るシーンです。(正確には地下室に行く場面ですね。)
      ライラが侵入したことに気づいたノーマンがサムを殴り倒し、屋敷に駆け込んで来た時ライラは地下室に繋がる階段に隠れます。ノーマンはまず2階を見に行ったので、逃げるならこの瞬間が最後のチャンスでした。しかし、ライラは逃げるより真実を知ることを選びました。玄関と地下室の扉がそれぞれ映り、意を決したライラがゆっくりと地下へ歩みを進める場面が、とても印象に残りました。
      シャワーシーンも怖かったですが、それよりも地下室でライラの悲鳴を聞いたノーマンが、母親の格好をして殺しにくる場面が1番怖かったです。あの表情は狂気そのものとしか言いようがないですね。

      ・メイキングの内容で面白かったこと
      衣装の色によるキャラクター性の表現や、感情、キャラクターの置かれた状況の暗示がこの映画でも使われていました。
      最初に殺されたマリオンの下着の色ですが、最初は白で、お金を盗んだ後は黒になっていました。色々な映画でこの手法が使われているのだろうと思いますが、私が印象に残っているのは『クリムゾン・ピーク』でのキャラクターの性格の対比にドレスの色を工夫していたことですね。
      他にも、ノーマンが母親の格好をする時に着ている服についてですが、あの衣装はおばあさんなのかお母さんなのかはっきりとわからない曖昧な(どっちかといえばおばあさん寄り)柄、形を意識したそうです。確かにあの衣装だからこそ不気味さと異常な感じがより一層増していると思います。
      また、撮影された時代がかなり前なので、イメージ通りの素晴らしい映画を完成させるのにあらゆる工夫をしていた話も聞けてとても勉強になりました。メイキング見るの楽しいですよね笑
      >> 続きを読む

      2018/08/08 by Henryk

      「サイコ」のレビュー

    • 感想が長い時は、見にくいので見出しをつけることにしました。

      2018/08/08 by Henryk

    • どうでもいいけど、『サイレントヒル』の監督って『ジェヴォーダンの獣』と同じだったんですね...
      監督がサイレントヒルのファンだった...?
      え、絶対bloodborne好きでしょう!?(願望)
      監督、ぜひbloodborneも映画化してくださry
      >> 続きを読む

      2018/08/08 by Henryk

    ザ・クリミナル 合衆国の陰謀
    • ザ・クリミナル 合衆国の陰謀

    • 監督: ロッド・ルーリー
    • キャスト: ケイト・ベッキンセイル, マット・ディロン, アンジェラ・バセット, アラン・アルダ, ヴェラ・ファーミガ
    • 3.0

      プレイム事件のことは「フェア・ゲーム」を見て初めて知ったが、あれはリークされて窮地に陥る側。
      こちらはリークする側であり、秘密を頑なに押し込めようとして、国家とジャーナリストの矢面に立たされる。

      情報源を明かさないというのは理解できる。
      守秘義務は当然だし、ジャーナリズム精神を侵されていては仕事にならないのだから。
      一方国家はそれでは困る。国の秘密を個人にばらされてはどうしようもない。

      だから前半はその駆け引きが面白かったが、後半になってしゃべらないことへの意味が何だか空回りしている気がする。
      信念は結構だがそれを守る意義が薄れた時には、単なる意地しかこの女性に見て取ることは出来ない。

      ケイト・ベッキンセイルには荷が重すぎた感はある役柄であるが、その他の役者は悪くない。
      個人的には「フェア・ゲーム」でナオミ・ワッツが演じた役であるエリカを演じるヴェラ・ファーミガが印象に残る。
      >> 続きを読む

      2016/12/20 by オーウェン

      「ザ・クリミナル 合衆国の陰謀 」のレビュー

    • フェア・ゲームは知りませんでした。見てみます。

      2018/08/07 by TinkerBell

    ミッション:インポッシブル/フォールアウト
    • 4.0 ハラハラ クール

      映画館)2018年37本目の鑑賞(TOHOシネマズ上野にて)。50代後半のトム様が一生懸命アクションに挑む姿は感動もの。今回の撮影で腰を骨折したとの事だが、それを感じさせないアクションは凄いと思う。反面「もう少し仕事を選んだ方がいいのでは…。」とも同時に思った。そんなトム様の頑張りにより、密度の濃いアクション映画に仕上がっている。今回はイーサンの元妻もでていたりと、過去作とのつながりもあるので、事前にシリーズを見ていった方が話に入り込めるのではないかとも思う。感想はこんなところです。

      2018/08/07 by おにけん

      「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のレビュー

    • >>仕事を選んだほう

      選ぶもなにもオファーではなく本人がやりたいみたいなんでどうしようもないですよね(;´Д`A ``` >> 続きを読む

      2018/08/07 by motti

    • motti様>コメントありがとうございます。
      >選ぶもなにもオファーではなく本人がやりたいみたいなんでどうしようもないですよね
      トム様の場合はそうなんですよねえ。でも初めて挑戦する(この作品の場合はヘリコプターの操縦がそれになるんですが)ものでもなんとかものにしてしまう所は凄いかなと思います。
      >> 続きを読む

      2018/08/07 by おにけん

みんなのコメント - 最近投稿されたコメント | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト

会員登録(無料)

今月のおすすめ映画
読書ログはこちら
映画ログさんのラック

レビューのある映画