こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)


みんなのコメント

最近コメントされた映画レビューをご紹介しています。
気になる映画レビューにコメントを書いたり、「いいね!」をしてみましょう。
会員登録をして自分だけのマイラックを作ったり、映画レビューを書こう!
かんたん会員登録はこちら

みんなの映画レビューはこちら!

新しくコメントされた映画レビュー

    TARI TARI 1巻~6巻 全6巻セット(完全数量限定)[Blu-ray]
    • 2.0

      true tears、花咲くいろはに続くP.A.WORKSオリジナルストーリー第三弾。

      合唱時々バドミントン部の青春群像劇。

      2021/01/12 by ヒデト

      「TARI TARI 1巻~6巻 全6巻セット(完全数量限定)[Blu-ray]」のレビュー

    • 花江さん、P.A.とも縁がありますね。結構。

      2021/01/15 by ぴぐじい

    • そういう事ですか・・・

      2021/01/15 by ヒデト

    うさぎドロップ 全4巻セット [マーケットプレイス DVDセット]  
    • 4.0

      祖父の訃報で訪れた祖父の家で、30歳の独身男、河地大吉は、祖父の隠し子、鹿賀りんに出会いその境遇から親戚から変な目で見られる彼女を勢いで引き取る事にする。
      今まで自分一人だけで生活していた大吉にとっていきなりの子供との生活は前途多難の連続となる。

      もうりんが可愛すぎて悶え死ぬ・・・w

      原作では高校生になったりんと大吉の生活が描かれている。
      そして・・・ >> 続きを読む

      2021/01/12 by ヒデト

      「うさぎドロップ 全4巻セット [マーケットプレイス DVDセット]  」のレビュー

    • あの花の秩父は、あっしも行きましたぜ!地元の方が作られた地図をいただいて、暑い日だったので、お礼にペットボトルの飲料水代として、五百円玉一枚置いて来た記憶があります。
      花いろの石川県もいつか聖地巡礼したいです。
      熊本県人吉市(夏目友人帳の聖地)行ったことあります。
      >> 続きを読む

      2021/01/15 by ぴぐじい

    • かっけー!!
      夏目も行きたい!
      あの静かな感じを体験したいです。。

      2021/01/15 by ヒデト

    荒川アンダー ザ ブリッジ Blu-ray 全5巻 全巻セット
    • 3.0

      市ノ宮行はトップ企業の御曹司。
      彼は幼少期から他人に借りを作るべからずと教え込まれ、誰かに物を拾って貰う事すらなく、完璧に生きてきた。
      そんな彼ある時川で溺れかけ、命を救われてしまう。
      命の恩人となったニノ、彼女は自分を金星人だと言う。
      命の恩人と言う最大の貸しを作ったニノに何でもすると言うリクだが、彼女はよりにもよって私に恋をさせてくれないか?との事から彼氏となり生活を共に始める・・・

      しかし自称金星人のニノの住んでいる河川敷、そこには河童、星、シスターの様なブラザー等、訳の分からない人間?しか存在していないw

      此処迄ぶっ飛んだコメディアニメは久し振りで、理解すると言う考えを完全に放棄出来る作品でした。
      >> 続きを読む

      2021/01/12 by ヒデト

      「荒川アンダー ザ ブリッジ Blu-ray 全5巻 全巻セット」のレビュー

    • 神谷浩史さん、坂本真綾さん、故・藤原啓治さん、子安武人さん、沢城みゆきさん、杉田智和さん、斎藤千和さん etc. とても豪華だと思います。 >> 続きを読む

      2021/01/15 by ぴぐじい

    • レジェンドクラスばかりですねΣ(・□・;)

      2021/01/15 by ヒデト

    ホーム・アローン
    • 4.0

      クリスマスは皆どう過ごす?
      好きな人とパーティー?パリへ旅行?空き巣?それとも強盗退治?

      強盗側が可哀想になってしまう位ボコボコのズタズタにやっつける、8歳のケビンとマジで不死身かと思わせる強盗ハリーとマーヴ兄妹コンビ。

      どんな時でも此れを見れば爆笑間違え無し。

      2021/01/10 by ヒデト

      「ホーム・アローン」のレビュー

    • カルキンさんが、この映画の顔ですもんね。

      2021/01/14 by ぴぐじい

    • あんな事が無ければ・・・

      2021/01/15 by ヒデト

    亜人ちゃんは語りたい 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
    • 2.0

      厨二全開ですが、自分達の社会に漫画や伝承に出て来る怪物、妖怪が隠れて人間社会に溶け込んでいるかもしれない・・・

      そんな亜人と語ってみたい、話してみたい!
      と言うのは今でも思うw

      でも何で亜人をデミなんだ・・・?

