こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)


みんなのコメント

最近コメントされた映画レビューをご紹介しています。
気になる映画レビューにコメントを書いたり、「いいね!」をしてみましょう。
会員登録をして自分だけのマイラックを作ったり、映画レビューを書こう!
かんたん会員登録はこちら

みんなの映画レビューはこちら!

新しくコメントされた映画レビュー

    パッセンジャー
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      基本的なSF設定が杜撰だと気になる方は本作を通り過ぎる事をお薦めする.かなり雑.質量とか食料とか鶏とか.エネルギーにしてもそう.例えば冷凍睡眠装置がズラって並んでる部屋の電気が灯ったまま.モッタイナイでお馴染みのワンガリ・マータイが裸足で飛び出してくるレベル.これにピクピクってなる方は素通りよろしく.
      予告で観た通り不具合発生.目覚めちゃったよ,まだ90年あるどうしよう,な物語なんだけど実は予告通りではない.これはしょうがないよね,重大ネタバレ案件だし.゚(∀) ゚ エッ?ってなった.「You die! I die!!」なんて言ってる場合じゃなかろうに.
      SF設定は弱めなんだけどSFマインドにはキラリと光るものがあるので,単純に減点できないのがなんとも.例えば無重力プールは眼から鱗だったし,お掃除ロボは健気だったじゃないか.ただし(必要キャラとはいえ)バーテンダー狙いすぎ.
      でも子作りしなかったのは不思議だった.実はあの後孫世代が走り回るのを目撃するってオチがあっても面白かったと思うのよ.あたしゃ.
      >> 続きを読む

      2017/03/26 by 叡福寺清子

      「パッセンジャー」のレビュー

    • 今これ読むまで子作りの発想が全く無くてハッとしました。そういえばそうですね……w

      2017/03/28 by かがみくん

    キングコング 髑髏島の巨神
    • 2.0 ハラハラ

      何も考えずボーッと見るにはいいかも。
      クライマックスの戦いのシーンは、キングコングがプロレスしているみたいに見えてしらけてしまいました。
      昔のキングコングの方がストーリーは好みだったなぁ

      2017/03/25 by myon

      「キングコング 髑髏島の巨神」のレビュー

    • 迫力はやっぱり映画館ですが、私にはDVDでもよかったです。連れの好みでしぶしぶ観に行きました。 >> 続きを読む

      2017/03/25 by myon

    • 結局、映画館まで見に行ってしまいました。私は特撮物は好物なので楽しめましたが、付き合いで見に行くと一寸楽しめない内容かなとも思いました。
      >> 続きを読む

      2017/03/27 by されっく

    GONIN
    • 4.0 ハラハラ クール

      amazonプライムビデオで久しぶりに鑑賞したが、出演者が豪華!そして、皆若い!そして、全編を通じて、救いようのない暴力の嵐。結局みんな死んじゃうんだけど、少し男色も滲ませてある。

      そして、ビートたけしの殺伐とした演技がスゴい。バイク事故直後のため、眼帯をしたまま出演したそうだ。

      なお、あまり暴力描写が苦手な人にはお勧めしません。

      2017/03/21 by STALIN

      「GONIN」のレビュー

    • 確かにモッくん、美形でしたネ。

      2017/03/25 by STALIN

    • あと根津甚八さんとても渋く、カッコ良かったですね。合掌...。

      2017/03/25 by STALIN

    バラ色の選択
    • 3.0 笑える

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ニューヨークのマンハッタン。粋な恰好のマイケル・J・フォックスが、運転手付きの豪華な車のシートでふんぞり返っている。

      運転者に指示してテイファニー風の宝石店へ行き、宝石を買う。それからキリンの縫いぐるみなどを買った後、五番街近くの高級ホテルへ。

      それから、ロビーに入って行くと、ホテルの従業員が次々に挨拶する。「うむ」と偉そうにうなずいて、エレベーターで最上階へ。そして、隅の部屋をノックすると、見るからに人相の悪い男ダン・ヘダヤとその情婦が出て来て、「おう、世話を焼かせたな」とか何とか言ってチップをくれる。

