こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)


インド映画特集

インド国旗

-多様性に育まれたインド文化の魅力-

6月のおすすめ映画『きっと、うまくいく』は如何だったでしょうか? 映画ログ会員からは「おススメされなくても、もう見たよ!」といった声が聞こえてきそうですが、 そんな皆さんに向けて更に魅力的なインド映画の世界を特集してみました。

今回は『ムトゥ 踊るマハラジャ』『きっと、うまくいく』『女神は二度微笑む』『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』など 代表的なインド映画の日本語版字幕翻訳を担当したインド映画研究の第一人者である松岡環さんにお話をお伺いしました。

松岡さん
【写真:インド映画をこよなく愛する松岡さん】

伏線をどう回収する?

インド映画の作品には伏線が張られることが多い一方で、昔はその伏線が回収されない終わり方をする作品が多くありました。 『きっと、うまくいく』は対照的で、伏線がどれも見事に回収されます。 もちろん、アート系作品では伏線を回収せずラストに余韻を残す、味のある終わり方をするものもあります。 最近の作品では『めぐり逢わせのお弁当(2013年)』などがそうです。

ソング&ダンス

一度でもインド映画を観た方なら、ソング&ダンスシーンがふんだんに挿入されている特殊性を見逃す人はいないと思います。

インドでは1912年に映画製作が開始された当初、伝統演劇から物語の素材や人材を得ていたため、 映画の世界に伝統演劇のスタイルをも完全に取り込むこととなりました。 以後100年以上の間、歌と踊りが入るスタイルが一貫して変わらず、インド映画を特徴づけるファクターとなっています。

インドの女優さんは当然古典舞踊を身に付けていますし、 最近では振付師の要求に応えてキレのいい激しいダンスシーンもみせてくれます。 また、雨の降る中で踊るシーンがよくみられますが、これは濡れたサリーがボディラインをはっきりと映すことでエロティシズムを表現しているのです。 様々なアングルと多くのカット割りで撮影し、それを編集者が音楽に合わせて見事につなぎ合わせている点には、編集者の能力の高さを感じます。

また、1作品あたりの上映時間が長く2時間40分~50分が当たり前でしたが、 今では2時間少々の作品も増えてきました。ショッピングモールのテナントとしてシネコン運営が盛んとなっている昨今では、 フレキシブルな上映時間を利用して、昼間は一般ウケが難しい芸術映画を上映し、ハイソな観客層を取り込んだりもしています。

評判を裏切らないインド映画

インドでは面白い作品は口コミであっという間に評判が広がります。経済的に豊かではない観客にとって、 少ない収入の中から料金を払って惜しくない映画かどうか、慎重に判断が下されるので、評判の良いインド映画にはハズレがないのです。

インドで放送されている日本のアニメ

衛生テレビのチャンネル100以上あるインド。 日本のアニメ「クレヨンしんちゃん」「忍者ハットリくん」、 映画では「ど根性ガエル」が放映(2008年)されたりと、インドでも人気があります。

番組表
【写真:衛星放送が充実しているインドでも映画やアニメは人気のコンテンツ】

多様性が育むインド文化

インドの映画館では、映画開始の前に国歌演奏フィルムが上映され、観客は起立します。 全国で始まったのはモーディー政権になってからで、国としての統一性を重視するインド独特の価値観の表れといえるでしょう。

そして、映画産業も言語ごと=地域ごとに分かれています。 西インドのムンバイ、東インドのコルカタ、南インドの州都ハイデラーバード、チェンナイ、トリヴァンドラム(ティルヴァナンタプラム)、 バンガロール(ベンガルール)には撮影所がいくつもあります。

この中でもムンバイとチェンナイは、インド映画製作の中心地と言われています。 特に、旧名をボンベイというムンバイは、インドのハリウッドであることから地名をもじって「ボリウッド」と呼ばれています。

言語は、ヒンディー語やタミル語、テルグ語などで、中でもヒンディー語映画はインド全国で人気を保っています。 『きっと、うまくいく』の主演アーミル・カーンさんはこのヒンディー語映画のスターです。

松岡さんがオススメするインド映画3選

きっと、うまくいく

公開: 2013年5月18日
監督: ラージクマール・ヒラニ
キャスト: アーミル・カーン,カリーナ・カプール,R.マーダヴァン,シャルマン・ジョーシー

女神は二度微笑む

公開:2015年2月21日
監督:スジョイ・ゴーシュ
キャスト: ヴィディヤー・バラン,パラムブラト・チャテルジー,ナワーズッディーン・シッディーキー

裁き

公開:2017年7月8日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー
監督:チャイタニヤ・タームハネー
キャスト: ビーラー・サーティダル,ビベーク・ゴーンバル,ギーターンジャリ・クルカルニー,プラディープ・ジョーシー,ウシャー・バーネー

他、話題に上がった映画

Dangal(レスリング)