      2021/01/12 by ヒデト

      「亜人ちゃんは語りたい 1(完全生産限定版) [Blu-ray]」のレビュー

    • ウィキには、英語の「demi-human」が語源とあります。別ルートでも、そう聞いた記憶があります。SF用語か何かでしょうか。作中では、若者たちの間で、そう呼ばれているという設定のようです。 >> 続きを読む

      2021/01/14 by ぴぐじい

    • 英語なんだ・・・
      わざわざ有難う御座います!勉強になりました。

      2021/01/15 by ヒデト

    RDG レッドデータガール (RED DATA GIRL: COMP SERIES)
    • 1.0

      国際自然保護連合(IUCN)の規定したレッドリストとは、絶滅のおそれのある野生生物のリストの事である。

      2021/01/12 by ヒデト

      「RDG レッドデータガール (RED DATA GIRL: COMP SERIES)」のレビュー

    • 私にもがっかりぴょんな作品でした。ファンの人、作った人、ごめんなさい。

      2021/01/13 by ぴぐじい

    • そうなんですよね・・・
      私も個人的にはハマれず・・・

      2021/01/14 by ヒデト

    サクラクエスト Vol.1(初回生産限定版) [Blu-ray]
    • 3.0

      花咲くいろは、SHIROBAKOに続き、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾。

      地方に対する考え方とか問題点とか正解かは分からないけど、本作で出してた解決法、アイデアは勉強になる部分も多かったです。

      2021/01/12 by ヒデト

      「サクラクエスト Vol.1(初回生産限定版) [Blu-ray]」のレビュー

    • お気に入り作品の一つです。主人公の名前を覚えるまで、知人の一人は「ピンクのみゃーもり」とお呼びしていました。 >> 続きを読む

      2021/01/13 by ぴぐじい

    • 完璧な覚え方です!
      一部の隙も無いw

      2021/01/14 by ヒデト

    虚構推理 第1巻(Blu-ray)
    • 3.0

      最近の推理物は凄い。
      純粋な人間同士の推理だけでなく、異能、妖怪、化物、魔術、魔法等を複合させ、その中で謎を解いていくスタンスだ。

      そもそも上記に挙げたものが、謎なんだけどとツッコミを入れたい所でもあるが(笑)

      今作は一眼一足の妖怪の長になった少女と人魚とくだんの肉を食べ、不老不死且つ予言の力を持った青年が様々な謎に挑んでいく。

      神様を造ると言う発想は中々にそそられる(^^♪

      城平先生は相変わらず面白い作品を出してくれてワクワクします!
      >> 続きを読む

      2021/01/10 by ヒデト

      「虚構推理 第1巻(Blu-ray)」のレビュー

    • 原作小説未読ですが、コミカライズには好印象。アニメは、私にはまだ早かった。でも、キャラデザとか好きです。 >> 続きを読む

      2021/01/13 by ぴぐじい

    • 城平先生は独特な推理小説書きますもんね。
      漫画以降の場合のバディは水野先生が個人的には最適だと思います! >> 続きを読む

      2021/01/14 by ヒデト

    スター・トレック
    • 3.0

      タランティーノの最後の監督作品はこれのリブート、とも噂されるSFシリーズ。子どもの頃テレビで放送していたように思うが、サンダーバードにしかり、萌えるよりは萎えるで、要するに人間ドラマを理解する年齢ではなかった、それよか、ガンダムが見栄を切るシーンのほうが断然魅力的だった。

      それがこうして遅ればせに劇場版を観てみると、アメリカの新帝国主義とも呼びたいような正義のありようの血腥さが漂っていて、そういうものに真面目に嫌悪したのも遠い青春時代、いまや一周回って瞠目しちゃうんだから、人間の感じ方なんてアテになるもんじゃない。いや、それとも小生に限った話か(笑)。