      実は、マイケルは、このホテルの接客係であり、買い物のお使いに行っていただけなのだ。

      これは、この映画「バラ色の選択」のファースト・シーンなのだが、これがなかなかいい。よくある手だし、見え見えとも言えるけれど、アメリカ映画ではよくある定石的な手だが、実に好ましく感じられるのだ。

      この接客係のマイケルは、自分でもホテルを経営したいという夢を抱いていて、そのために"ある事"を企てるのだ----。

      大富豪のアンソニー・ヒギンズに愛人との情事の場として、ホテルの一室を提供し、その見返りに自分のホテル計画に出資をしてもらおうとするのだ。

      その企ては、うまく運ぶが、ヒギンズの情事の相手を知って、マイケルは愕然とする。彼が以前から密かに好きだった香水店の女店員のガブリエル・アンウォーだったのだ----。

      このお話の設定は、接客係の役を大企業のサラリーマンに、ホテルをアパートに変えれば、そのまま、ビリー・ワイルダー監督、ジャック・レモン、シャーリー・マクレーン主演の名作「アパートの鍵貸します」になる。

      "本歌取り"というよりは、"モロ取り"で、その臆面のなさはどうかと思うけれども、それでもこの映画はなかなか見どころがあると思う。

      それは、脚本が非常に工夫されているからで、主人公が「恋か金か」の二者択一へ追い込まれていく過程がよくわかるし、老ドアマンや田舎者の中年夫婦などの人物の出し方もうまい。

      それが実は伏線で、全て収まるべきところへ収まるあたりは、アメリカ映画の"都会喜劇"ならではの味がある。

      ひと昔前のノーマン・ジュイスンやブレーク・エドワーズが監督していたら、これはさくらんぼをのせたチョコレート・サンデーのような甘い映画になっていただろう。

      また、スタンリー・ドーネンやロバート・マリガンが監督していたら、もっと大人っぽく高級に、酔い心地のいいマンハッタン・カクテルと化していたかも知れない。

      だが、バリー・ソネンフェルド監督ではそうもいかず、まるで具のたくさん入ったカップ・ヌードルみたいな感じの映画になっていると思う。それは、味が悪いという意味ではなく、気分が出ないという意味だ。

      ファッション・ショーをはじめ、ニューヨークの華やかな光景をふんだんに採り入れているのに、なぜか気分が出ていないのだ。ただ、これは演出のせいばかりではないのかも知れない。

      当時の、実際のニューヨークが往時の華やかさを失い、黄昏の街と化していたから、とも考えられる。雰囲気がどことなく、わびしいのだ。
      >> 続きを読む

      2017/03/21 by dreamer

      「バラ色の選択」のレビュー

    • 何だかきれいな女性が立っているなあと思ったら、セント・オブ・ウーマンでのタンゴシーンが抜群だったガブリエル・アンウォー!! >> 続きを読む

      2017/03/21 by メッシイ

    • メッシイさん

      この映画でのガブリエル・アンウォーは、魅力的な瞳と愛くるしい演技がとても素敵な美人女優ですよね。 >> 続きを読む

      2017/03/22 by dreamer

    イレブン・ミニッツ [DVD]
    • イレブン・ミニッツ [DVD]

    • ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
    • 監督: イエジー・スコリモフスキ
    • キャスト: リチャード・ドーマー, ヴォイチェフ・メツファルドフスキ, パウリナ・ハプコ
    • 3.0

      感想川柳「斬新も ここまで来ると 理解不能」

      レンタル店でパッケージ借りでした。。φ(..)

      午後5時に始まり5時11分に終わるこの物語は、大都会に暮らすいわくありげで見ず知らずの人々に起こる11分間のドラマをモザイク状に構成した群像劇。起承転結のあるストーリー、詳細な心理描写、背景説明などを一切排し、使い古されたサスペンスという定番ジャンルの様式を、掟破りでラディカルなチャレンジ精神で突破した作品…だそうです(;・∀・)

      クライマックスまできて「え?これで終わり?」( ̄□ ̄;)!!と思ったのは自分だけでしょうか?