公開:日本公開未定
中国で空前の大ヒットを記録しているスポ根映画。いつの日か日本での上映があるかもしれません。

バーフバリ 伝説誕生

公開:2017年4月8日
DVD&Blu-ray発売:2017年7月5日(発売・販売:ツイン)
監督: S・S・ラージャマウリ
キャスト: プラバース , ラーナー・ダッグバーティ , アヌシュカ・シェッティ , タマンナー , ラムヤ・クリシュナ
cARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

インド映画とインドを知るための推薦図書2選

インド映画完全ガイド・マサラムービーから新感覚インド映画へ

現代インドを知るための60章

※松岡環さん
1949年兵庫県生まれ。麗澤大学、国士舘大学非常勤講師。 大阪外国語大学(現大阪大学)でヒンディ-語を学ぶ。 日本で初めてインド映画祭を企画・発足させるなど、インド映画を日本で紹介する第一人者。 2017年6月21日インタビューより。

シュリカンド
画像:
松岡さん手作りのシュリカンド
(ヨーグルトの水分を抜いて砂糖とサフランを加え、ピスタチオをトッピング)とチャイが絶品

インド料理を食す! 神楽坂「想いの木」

想いの木 (【旧店名:Indian Restaurant CaliCari】)
東京都新宿区神楽坂5-22 大江戸線「牛込神楽坂」3分又はJR「飯田橋駅」から徒歩5分程度

神楽坂の「想いの木」オーナーの鬼丸さんにインドカリーの魅力を伺いました。

もともとナンが好きだった鬼丸さんは、自然にカリーの世界に触れて、その後インド人の友人からの勧めでカリーの勉強のため渡印します。 文化・社会・経済・習慣などに大きなギャップがあったインドを体感して、日本人にあった本格的なインド料理を創り出しました。

お店は「和」のテイストが落ち着いた雰囲気を醸し出していて、まさに日本に居ながらにしてインドを味わえる空間となっています。 とても丁寧な接客には、鬼丸さんの人柄を感じます。

想いの木

早速、頂いた料理を順番にご紹介します。

○サモサ:インド風ポテトコロッケ(コリアンダーソースとトマトソース)

外側はパリッ!ポテトはとっても甘いです。また、ソースは個性があるので、ポテトと合わせるとだいぶ味わいが変わって楽しめます。

○タンドーリチキン:若鶏をスパイスとヨーグルトに漬け込み備長炭で焼き上げた料理

味が均等に染みわたっていてお肉の柔らかさとともに高級感を感じます。ビールと合せたら心はオフタイムへ。

一品料理

○ダールタルカカリー:オニオンベースにお豆が加えられたカリー

野菜のおいしさを引き出す香辛料なんでしょうか。深みにはまってもう抜け出せません。

○アルゴビカリー:ジャガイモ・カリフラワー・トマトが入ったドライカリー

とても香ばしいカリフラワーにカレーが絡みついて絶妙な仕上がり!ドライさがぴったり。美味しくて思考が止まります

○続・大地の恵みカリー:旬の野菜(水ナス・ズッキーニ・新じゃが)が入ったカリー

香辛料とまろやかさにとろけてしまいそう。きっとここで心はインドに旅立ってます。

○ナン:プレーン(麦)、ゴマ、チーズ入りなど種類が豊富

そのまま食べてもパンのように美味しくて感動。他では食べたことないです、降参です。

カレーとナン

○ビリヤニ:インドの宮廷料理。香辛料の風味が豊かな炊き込みご飯

インド版パエリヤ風。お米はバスマティかな?ヨーグルトをかけるとまろやかさと酸味でまた美味しい。美味しい攻撃がとまりません。

ビリヤニ

○シェフの野菜グリル:野菜を辛さ控えめのソースに漬け込んで備長炭で焼き上げた料理

野菜がおーいっしい!!野菜さん、こんなにおいしくてありがとう、参りました。 こだわりの備長炭さんが、裏方でいいお仕事をしてくれた結果です、美味しくてダウンします。

野菜のグリル

ここで、鬼丸さんからカリーの特徴をお聞きしました。

その1は、カリーは「クミン」、「コリアンダー」、「唐辛子」、「ターメリック(ウコン)」、「カルダモン」が5大要素、ということ。

その2は、「塩」と「辛さ」は比例していて、辛ければ辛くなるほど塩も増やさないと味のバランスがとれない、ということ。

そしてその3は、カレーは特別な調理器具がなくても、フライパンがあれば誰でも作れる料理である、ということ。

インドでは、カレーはシンプルさがポイントの料理で、様々な種類の香辛料を沢山混ぜて作るものではないそうです。 出来上がった時が一番おいしいとされていて、寝かして味を引き出すことはない料理だそうです。 このあたり、日本のカレーとは大きく違いますね。

優しい雰囲気がにじみ出ている鬼丸さん、 好きな映画は「レオン」だそうです。

レオン

美味しい料理、また食べさせてください!!


取材協力
インド映画祭実行委員会事務局長 松岡環様(2017/6/21)
インド料理「想いの木」鬼丸一博様(2017/6/14)

インド映画特集 -多様性に育まれたインド文化の魅力- | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト

会員登録(無料)

今月のおすすめ映画
読書ログはこちら
映画ログさんのラック

レビューのある映画