      TENETの直後の鑑賞ということもあって、タイムスリップと聞いてちょっと身構えるわけだが、まぁこちらも理屈はさておき、フィクションと割り切ってどんどん話を進めていく。未来でスーパーノヴァに巻き込まれて故郷の星を失った連中が、星を守ると言って果たせなかったスポックを逆恨み、とまれ自分らも超新星爆発に巻き込まれて過去にタイムスリップしたはいいが、その過去において若かりしスポックを捕まえ、彼の故郷であるバルカン星をその目の前で破壊して腹いせするとは、人間の怒りの持続についての一般的なあり方からして、常軌を逸している。若かりしスポックにしてみれば、なんで…ってなるのは当然で、これで溜飲下がるんかいな。でも、彼らは異星人ですからね、地球人の常識外、となれば、このシリーズ、恐ろしいまでのカオスになる可能性も秘めているわけで、『スタートレック』の描く世界観のポテンシャルの高さに今更ながら驚かされるのでした。

      みんなが英語を話していること自体が、物語の幅が極端に矮小化されていることの証左。地球人とは肉体の構造はおろか精神のそれまで規矩を違える連中を束ねるなんて、どだい無理なわけです。そうなったら、選択肢は殺戮一本になっちゃうんでしょうかね。タランティーノ版は果たしてどうなることやら。まぁ、人は老いて丸くなるともいいますから、案外まろやかな作品になったりして。

      カーク船長ですか。二代目カークのジムですね。血気盛んの描き方、ちょっとやり過ぎなんではないかと。破天荒であることは前提で良いが、どんなに有能でも上官に楯突く荒くれ者とあっては、軍のような組織ではいくらなんでも立ち行かないだろう。欠点は数多あれ人心掌握に長けているという見せ方なんていくらでもあるわけで、まずはユーモアがあること、慈悲深いこと、思慮深いこと、率先垂範であること…こういった要素を悉く欠く(カーク)から、なんか、粗暴者をこのまま放っておいたら面倒だから、とりあえずキャプテンの席に座らせておくか、みたいな諦念に似たものを観客も少なからず味わうことになるんです。

      しかし子どもの頃、エンタープライズ号のフォルムもまた萌えるより萎えるだったのが、奇しくも劇中で誰かが言ったように、レディー◯◯と呼びたくなるような、なんとも言えぬ優美さがあって、いいものですね。今となっては、ホワイトベースなんて鈍臭くて見てられないです、はい。
      >> 続きを読む

      2021/01/14 by Foufou

      「スター・トレック」のレビュー

    • 試験中はリンゴを食べるのをやめなさい! と誰か言わんかいな…。

      ああ、でもスタンフォード大学のとあるゼミの様子を撮影したドキュメンタリーでは、班ごとに分けて島になった机の真ん中にチューブ状のグミだかキャンディーだがかガラスの容器の中に入れられていて、講師が講義する最中にも学生が手を伸ばしてチュパチュパやるんだから、お国柄というやつなのか…。 >> 続きを読む

      2021/01/14 by Foufou

    糸 Blu-ray 豪華版(特典なし)
    • 5.0 泣ける 切ない

      映画公開時に見に行きました。Blu-rayにレビューするのはおかしいのかな?

      とても良い映画でしたので、レビューさせてもらいます。
      あらすじを少しだけ。
      子供時代に家庭内暴力にあっていた少女を助け出そうとした少年。
      小さいときにはお互い力がなく、離れ離れになってしまい、それをずっと心に傷(思い出?)として持っていた少年と都会で美しくなった少女とが再開し、また、すれ違い、また、再開し、またすれ違う、を描いた作品。


      小松菜々さんの演技がとても良かったと思います。彼女のその時その時の心情を表に出さないようにしているけれども、漏れ出てしまう感情にうるっと(いえ、ドバっと)きました。
      カツ丼を食べるシーンは本当に良かったです。

      彼女のファンというわけではないですが、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の演技も素晴らしかったですね。

      ただ、美瑛と函館はそんなに近くない、ということだけ言っておきたい!
      >> 続きを読む

      2021/01/10 by HamaKoh

      「糸 Blu-ray 豪華版(特典なし)」のレビュー

    • 元ネタの楽曲「糸」が大好きなので、この作品も観たいと思っています。

      ただ、はじめて聞いたのは、オリジナルの中島みゆきさんではなく、BankBand名義の桜井さん版でした。 >> 続きを読む

      2021/01/11 by ice

    • iceさん、コメントありがとうございます。嬉しいです。
      奇遇ながら私もYoutube桜井さん版でしたw >> 続きを読む

      2021/01/11 by HamaKoh

みんなのコメント - 最近投稿されたコメント | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト

会員登録(無料)

今月のおすすめ映画
読書ログはこちら
映画ログさんのラック