      こういうそれぞれの人間のバラバラな出来事が、ある場所に集まる話ではスティーラーズの方が面白い。m(。_。)m

      自分的には意図がイマイチ掴めないし、要領を得なかった(ー_ー;)まぁ意識して色々排除し、掟やぶりなことをやろうとしたんだからしょうがないか。
      >> 続きを読む

      2017/03/21 by Jinyuuto

      「イレブン・ミニッツ [DVD]」のレビュー

    • >>クライマックスまできて「え?これで終わり?」( ̄□ ̄;)!!と思ったのは自分だけでしょうか?

      全く同感です…
      >> 続きを読む

      2017/03/21 by モリモリ

    ルドルフとイッパイアッテナ
    • 5.0 泣ける 笑える ハラハラ 元気が出る

      劇場に行きたいと子供にせがまれていましたが、
      時間の都合がつかずDVD鑑賞。
      家で、まったりとリピートしながら見るのに最適かな?
      大きな画面で見たら、猫たちがもっと生き生き見られたかな?
      内容は、子供達の心にぐっと。ずっと残る作品でしょ!
      社会のこと。心のこと。色々、色々考えさせられました。
      また時間を置いて、見たいなw って、思うんじゃないかな♪ >> 続きを読む

      2017/03/20 by hana

      「ルドルフとイッパイアッテナ」のレビュー

    • 子供が小学校低学年の時に一緒に見たかったなと思いました。子供時代に見た映画は理屈でなく感性で受け止めることが出来るでしょう。
      社会人になった息子にルドルフとイッパイアッテナの話しをしたら、昔NHKでやっていたんですってね。
      >> 続きを読む

      2017/03/20 by myon

    • myonさん♪
      小学4年、中学生、高校生と一緒に見ましたが…
      それぞれに受け止める場所が違ったんじゃないでしょうか?
      大人が十分に楽しめる作品でした。息子さんも絶対に楽しめますよ!
      NHKのいっぱいあってな。覚えていますよ♪
      そんなに前の話じゃなかったかと思いますが… 素敵なお話で大好きです。
      >> 続きを読む

      2017/03/20 by hana

    ひるね姫 知らないワタシの物語
    • 3.0 笑える ハラハラ

       神山健治監督の作品はみんな好き。本作もPV等を見て、興味深々。そういう方は、余計なものを読まずに、即劇場へGO!

       しかし、迷っている皆さんは、世評をよく検討すべきかも知れませんね。正直、過大な期待は禁物。

       お話は、端的に言えば、貴種流離譚。流浪の王子さま、王女さまのお話ですよね。でもって、ある種の冒険活劇でもあると思います。冒険ファンタジーって感じですか。「うつしよ」と「かくりよ」ではありませんが、現世と重なるように存在する異世界があって…というような世界観。主人公は、あっち行ったり、こっち行ったりするのですが、果たして…。

       監督の過去の作品を知っていると、ニヤリとできる部分が少々。それと、『ベイマックス』や『パシフィック・リム』といった、日本ポップカルチャーへのリスペクトが込められた海外作品や、そのクリエイターさんたちへのオマージュやメッセージか?という部分も。

       ただ、たまたま同じ日に本作を見ていた、映画通の知人は、本作に飽きれていまして…。要は、SFにしろ、ファンタジーにしろ、詰めが甘いというか、隅々まで辻褄を合わせることがイマイチ出来ていないような…。言われてみれば、結果そうなっている部分が多々…。正直言って、ほめられた作品ではないですね。既に40か国での公開が決まっているそうですが、どうなんでしょ??

       エンディングで流れる♪Daydream Believer(元はモンキーズの曲)。タイマーズによる日本語歌詞、あまり好きではなかったのですが、本作のテーマ曲としては、受け入れられた気がします。本作を見ての収穫は、それくらいでしょうか。
      >> 続きを読む

      2017/03/19 by ぴぐじい

      「ひるね姫 知らないワタシの物語」のレビュー

    • 本作をボロカスに言っていた知人が見つけて来てくれたレビュー。ネタバレしているので、未見の方は御注意を!しかし、これを読むと、私ら、この作品のことが、いまいちわかっていなかったんじゃ、と思えて来ます。いや、実際、理解不足なんだと思います。本作のお話がどうなっているのか?あくまでひとつの解釈なのでしょうが、とても参考になる、よきレビューだと思います。
      http://eiga.com/movie/84763/review/01506426/
      >> 続きを読む

      2017/03/20 by ぴぐじい

    アサシン クリード
    • 2.0

      ゲームの映画化というけど、プレーしたことがないのでどれだけ忠実とかは分からない。
      ただ「バイオハザード」とか「トゥーム・レイダー」など、ゲームの映画化は微妙な出来が多い。

      死刑囚が現在と過去を行き来し、埋もれた歴史の真実を探り当てる。
      その過程で組織との戦いに身を投じることになる。

      金が掛かっていることは分かるし、マイケル・ファスベンダーの佇まいはクールそのもの。
      でも興奮には程遠く、終始冷静に見ていた感じ。

      現代と過去のかかわりは相当に薄いし、大作の割にCGはショボめという出来。
      物語有りきではなく、アクションを中心に構成しているから歪な気がしてしょうがない。

      あと一番言いたのがエンドロール。
      多分15分ぐらいあって異様に長い。そのくせおまけ映像みたいなのもなし。
      このエンドロールが最大の元凶なんじゃないか(笑)
      >> 続きを読む

      2017/03/17 by オーウェン

      「アサシン クリード」のレビュー

    • エンドロール同意です。なんだろ、なんであんなに長かったんだろ…(笑

      2017/03/19 by かがみくん

    ズートピア
    • 5.0 元気が出る

      動物たちが人間のように暮らす世界ズートピアで
      警察になるという夢を叶えたうさぎの女の子ジュディが
      偏見や警察内部からの冷遇に耐えながら
      巨大な陰謀に立ち向かうストーリー

      子供向けだと思いつつwowowで結構押していたので期待せずに観てみたら
      ・・・びっくりするほど深い!!
      というか子供向けどころか大人でも答えを出すのが難しい社会問題を動物たちに置き換えて
      見事に物語として成立させている

      今まさにタイムリーな移民などの労働者に対する偏見、黒人、黄色人に対する人種差別など
      アメリカに未だに根深く残るそれらの問題を
      肉食動物と草食動物や小さく弱い動物、大きく強い動物に置き換えて
      動物たちの間に投射して解決の糸口を主人公に探させている

      こういう風に書くと小難しそうだけど
      そこは安定のディズニーピクサー映画。
      エンターテイメント性もバッチリ備えていて
      ハラハラさせられたり、笑ったり、感動したりも出来て
      子供でも十分楽しめる

      親と子で別の視点から楽しむことが出来る面白い映画だった
      >> 続きを読む

      2017/03/18 by くじら

      「ズートピア」のレビュー

    • 家族で観ました。全部くじらさまのレビューに共感です。

      2017/03/19 by いわさかり

    • いわさかりさま

      >家族で観ました。全部くじらさまのレビューに共感です。
      ありがとうございます^^
      ディズニー映画は家族で観ると何倍にも楽しめていいですよね♪
      >> 続きを読む

      2017/03/19 by くじら

    ザ・コンサルタント
    • 4.0 切ない ハラハラ クール

      ベンアフ兄貴、クールっす!てかゴツイし、強いし、数字に強いし。兄弟、父と息子たちの関係はなんとも難しいというか、切ないというか。自閉症に対して、劣っているんじゃなくて、違うだけだと。そして他人は違うものを恐れ、攻撃する。接し方次第でいくらでも違うものが生まれることを再認識させられる。普通ってなに?みたいな。ちょうど話題のトランプさんも過激と捉えられてますけど、これまでと違う主張をしているから、イコール悪ではなく、ちゃんと主張している本質をみないとね。

      話はそれましたが、とにかくスリリングで面白かった‼︎‼︎これはおすすめ‼︎恋に落ちるのではなく、素敵なプレゼントで終わる所もナイスでしたよー(*^^*) >> 続きを読む

      2017/02/01 by メッシイ

      「ザ・コンサルタント」のレビュー

    • 愛情表現がままならない彼ならではの素敵なプレゼントでしたね。

      2017/03/12 by myon

    • そうなんですよ、あのプレゼントはうまい‼︎

      2017/03/15 by メッシイ

みんなのコメント - 最近投稿されたコメント | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト

会員登録(無料)

読書ログはこちら
映画ログさんのラック

レビューのある映画